2018/7/31  23:28

アイリッシュ・ソウル爆発!  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

連投で渋谷クアトロのHothouse Flowers公演へ。
整理番号も若かったが、フロアにも座席があったので最前列に陣取る。
トートバッグとスナック付きで何か得した感もある。
ウエスタン・スウィングのWestern Caravanがオープニングとして定時の19時に登場。
ギター、ベース、ドラムス、ペダルスティール、フィドル✖️2でインストから始めた。
皆、それぞれのウェスタン・シャツを着込んでいるのに目を奪われる。
1曲終わるとボーカリストが入り、ベースダウン。歌入りではウェスタン・スウィング
と言うよりもカントリー、ロックンロール、ブルースの乗りと趣が少し変わった。
インストになると再び疾走感を増し、ウェスタン・スウィングになる不思議。
まあいずれもストライクではありますが。目の前のペダルのオヤジをずっと見ていた40分。
20分の転換後、後攻めのHothouse Flowers登場。いつもの様に裸足のリアムはピアノに座り、
後はギター、ダブルベース、ドラムス、エレクトリック・ブズーキの4人だ。
静かな出だしだったが、徐々に空気が渦を巻いたように熱くなるのを感じる。
"This Is It(Your Soul)"で最初の波はやってきた。
途中からリアムは立ってダンスしながら歌い、ブズーキ奏者は気がつけば
エレキ・ベースに持ち替えていた。ワタシも知らずに声を重ねていた。
アイリッシュ・ソウルの波に埋もれるのは心地良い。
何曲かして「不在のヒーローに」なんて事を言って出てきた殿下の"Purple Rain"に
暫し感じ入る。そして次の波は"You Can Love Me Now"だったか。
リアムはアコギを持ち、会場が総立ちになった。
以降、アンコールが終わるまでスタンディングで時は続いた。
本編ラストの"Don't Go"はラテンっぽいアレンジで個人的には熱量が減少したような
気がしてイマイチ。ここで長々とメンバー紹介とソロ回しが行われた。
アンコールではギタリストのゲール語での独唱、ティンホイッスルに
リアムもバウロンで対抗するなどトラッドの味わいも感じさせた。
Wアンコールで135分のステージを終えた。
今でも彼らのアイリッシュ・ソウルは熱い。一時リアムがトラッドに傾倒して
バンドが解散状態の時期もあったが、今再びロックン・ソウルを
燃えたぎらせてくれるのを見るのは古いファンとしては嬉しいものである。

1

2018/7/31  0:07

バンド良し、歌良し  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

渋谷から六本木へ移動、ビルボード東京でフジロック帰りのCarla Thomasを観る。
カジュアルだと思ってたらテーブルの自由席で予約をしていたのは間抜け。
まあ、No.21だから良いか。1階の後方から見ることにトホホ。
ポイントが貯まっていたのでチャージ無料で観せて貰いました。
定時の21:30にまずはバンドが出て来てインストを1曲。The Memphis All Starsと名乗るは
ベースとキーボードがHodges兄弟、ドラムスはMG'sのSteve Pottsで
ギターのScott Sharrardも元Allmansと言っていた。
後はサックスとトランペットのホーン隊と二人の女性ボーカル。
MCはハイリズムと呼んでいたが、こちらの方がしっくりいくね。
妹のVaneese Thomasが先ずは"Saturdy Night"等4曲やって場を暖める。
「ブルース」と何度も言うがそれ程でもなし。それでも声も良く出ていてなかなかよろしい。
最後はJohn Fogertyの"The Old Man Down The Road"だったのはちょっと意外。
ここで姉さんにバトンタッチ。容貌は見る影もないが、まだまだ歌える所は見せてくれる。
「Queen Of Memphis」の面影は所々で見せてくれた。"B-A-B-Y"とか演ればやはり盛り上がる。
ブルースの"Little Red Rooster"なんかも演っていた。
ここでのオルガン・ソロが何とも良かった!
途中、姉妹共演等もあり、引っ込まずにアンコール的に親父Rufusの曲を演って、
最後は"Walking The Dog"で終えた。80分。
演奏は決まってるし、この辺りのサザン・ソウルは老いても最高です。
心地よさを残して終わった。10月に来るWillie Hightower御一行も楽しみです。

1

2018/7/31  0:01

アメリカの風景が好き  映画

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

ヒューマントラストシネマ渋谷で「ウインド・リバー」を観る。
雪のワイオミング(ロケはユタ?)を動物ハンターの主人公が娘の事件と
オーバー・ラップさせながら犯人をハンティングへと追い込んで行く。
冬山の姿が美しい。場所は先住民居留地であり、被害者はネイティヴ・アメリカンの娘と
ある面社会派の小品。
映画音楽はNick Caveがやっているようだが、エンドロールに流れる彼とは違う歌声が
哀しくも美しい。

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ