2018/9/6  23:06

お気に入り  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

天災続きの日本、どうしたものやら。それでも前売を買っていたので渋谷クアトロへ。
7月に観て好印象だったOLD DAYS TAILORとキセルのジョイント公演を観る。
場内には椅子があるのが嬉しい。
北海道南部に住む学生時代の友人からメール返信が来て無事を確認。
震源地からは100km超なので大丈夫らしいが、停電がキツイとの事。
文化生活には電気は必須か。明日のサッカー代表戦も中止になったようだ。
10分押しの19:40にキセルの先攻でスタート。ギター、ベースの辻村兄弟に
ドラムスとホーン(アルトサックス&フルート)の二人がサポートで加わったバンド・スタイル。
兄弟二人のステージしか観た事がないので、なんともロックを感じたこの日の演奏。
いつもはフォーキーやアンビエントな感じで、ミュージック・ソウなども持ち出すが
この日は無し。フォーク・ロックを飛び越して、オルタナな感じさえも伺わせる。
その力強いバンド・サウンドが新鮮。そんな事で"くちなしの丘"などもやらない。
フルートに合わせる口笛のハーモニーが心地よい。個人的には新境地を観た思いの50分。
バンドでのキセル、いいんでないかい!
20分の転換後は後攻のOLD DAYS TAILOR。2度目の上、CDも聴いて来たので
それなりに擦り込んでいる。先ずは"晴耕雨読"からスタート。
相変わらずのJames Taylor Soundが耳に優しい。笹倉慎介の作る曲は和製JT節だが、
元森は生きているの連中、増村&岡田、増村&谷口の曲はバンド・サウンドで少し趣向は異なる。
岡田曲のギターソロは加山雄三っぽくさえある。
岡田拓郎は前回以上にギターを弾いていた感じ。ミックスのせいか?
スライドやワウも混じえてテレキャスを良い音で鳴らしていた。
制限速度を守る彼らだが、大滝詠一カバー"恋の汽車ポッポ"では
アクセルを少し踏んでみせる。
「もっと楽しそうにしたら」とコーラスの優河から声がかかるが、感情の起伏を出さないのも
笹倉らしいか。対バンでの時間の関係で優河のソロがこの日は無かったのが寂しい。
アンコールで前回と同じくJTカバー"Sweet Baby James"と"抱きしめたい"を演って60分で幕。
次回は10/28@代々木でのアース・ガーデンというフリー・イベントに出るらしい。
但し、女性コーラス隊は抜きらしい。優河は王舟とツーマンで9/24にWWWで演るらしい。
バックには岡田&谷口も入るらしいのでチェックしますか。
彼らの優しい音にハマりつつあるワタシです。

0

2018/9/6  13:56

天災は怖い  ニュース

朝起きたとたんに北海道の大地震のニュース。前日の台風に続いて天災が日本を襲った。
ライフラインも停止した上で、交通機関がマヒしているようで心配です。
晩夏の上、夜中で火を使う時間でなかったのが不幸中の幸いか。火災が起きずによかった。
個人的には30年前と大昔ながら数年札幌に住んでいた事もあるので気がかりです。
天災は予測がつかないので怖い。いつ東京にも来るかもしれない。明日は我が身である。
被災地の皆様がご無事な事をお祈りいたします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ