2017/10/19  23:36

JB東京最終日  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

Jackson Browne@オーチャードホール3日目にして東京最終日。昨日より少し後ろの4列目右手
それでも悪くないです。カメさんと少し話して席へ戻り、開演を待つ間に本のページをめくる。
すると「あら、キーノさん」の声に顔を上げると、旧知のツッチー女史。
申し合わせた訳ではないが隣の席でした。彼女も色々詳しいので、開演まで話してました。
時々海外飛んでる不思議なマダム(笑)。
5分押しの19:05にこの日も" The Waiting"でスタート。
どうやら日本公演は Tom Petty追悼で始めるようだ。
3曲目に早くもリクエストに応え、初出の" The Late Show"が登場。
シボレーのドアを閉める動作にスネア・ドラムがリンクするのがとても粋だ。
この日もリクエストで初出が続く。"Sky Blue And Black"とピアノ曲は人気が高いが、
ギターでの"In The Shape Of Heart"も個人的には好きなのでOK。
初日と同じでGreggはペダルスティールを弾くことなく"Your Bright Baby Blues"で1部は幕。
65分。
25分の休憩後、この日は初出の"The Birds Of St.Marks"で2部は始めた。
2部での初出は他に"I'll Do Anything"と3日間通ったWarren Zevonの Tシャツの外人に
敬意を表して再びZevon曲"Carmelita"のサプライズ。
この曲ではGreggのペダルも良いが、Valのマリアッチ風のギターがそれ以上にイカしてた。
そして"Culver Moon"でのコーラス隊のソウルフルなソロが素晴らしい。
リクエストでも禁句の"Hold On Hold Out"には目もくれず、" The Road-Out"には
「まだ早いぜ。もう終われって事かい」と笑い飛ばす。リクエストもTPOをわきまえないとね。
新譜のタイトルソング"Standing In The Breach"を始めるが、最初の出だしの声が
うまく出ない。「3日目なのでちょっと喉が厳しいかな」と言って、再度トライするがダメで
「申し訳ないが、次の機会にね」とこの曲はパス。「う〜ん、初出だったのに残念」。
それまで声の調子は良いと思ってたんですが。慌ててバンドが楽器を持ち替え
"The Pretender"が始まる。無事にこの曲を3日共聴けたので前の事は忘れます。
しかし、途中で水飲んで、少し歌詞端折ったのは頂けなかった。
そして"Running On Empty"を演って本編終了。
アンコールは" Take It Easy"と"Our Lady Of The Well"で終了。2部は80分弱。
まあ、バラシも有るのだろうが、最後に"Before The Deluge"やって欲しかったね(涙)。
未遂事件も有り初出は7曲とちょっと満腹感は少ない。 まあ、3日目なのでしょうがないか。
お互い元気なら次もあるっていう事で。これにて今回のJB詣では終了。


※2部1曲目を勘違いしたのでコソっと直しておきました。だもんで初出も7曲(汗)。

0

2017/10/19  10:41

Vote For Change!  

世捨て人の上、介護人となり益々世間とは乖離した生活となっているが、
次の日曜の選挙は必ず行きますよ。
安倍政権は平和を壊す、ここは是非とも自民・公明の連立政権には野に下って貰いた。
そう思っている人が多いと考えていたが、メディアでは現状以上に現与党が優勢と報じる。
世の中狂ってるのか、そんなに自民・公明の恩恵を受けている人って多いのか?
まあ、野党陣営も一枚岩になっていないのも問題であるのだが。
野武士軍団化した立憲民主党の枝野氏の答弁には惹かれるが、比例では票が入り過ぎても
無駄になるなんて話もある。だから比例は共産党に入れた方が良いなんて宣われても
やはり共産党には違和感を感じる昔の人間です。
何よりも投票率の向上が大事。これから60年も生きていく18歳以上の人には
大切な参政権を放棄して欲しくない。特に初めて権利を得る人は最初に投票に行くという
行為が大事だと考える。行く事を当たり前に考えて欲しい。たとえ白票であっても。
こんな世の中にしてしまった責任の一端は感じているが、もはや自分には投票を
続ける事しかできない。Vote For Change!
0

2017/10/19  1:03

JB東京二日目  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

Jackson Browne@オーチャードホール2日目。2列目右から同好の士と観戦。
昨日は転がしのモニターでGreggのスティールが見にくかったが今日はバッチリです。
衝撃のオープニングも再びとなると、「えっ、今日も演るの」って感じもしてしまう。
初出は"For A Dancer"、リクエストの"Late For The Sky"と"Here Comes those Tears Again"の
ピアノ3曲。そして1部ラストもリクエストで"Melissa"。結構驚愕の曲たち。
"Here Comes Those Tears Again"なんていつ以来って位に久しぶり。
"Melissa"はGregg Allman追悼って感じか。キーは下げてたりしているかもしれないが、
"Late For The Sky"も破綻なく聴けた。本日も1部から満足の60分弱。
"These Days"を2部と昨日のレポで間違えて反省してます。1部で演ってます、ハイ。
2部でも初出は結構あり。"Sleep"s Dark And Silent Gate"(こんな小品が)、
"For Everyman"、"I'm Alive"が聴けた。「3日演るから少し変えるよ」って、
少しじゃないでしょ(笑)。
それでも" The Pretender"はこの日も聴けたので「プリテンダー男」としては一安心。
アンコールでも" Take It Easy"にメドレー的に初出の"Our Lady Of The Well"と
"I Am A Patriot"で締めての80分。
Valがファイヤーバードを持つとギターを引き倒すってサインなのだろうか(笑)。
結果、9曲の曲を新たに聴けた。これだから毎日来たくなるというもの。
さて明日は何が聴けるやら。"Jamaica Say You Will"、" The Late Show"、
"Before The Deluge"、"Rosie"、" The Load-Out/Stay"なんかも聴きたいものです。
まだまだお楽しみは残ってる。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ