2017/4/28  14:21

「スー女のみかた」読了  音楽

音楽ライターの和田静香が相撲好き女子(スー女)目線で書いた「スー女のみかた」を読了。
この人のブログをたまに覗くのだが、やたら「死にたい..」と悲壮な声を上げている鬱な人。
湯川れい子の弟子として、かってはミュージック・マガジン等に洋楽の記事を書いていたが、
最近は音楽系の仕事は少ない。それでも「評伝 湯川れい子」や「東京ロック・バー物語」と
読ませる著作を何点か残してきている。しかし、以前に出したコンビニのバイト実録本や
この本のような音楽以外の著作がそれ以上に楽しく読ませてくれる。
この本は好きな相撲の事だからか鬱な感じは微塵もなく、楽しい雰囲気が行間から滲み出る。
自身で書いた味のあるイラストや小見出しの文字も千寿札にあるような字体でとても良い。
相撲トリビア的なものも取材を重ね、素人にも分かり易く書いている。
常にファン目線で相撲愛に溢れた一冊。何度も読んでいてホロリとさせられた。
益々五月場所が楽しみになったし、又国技館にも行きたくなりました。死ぬなよ!和田(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ