2018/3/31  20:58

LIVEに行こうよ!  音楽

明日から4月、いい加減後始末に疲れ果てております。早いとこ新居見つけて逃げ出さないと。
LIVE行脚もペース・アップを図るも気持ちはイマイチ上がらず。


★Hicksville 4/1@Zher the ZOO YOYOGI 前売り 3,500円

クリックすると元のサイズで表示します

久しぶりのヒックスはアコースティック・セット。
韓国遠征も行ったばかりの彼等、旅のこぼれ話も聞けるかも。


★Joan Osborne 4/5@丸の内コットンクラブ 自由席 1.2部通し券 10,000円

クリックすると元のサイズで表示します

Joanさん、短いスパンでの再来日はディラン・カバーとオリジナルの2部構成。
ディラン・カバーは昨年豪州でも観れた。歌の上手い達者な姉さんです。通し割引が嬉しい。


★Wildcat Canyon 4/18@Back in Town チャージ 3,000円

クリックすると元のサイズで表示します

白井夫妻のユニットを観に曙橋まで。年に1度位しか行けませんがご勘弁を。


追加
★渡辺勝 4/22@なってるハウス チャージ 2,000円

クリックすると元のサイズで表示します

引っ越しの日、近所のなってるハウスで勝氏出演で出没。前座の松倉如子も楽しみ。


★Nick Lowe 4/30@Billboard東京 カジュアル席 8,400円

クリックすると元のサイズで表示します

再びビルボードに戻るもソロに変わりないのが寂しい。たまにはバンドで観たいよな。


ボチボチ行きます.....。
0

2018/3/31  14:20

明日に向かって捨てろ! 〜捨てる事は美徳〜  

このまま転居先へ持っていっても収納する事が難しそうで、そのまま段ボールに寝かせそうな
CDを再度ピックアップ。もはや決算期のプラスアルファは望めなくても売却した方がよさそうだ。
本や雑誌も思い切って捨てる事にして紐で縛った。新しめのガイドブックは残すが、
旅行物を山ほど捨てる事にした。もちろん古くても捨てられないものはあるのですが。
こちらは資源ゴミとして来週出棺。旅行情報はネットが最新だし、欲しければ買えばいいさ。
問題は家具や寝具、電気製品等だ。一部は来週公的粗大ゴミとして有料で出すことにした。
ネットで買取しているような所は、古い・ノンメーカー等を理由に引き取りに来てくれない。
足代でないと駄目なのは分かるが、ネットの記述と対応がかけ離れていて嫌になる。
最終的には有料の不用品回収に頼るようになるが、それも致し方なしである。
取り敢えずなるべくは無償引き取りをしてもらうべく、明日に向かって捨て続けます(笑)。
まずは明日内見に行く賃貸マンションが決まる事を祈りたい。
0

2018/3/30  20:57

球春到来!  スポーツ

何故か日米同時開幕となったプロ野球、朝には大谷が投手の前にDHで先発出場。
チームは逆転負けしたが、初打席でヒットを打ち、5打数1安打の船出はまずまずか。
取り敢えず二刀流の米国篇の開幕ですね。
夜は巨人vs阪神の開幕戦を観る。菅野が乱調で1-5で巨人が星を落としたのは誤算。
高橋監督の采配が好みでないワタシとしては、選手が勝手に働かないと心配です。
大谷ロスにならない様に、新たなるスーパースターの出現を切に願う。
0

2018/3/30  19:12

今年は行けません.....  音楽

今年もビルボード東京へDanny Kortchmarがやって来る。バンドがますます強力になり
Russ Kunkel, Leland Sklar, Waddy Wachtel, Steve Postellとの事。
なんとリズム隊もThe Section.昨年も馴染みの曲が沢山出て楽しかった事が思い出される。
しかし6/16と6/18はロシアに行っていて不在なのですよ。残念ながら今年は行けません(涙)。

0

2018/3/28  22:51

マイ・ラスト・ソング in NHK  音楽

先日ビルボード東京で観て来た小泉今日子と浜田真理子の「マイ・ラスト・ソング」が
NHKの番組として制作され、只今放送を観ていた。
MCに又吉直樹を配し、ゲストに樹木希林と満島ひかりを招き賑々しくトークも繰り広げられた。
歌われた唄も"爪"以外は違った曲が聴けて興味深かった。その"爪"も浜田ではなく
満島が歌ったのである。"プカプカ"は奇妙礼太郎がゲストとしてギターを弾きながら歌った。
二人での落ち着いた時間とは感じは異なるが、TV的にはこの方が盛り上がると考えるのだろう。
ラストの"みんな夢の中"まで楽しいプログラムでした。綺麗な日本語がやはり好きです。

0

2018/3/27  23:18

ウクライナに1-2と敗戦  スポーツ

日本代表の欧州遠征はウクライナに1-2と敗戦。初戦のマリ戦よりも良い出来ではあったが、
相変わらず先制されていては苦しい。日本が世界で勝つには先制し僅差で逃げ切るしかない。
槙野のヘディングで前半を1-1で終えたものの、結局は勝ち越し点はウクライナが挙げた。
この日目立ったのは原口か。惜しげもなく上下する運動量はこのチームには不可欠だろう。
従って左は原口がロシアへ行って先発するに違いない。真ん中は杉本も小林も今一つであり、
ボールを納められる大迫のワントップも決まりだろう。後は故障を感じさせない長谷部と
長友も必要不可欠な存在だ。川島も経験値でゴールを守るか。残りは調子の良い選手が
選ばれるべきでドングリの背比べ。酒井宏と吉田も故障が治れば固いだろう。
中島は前への意識が強いので面白い選手。ジョーカーとして乾と共に選んで欲しい。
柴崎はむらっ気があるので安定したプレイが望まれる。しかし今年のチームは期待薄だ。
何より監督の愛情が薄れてしまったのが情けない。そろそろ日本人監督でやるのも良しでは。
収穫の少ない遠征2試合でしたね。どうやって勝つのかが見え難い今のチームです。残念!
0

2018/3/26  22:09

少し片付いたが、まだまだ先は遠い  

土曜日に査定が来たので箱詰めし、本日LDソフトとコミックスを出棺した。
全部は引き取ってもらえなかったがLDソフトも換金できたのでありがたい。
かってのニューメディアも今やゴミ同然というのも悲しい。しかし「怪奇大作戦」の中には
9,900円の高値がついたものもあるのでまずまずか。古い漫画も良い値が付くものもあった。
残ったLDソフトは盤は可燃ごみ、ジャケは資源ごみとなる運命だ。本も0査定は資源ごみ。
VHSソフトは面倒なので土曜日に100本位可燃ごみで出した。思い切りが大事よ。
午後にはレコファンから出張買取に来てもらって、CD、DVD、ミュージックマガジン等の本を
沢山持って行ってもらった。しかしそれでもまだまだ気が遠くなるほど在庫資産はある。
これを収納するのも大変ですが、早く転居先も決めないと。土曜日に内覧に行ったのだが、
どうも別の方に先を越されたみたいだ。まあ、縁が無かった事にしておきます。
4月中旬には引っ越したかったが、4月末までにできれば良しか。またせっせと探します。
もう1回は手持ち資産の売却はしないといけないし、粗大ごみを捨てる手配もしないと。
考えると頭が痛くなります。まだまだ先は長いよ〜。
0

2018/3/23  23:13

話にならない  スポーツ

日本の強化試合対マリ戦はダメダメな試合で先が思いやられます。
アディショナル・タイムでの中島の同点ゴールで1-1と引き分けたが情けない試合。
入りは悪くなかったが、大島が負傷交代してから縦への推進力が無くなってしまった。
以前にもこんな試合があったが、他のボランチの選手から攻撃のスイッチが入る事は少ない。
後半は全然ダメ。マリの選手の間合いに付いて行けないようでは、セネガル戦は危険だ。
大迫は球を納める事ができるので両サイドのできが肝心。先発した宇佐美も久保も
悪くなかったがゴールには恵まれなかった。本来なら2-0で勝って勢いをつけたかった。
次のウクライナ戦はどうなるやら。前線の選手が点を取れないなら香川と岡崎の出番か。
0

2018/3/23  20:50

危険な香り(汗)  音楽

なななんと、またまたAretha Franklinにドクター・ストップが出たとの事。
今回は2ヶ月旅は禁止らしく、今月のニュージャージーと来月のニューオリンズでの
ジャズ・フェスはキャンセルらしい。ワタシが予定している6/2のボストン公演から
復帰らしいが、心配はつのる。昨年もドタキャンされたし、危険な香りがプンプンです。
こんな事なら昨年の声明通りに2017年で引退してくれていた方が気が休まるというもの。
いずれにしても神に祈るしかないか。6/3のRy Cooderもキャンセルだったし。エーメン!
0

2018/3/21  22:54

浜田真理子×小泉今日子  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

荒天の中、やって来ました六本木ビルボード東京。本日は「マイ・ラスト・ソング」と
久世光彦にちなんだ小泉今日子と浜田真理子のジョイント公演。
但しKyon2は朗読だけと勿体無い。今や女優さんですからね。
それでも真理子さんの歌も素晴らしいので楽しみです。
散々飲んで待ち、定時の19:30に浜田真理子がまずは出てきて"赤い風船'(浅田美代子)から
始めた。松の湯の屋根の上でミヨちゃんが歌っていた姿が思い出される。
そして小泉今日子が登場。不倫は褒められないが、Kyon2まだまだ綺麗です。
以後、Kyon2が久世氏のエッセイを読んだりしながら、真理子さんがピアノを弾きながら歌う。
テンポを落とした真理子さんのピアノと歌が無垢な感じで素敵でした。
"林檎殺人事件"(郷ひろみ&樹木希林)、"月の砂漠"(童謡)、"雲にのりたい"(黛ジュン)、
"一本の鉛筆"(美空ひばり)と歌った後で向田邦子の事に触れ"爪"(ペギー葉山)の登場。
"ひとりじゃないの"(天地真理)、"あの鐘を鳴らすのはあなた"(和田アキ子)と歌ってから
阿久悠との交流を披露。そして沢田研二の"時の過ぎ行くままに"、"君をのせて"と続いて
本編終了。後者はジュリーらしからぬダンディズムなき平穏な情景を歌った歌。
しかしこれが沁みるのです。Kyon2も曲によっては口ずさんでましたね。
アンコールでは"UFO"(ピンクレディ)、そしてもう一曲"街の灯り"(堺正章)を歌った。
後者では真理子さんBobby Vintonの"Mr.Lonely"を小粋に挟んでくれた。
嗚呼 ジェット・ストリーム(お相手は、わたくし、城達也でした)。
ステージ後ろのカーテンが開き、六本木の夜景が映し出されると、
Kyon2が振り返ってじっと街の灯を見つめていた姿が印象深い。
80分堪能。今が悪いとは言わないが、昭和に生まれ育って良かった。
綺麗な日本語の歌が沢山聴けました。真理子さん11/17に20周年コンサートを
草月会館でやるらしいが、彼女の地元島根でも一度は観てみたいですね。
ちなみに今日はKyon2のデビュー36周年記念日との事。
3/28には同内容の番組がNHKで放送され、来月にはビルボード東京での追加公演も
決まったとの事。お楽しみはまだまだ尽きません。

0

2018/3/20  15:08

確実に先に進んでいるはずなのだが  

本日は投げ込み広告が入っていた無料での鉄物収集日。物干しざおは長すぎて駄目らしいが、
網戸に始まり、椅子の鉄パイプ、ストーブ、掃除機、ラックの鉄枠、VHSビデオデッキ、
ブリキの衣装入れ等々、大物小物と家の前に出しておいた。雨でも決行となっていたが、
ちゃんと来てくれてよかった。車が去った後には、ズボンプレッサーだけが残されていた。
さすがにこれは駄目だったか(笑)。それでも有償となるべき粗大ごみがかなり減って助かった。
あとは有償の粗大ごみと不用品回収業者で大体のものは処分できるだろう。
昨日1日がかりでレーザー・ディスクと大昔のコミックスのリストを買取業者へ送った。
大した金額にならずとも送料無料なら価値はある。LDはダビングするものは終えたので、
ハードも売却するつもりだ。VHSも少しチェックと思い、今朝デッキにクリーニングテープを
入れたら出て来なくなった。これで諦めもつき、無料回収が来る前に慌てて出棺した。
VHSソフトも100本位あるが、タダ同然でも受けてくれるようなので次回売却に出すつもり。
かってのニュー・メディアも今やオールド・メディア化しているので今は買取する所も少ない。
まだ、本やCD、DVDも整理しないと次の住まいに持ち込めそうにない。更なる大ナタが必要か。
昨日送ったリストの見積もりが来て相手先へ送るまでは、実際の量は減らない。
自宅の売却も目途が立ったが、次の収まり先は決まっていない。幾つか当たるもいつも二番手。
4月中に転居を目標としているが、モタモタしているとホームレスになっちまうよ(汗)。
0

2018/3/17  23:01

ユーミン・フェスト  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

お彼岸の入りには1日早いが大船のお寺で墓参り。他の用も済ませ、昼食頂いてから
14時に飛田給へ向かう。この日は武蔵野の森総合スポーツプラザで武部聡志が主催の
「SONGS & FRIENDS」コンサートを観に来た。
お題が荒井由実「ひこうき雲」という事で興味津々。二つ上の姉さんが何処からか
調達してきたアルバムを留守を狙って盗み聴きした日が懐かしい。
味スタの前にはいつの間にかこんな会場が出来ていた。
17:05に客電が落ち、M Cの中井美穂がプロデューサーの武部聡志を呼び込みスタート。
まずは原田知世の"雨の街を"から始めた。彼女はもう1曲"ダンディライオン"を歌ったように、
ゲストは基本「ひこうき雲」から1曲、他に1曲を選んで進んだ。
次いでsuchmosのYONCE、家入レオ、横山剣、JUJU、久保田利伸の順で歌った。
剣さんは下世話な"ベルベット・イースター"、アーバン歌謡な"雨のステイション"と
我が道を行った(笑)。お得意の「イ〜ネ」も出していた。
久保田はJUJUとのデュエットに続き、"雨の街を"を歌って知世さんが再登場して
ゲスト・コーナーは終了。
転換の間に中井が武部をインタビューしてから再開。
中井は「あえてこう呼びます、荒井由実とキャラメル・ママです」と呼び入れた。
武部を加えた編成で"ベルベット・イースター"から始めた。ピアノは勿論ユーミンが弾いた。
次の"そのまま"はキャロン・キング的なものを感じた。ここでの鈴木茂のスライドの
心地良いことったら(喜)。その後も井上陽水がシークレット・ゲストで出たりして、
"返事はいらない"なども歌いラストは"ひこうき雲"。
死生観を歌った歌詞が有名であるが、PANTAの"ステファンの六つ子"も同様の曲だろう。
その後「ひこうき雲」の呪縛から解放され、今のバンドを使って代表曲をゲストと一緒に
歌うのも楽しそうだった。JUJUとの"リフレインが叫んでる"も良かったが、
原田知世との"時をかける少女"は個人的には本一でした。剣さんとは"コバルトアワー"、
久保田とは"中央フリーウェイ"、そしてラストは全員で「ひこうき雲」に戻って
"恋のスーパー・パラシューター"。
結構、パラシューターはグラム・ロックだったんだなと思ったワタシです。
これに飽き足らずアンコールで武部ピアノで"やさしさに包まれたなら"を歌って
125分のユーミン・フェスは終わった。何とも45周年のプレ・キックオフの趣きだった。
5月にWOWOWで放送されるようなので再度見直してみたい。
不二家ソフト・エクレアも遠くなりにけり(爆)。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ