2017/4/24  5:44

痺れるクラシコ  スポーツ

目覚ましを3:30にかけ、レアル・マドリードvsバルセロナをWOWOWで観る。
ネイマールの警告欠場でいつもの3トップを作れないバルサであったがメッシはやはり凄い。
レアルは先制するも故障明けのベイルを前半途中で故障交代を余儀なくされ駒落ちに。
さらに前半の内にメッシに同点弾を叩き込まれ、後半の出足は押し気味に進めながらも
逆転ゴールを許す。そして守りの要セルヒオ・ラモスを1発レッドで欠き10人と劣勢を深めた。
クラシコで1発レッドは厳しい判定だったのでは。外しまくりのロナウドは蚊帳の外だが、
左を支配していたマルセロからのクロスを交代したハメス・ロドリゲスが同点弾を叩き込む。
時間も考えれば引き分けかと思ったが、アディショナル・タイムにカウンターからの
メッシの決勝ゴールが生まれた。この男は本当に枠内にシュートを撃つのが上手い。
ドリブルが持ち味だとは思うが、ゴール前への入り方が非凡である。
バルサの勝利でリーガのペナント争いも分からなくなってしまった。しかし好ゲームでした。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ