2018/8/31  22:37

なでしこらしく守って金メダル  スポーツ

アジア大会女子サッカー決勝、日本vs中国は日本が1-0で勝って金メダル獲得(喜)。
前半から中国のフォア・チェックにボールを奪われピンチの連続。
まともにシュートが撃てないのは終了まで続いた。それでもGK山下の再三の好セーブと
相手のシュート・ミスにも助けられて失点しなかった。耐えて少ない点数で勝つのが日本。
そんな点では日本らしい試合だった。終了間際の菅澤の1点で勝ったのが不思議なくらい。
CBに鮫島と三宅、ボランチに有吉を配する苦しい布陣ながら、北朝鮮、韓国、中国と
1点差で勝てたのは自信になるのでは。望むべくはもう少し攻撃の形が欲しいもの。
ヤングなでしこから選手を引き揚げて攻撃を活性化して来年のフランスW杯に臨みたい。
熊谷らの海外組も入れば布陣も変わるのだろうが、少しは底上げが出来て来たのでは。
明日の男子はオーバー・エイジを使う韓国で強敵だが、続いて欲しいものです。
まずはなでしこの優勝を喜びたい。おめでとうございます。
0

2018/8/31  11:15

秋草の誘い  音楽

毎年サンフランシスコのゴールデンゲート・パークで10月初旬に行われているフリーコンサート
Hardly Strictly Bluegrass Festivalに今年は行こうと計画をしていた。
一昨日全出演者が発表になる。10/5-7の三日間81組の出演。アメリカーナ好きにはたまらん。
ざっと見ただけでも興味があるのが、Alison Krauss、Ani DiFranco、Booker T、Buddy Miller、
Courtney Marie Andrews、Dave Alvin & Guilty Ones、David Bromberg Quintet、
Don Was & Friends、Eilen Jwell、Emmylou Harris & The Red Dirt Boys、Graham Nash、
I'm With Her、Justin Townes Earle、Chris Thile、Los Lobos、Mavis Staples、Nick Lowe、
Patty Griffin、Peter Rowan、Rodney Crowell、Steve Earle & The Dukes、Steve Forbert、
The Flatlanders、Tracy Nelsonと数えきれない。知らない奴らも聴けば気に入るのもありそう。
スケジュールが発表に成ればステージ被りで観れないものも多いのだが致し方なし。
フェスは19時頃までなので夜にライヴハウスへ行く事も考えてます。
その後はショートでナッシュビルへ「ロデオの恋人50周年ツアー」詣で。秋草は誘うよ。

1

2018/8/31  11:05

しぶやさんといっしょ2018夏  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

夕食取ってからテクテク歩いて近くのなってるハウスへ。
予約していた「しぶやさんといっしょ2018夏」を観て来ました。
ジャズ・ピアノの渋谷毅だが、懐深くどんなタイプにも対応する。人柄が出た優しいピアノ。
年に1度のここでのこのセッションも、ツワモノのバンド・メンバーと共に
クセモノ女性ボーカリストとの共演が楽しい。
10分押した20:10にピアノ、ベース、ドラムス、パーカッションのカルテットでスタート。
渋谷カルテットはNHK「おかあさんといっしょ」からの曲が多い。
後は由紀さおり&安田祥子姉妹の曲も数曲。
いずれにしても渋谷さんの作曲でボーカルはバンド・メンバーと分けて歌う事が多い。
ほのぼのと進み、まずは最初のゲストとして西川郷子が出でくる。
長い休業中の上々颱風のボーカルでお馴染みだが、聴くのはホント久しぶりだ。
渋谷作もオリジナルの様に歌ってくれた。
"夏休みの王様"や音頭曲に混じってオリジナルも1曲。流石のお囃子と歌声。
カルテットを挟んで、次は平田玉子。ボサノバの人だが、渋谷作の由紀さおりカバー
"生きがい"(この歌謡曲がたまらん)ともう1曲。
再びカルテット演奏を挟んで、次は金子マリ登場。マリさん堂々と"青い空"を歌い、
もう1曲歌って1部終了。50分。
ベースのかわいしのぶは、この間のパンチの効いたオウケストラとは
全く違ったテイストの演奏だが、この日もイキイキしていた。
20分の休憩後、カルテット演奏で再開。途中、パーカッションの藤の木みかと渋谷さんの
ピアノ連弾があったが、これが一番ジャズっぼかったか。
数曲やってから小川美潮が出てオリジナルの"はじめて"ほか3曲。おとぼけなMCも味がある。
金子マリを呼び入れて、一緒に更に1曲。マリさんソロで1曲演ってからゲスト4人の揃い踏み。
かしましいまま、曲もナンセンスなノベルティっぽい曲が続いた。
西川さんお初の様だったが、常連3人組にちゃんと付いていってた。
ここは若さで平田さんに軍配を上げるとします。
賑々しい歌の後、再びカルテットで"雪がこどもに降ってくる"、"ふたりでひとつ"と
演って2部の60分を締めた。
時々、ラウンジっぽいピアノも聴こえるが、渋谷さんは歌伴として終始優しいピアノを
聴かせてくれた。また来年遊びに来るとします。さあ、テクテク歩いて帰ろう。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ