2018/7/10  17:31

Jリーグ後半戦に又楽しみが増えた  スポーツ

一時は破談と報じられたフェルナンド・トーレスのサガン鳥栖への入団が決定した。
イニエスタのヴィッセル神戸入りに続くスペインの大物の来日(喜)。
衰えは感じるものの代表で長くFWを務めた片鱗は見せてくれるはず。イニエスタとは同い年。
これで神戸vs鳥栖も盛り上がりそう。NHKのJリーグ放送も楽しみだ。
関東地区の試合も生で観たくなってきましたよ。川崎と両チームの試合とか楽しみです。
0

2018/7/10  16:45

「ヒットこそすべて/朝妻一郎」やっと読了  

ロシアW杯にうつつを抜かし、なかなか頁が進まなかった「ヒットこそすべて/朝妻一郎」を
やっと読了。裏方でも珍しい音楽著作権ビジネスの話を著者の体験を通して綴った本。
もう10年前に刊行された本だが知らない事も多く勉強に成りました。
結構良い値段なので存在は知っていたのだが買うに至らず、今回図書館で借りて読了。
473頁の労作は、かってのニュー・ミュージック・マガジンの「ロック研究セミナー」的な
「ティン・パン・アレイの歴史」と「アナザー・サイド・オブ・ミュージック・ビジネス」は
字ポイントも小さく読みごたえがあるも手強かった。この二編があればこそ勉強です。
著者と木崎義二、亀渕昭信両氏との関係も再確認。こういった音楽ファンから業界人に
なった人が洋楽畑を支えてくれて今がある。亀ちゃんはこの間の上智のブルースセミナーでも
元気な姿が見られた。著者が結構な数のレコード解説を書いていた事も巻末資料で分かる。
そして洋楽の名の下の幅広さにも驚かされる。昔はロックもポップスも映画音楽も洋楽だった。
その中でも著者がポップスを愛していた事は文中からもうかがえる。
そんな訳で頁を捲りながら、Spanky & Our Gang、Hamilton,Joe Frank & Dennison、
Biff Rose、Captain & Tennille、Carpenters、Neil Sedakaなんかを聴いていた。
Carpentersの最後のトップ20ヒットとなった"Touch Me When We're Dancing"って良い曲だと
あらためて思った。「音楽出版社の目的は楽曲をスタンダードにすること」何かうなずける。

クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ