2017/10/30  1:09

台風が去り、母が逝く....  

21時過ぎに病院より電話。「様態が急変して心肺停止になった」との事。
すぐに着替えて姉に連絡してからタクシーで病院へ向かう。
病室ではバア様が穏やかな顔をして横になっていた。
医師の検死が21:57にあり逝去。10/29、享年86歳で生涯の幕を閉じた。
病院に運んでから6日目、痛い時期が短くて良かった。ちゃんと守ってやれたのかな俺?
姉と葬儀屋に連絡を取り、遺体を安置所へ預け死亡診断書を受け取って帰宅。
これから少し忙しくなるので、暫く消えます。なるべく早く復活しますので。
0

2017/10/29  13:22

まずは復習をば  映画

先週の金曜に「ブレードランナー2049」が封切になっている。
1日のサービスデーも近いので、11/1に観に行くつもりでおります。
そんな事で本日、前作の「ブレードランナー」のファイナル・カット版を観て復習した。
内容的には関連性を持たし、続編の様な作りをしているらしいので復習は必須だ。
しかし、ハリソン・フォードは「スターウォーズ」に続き需要が高まってるね。
前作はダークなトーンで終始しているが、シュールでよい映画だと思ってます。
さて新作はどんなトーンで攻めてくれるのだろう。なんとも楽しみな1本です。
0

2017/10/29  7:20

今朝の朝日新聞朝刊に  ニュース

「仕事力」という求人欄の記事に丸山京子さんのコラムが掲載されている。
翻訳家・通訳で作詞なども手掛ける方で、音楽評論家の天辰保文さんの奥さんでもある。
夫婦揃って優しいお方たちで、お会いするとこちらも心が温まる。
京子さん自身も音楽大好き人間なので、彼女が通訳したミュージシャンのインタビュー記事は
的を得た解釈で信頼できる。朝日の記事は4回連載の初回であり、次からも楽しみです。
今度どちらかで会う事があったなら、冷やかしてあげるとしましょう(笑)。
0

2017/10/29  7:07

雨の日曜  

太平洋岸を台風が通過するようで、昨夕から用心して洗濯物の竿をおろし雨戸を閉めている。
先週も台風が来たが、その時はまだ家にバア様はいた事を思い起こす。
昨日も叔父(バア様の弟)とお見舞いに行ったが、薬が効いているのか眠たげだった。
相変わらず食事は殆ど取れていないようで心配はしている。断食止めてくれるといいのだが。
看護師が「家のお粥を食べたがっていたので持ってきては」と言われたので、
今日は天候不順でお見舞いを休ませてもらうが、明日にでも作って持っていくつもりだ。
家にいた時は「もっと柔らかくなるまで」と文句を言っていたのに(笑)。
人の顔を見れば体の向きを変えてくれとムリを言う。まあ、少しでも安心薬になれば良しか。
0

2017/10/27  19:46

このデュオ染みる......  音楽

大好きなPaul Carrack、結構英国のみでシングル切ってます。
有難い「The Singles Collection 2000-20017」では、アルバムで聴けないものもあり
嬉しい2枚組35曲。
"Love Will Keep Us Alive"は2曲収められているが、1曲はEaglesバージョンで
リードを取ったTimothy B Schmitとのデュオ。これがたまらなくハートに染みるのです。



0

2017/10/26  19:08

清宮は日本ハムに選択権が  スポーツ

ドラフトの目玉である早実の清宮は7球団の競合の上、日本ハムの木田GM補佐が引き当てた。
負け続けの栗山監督を回避したことが功を奏した結果になりましたね。
良い球団じゃないですか。ダルビッシュや中田、大谷を育てた実績もあるし、
後々のメジャー行きを希望している事もあり、育てて売るという球団ですから障害はない。
大谷の後釜として来シーズンが楽しみ。しかし、斉藤も何とかしないとな。

中村は地元広島、ハズレ1位で安田は千葉へ。「千葉?」と呟いたが安田も行くでしょ。
我が巨人軍はバズレ続き。やはり高橋監督は持っていない。来年も受難の時か(爆)。
0

2017/10/26  16:22

割引にしてやっと売れた....  音楽

渡英をあきらめた段階でViagogoに登録し、本日10/26のAimee Mannkのチケットを
売りに出していたのだが、何度かの値引きを繰り返しやっと今朝(当日)売れた。
約7,500円で買ったチケットだが、手数料10%引かれた手取りは5,400円。仕方ないか(笑)。
ホームプリントのPDFチケットなのでギリギリまでぶら下げる事は出来る。
ロンドン以外の掲載の無いFairport ConventionとRichard Thompsonも掲載してくれるよう
リクエストしていたのに、結局は無視されてしまった。RTは手元に送られたチケットなので
日程的にも苦しかったが、FCはPDFチケットだったので残念でした。
Jason Isbellは窓口引き換えだったのでこれは元々難しかった。少しだが損失補てんです。
開催の数日後に入金になるようだが、初めての事なので入金されるまでは安心できない。
UFJの口座を指定しているが、上手くいかなければ海外送金を受けられるようにした
Paypalを使うようになるか。こちらは手数料がかかるので避けたいものです。
しかし、こういう事していると世界がボーダレス且つリアルタイムになっていると実感します。
0

2017/10/25  20:11

予定が立ちません....  

本当ならば今日の遅いエミレーツ便に乗って、ドバイ経由でロンドンに行く予定だったのだが。
バア様の状態が悪いので泊りで出歩くのは出来なくなってます。
先の予定も立てにくい。11.12月のLIVEで持ってるチケットや予約も、場合によっては
キャンセルするつもり。まあ、2017年っていう年はそんな年だったと後で思い返すのだろう。

痛がる体をさすっていると「お前が寝れなくなるから病院へ行くよ」と言われちまった。
流石にこれには泣けた.....。
0

2017/10/24  21:59

緊急搬送  

再びバア様を緊急搬送。あまりに痛がるものだから日医大の救命センターへ搬送。
今回は覚悟したが、点滴打ってなんとか痛みは取れたようだ。意識もはっきりしているし、
直ぐにあちらの世界に行く事はないそうだ。数日救命病棟にいて、日医大病院へ移る模様だが、
1週間位で退院させられちゃうので、担当医と今後の方向を確認しておかないと。
しかし日本にGrateful Dead思想を持ち込む事は今後も難しいのだろうか。
バア様は延命を断っているので、今日も帰りがけに「もういいのに」と呟いていた。
「後期高齢者に尊厳死の選択権を」のスローガンで次の選挙に出たくもなります。
0

2017/10/22  18:26

なでしこジャパン2-0でスイスに勝利  スポーツ

なでしこジャパンのスイスとの強化試合は後半の中島、田中の得点で2-0で勝利。
まず勝ち癖をつけるのがこのチームでは大事だと思うので、この勝利は大きい。
雨の降る中、でかいスイスを相手に守備陣に破たんが無かったのは良かった。
やはり熊谷、宇津木とCBに揃えると安定する。宇津木は前線へのフィードも良かった。
個人的に前のアメリカ遠征から入った櫨に注目している。164cmとそこそこガタイもあるし
子供の多いチームにあって、大人の女性を感じさせる。中島へ出したスルーパスもよかった。
久々に代表復帰した岩渕も相変わらずターンに見せ場を作り、今後を期待させてくれる。
彼女の足の具合が良ければ長谷川との争いも面白い。
12月に日本で行われる東アジアカップも楽しみである。そろそろメンバーも固まりつつあり。
0

2017/10/20  12:57

期日前投票  

台風の影響で日曜から荒天らしいので、雨が上がるのを見て本日期日前投票へ行ってきた。
棄権はしたくないですから。それでも風雨が強いと当然のように投票率下がるんだろうな。
野党には逆風。嫌な感じです。
0

2017/10/19  23:36

JB東京最終日  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

Jackson Browne@オーチャードホール3日目にして東京最終日。昨日より少し後ろの4列目右手
それでも悪くないです。カメさんと少し話して席へ戻り、開演を待つ間に本のページをめくる。
すると「あら、キーノさん」の声に顔を上げると、旧知のツッチー女史。
申し合わせた訳ではないが隣の席でした。彼女も色々詳しいので、開演まで話してました。
時々海外飛んでる不思議なマダム(笑)。
5分押しの19:05にこの日も" The Waiting"でスタート。
どうやら日本公演は Tom Petty追悼で始めるようだ。
3曲目に早くもリクエストに応え、初出の" The Late Show"が登場。
シボレーのドアを閉める動作にスネア・ドラムがリンクするのがとても粋だ。
この日もリクエストで初出が続く。"Sky Blue And Black"とピアノ曲は人気が高いが、
ギターでの"In The Shape Of Heart"も個人的には好きなのでOK。
初日と同じでGreggはペダルスティールを弾くことなく"Your Bright Baby Blues"で1部は幕。
65分。
25分の休憩後、この日は初出の"The Birds Of St.Marks"で2部は始めた。
2部での初出は他に"I'll Do Anything"と3日間通ったWarren Zevonの Tシャツの外人に
敬意を表して再びZevon曲"Carmelita"のサプライズ。
この曲ではGreggのペダルも良いが、Valのマリアッチ風のギターがそれ以上にイカしてた。
そして"Culver Moon"でのコーラス隊のソウルフルなソロが素晴らしい。
リクエストでも禁句の"Hold On Hold Out"には目もくれず、" The Road-Out"には
「まだ早いぜ。もう終われって事かい」と笑い飛ばす。リクエストもTPOをわきまえないとね。
新譜のタイトルソング"Standing In The Breach"を始めるが、最初の出だしの声が
うまく出ない。「3日目なのでちょっと喉が厳しいかな」と言って、再度トライするがダメで
「申し訳ないが、次の機会にね」とこの曲はパス。「う〜ん、初出だったのに残念」。
それまで声の調子は良いと思ってたんですが。慌ててバンドが楽器を持ち替え
"The Pretender"が始まる。無事にこの曲を3日共聴けたので前の事は忘れます。
しかし、途中で水飲んで、少し歌詞端折ったのは頂けなかった。
そして"Running On Empty"を演って本編終了。
アンコールは" Take It Easy"と"Our Lady Of The Well"で終了。2部は80分弱。
まあ、バラシも有るのだろうが、最後に"Before The Deluge"やって欲しかったね(涙)。
未遂事件も有り初出は7曲とちょっと満腹感は少ない。 まあ、3日目なのでしょうがないか。
お互い元気なら次もあるっていう事で。これにて今回のJB詣では終了。


※2部1曲目を勘違いしたのでコソっと直しておきました。だもんで初出も7曲(汗)。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ