2018/8/12  20:47

夏の風物詩  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

夏の上野の風物詩Big Westernが今年もやって来た。
16時から19時半に渡って賑々しく行われた。
高橋お母さん夫妻、TOMO先生、マミちゃん、入来先輩と旧知の人達と飲みながら観ていた。
今年はロッキン・エノッキー、SIME、片山誠史の各セッションの形で進められた。
エノッキー・セッションでの玉川裕高はカントリー・ロックかと思いきや、
意外に政調カントリーだった。
SIMEはオリジナルが何曲か聴けたのは拾い物。
そしてここでの吉村瞳は場違いな感じだったが、個人的には感銘を受けた。
スライドの素晴らしいKaren Dalton的な演奏に観ている人は驚いたのでは。
独自のフォーキーな演奏はどれも良かった。
片山セッションではレジェンド寺本圭一が出たが、年齢のせいか声量に問題有りだったか。
片山さん、アテンドご苦労様でした。
彼のオリジナルの拓郎提供曲の"親父が嫌いだ"良かったよ。
そして坂本愛江さんの歌はいつもながら優しく染みる。
アンコール的な出演者のソロ取りまで最後まで楽しませてもらいました。また来年もよろしく。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ