2018/9/23  23:05

さらば!ソウル・フラワー・ユニオン  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

下北沢GARDENにてソウル・フラワー・ユニオンを観る。
最近は中川のソロか中川&リクオでしか観ていなかったが、久しぶりに沖縄から
伊丹英子が参加するというので急遽来る事にした。
メンバーも半数近くが替わり、現行メンツでは初めて観る事となる。
縦ノリの波に飲まれるのが怖いので右壁際から観ていた。
BGMがAretha Franklinなのが中川らしい。
客電が落ち、Arethaの"Natural Woman"のボリュームが上がった17:05にバンドが出てくる。
中川、奥野、高木のお馴染みの顔に混じって、個人的にお初のベース阿部、ドラムスJah-Rah、
コーラスLIKKLE MAI、そして伊丹英子も居る。
初っ端から"エエジャナイカ"で始まるが、縦ノリも壁を背にして居るので怖くない。
中川と奥野の間にヒデ坊が鳴り物とお囃子をするのは何か嬉しい。
彼女からはハッピー・オーラを感じた。
以降もヒデ坊は出たり入ったりを繰り返す。「今年中に新譜を出す」と言う
中川のアナウンスもあり、知らない新曲多数。
新曲は概ねストレートなロックで、一本調子の感がある。
そして思った以上にリクルマイがメイン・ボーカルを取る。
Arethaのカバーや昔JIGENが演っていた"秋田音頭"もオリジナルと共に彼女のボーカルで
歌われた。それでもやはりこの日はヒデ坊が演るのが目玉。
高木克とWブズーキでの"極東戦線異状なし"や"荒れ地にて"が個人的なハイライトだったか。
かってマキシシングルを次々とリリースしていた時期が絶頂期だったと思っている。
今のメンツでは敢えて勇気を持ってペースを落とす事ができないのが残念。
リクルマイの特攻隊長の様なノリはオジサンには厳しい。
それでも聴衆は"海行かば山行かば踊るかばね"や"こたつ内紛争"に熱狂し縦ノリを繰り返す。
この辺はいつになっても変わらない。"満月の夕"や"風の市"も演ったが、
もう少し和の香りのするミディアム・チューンが聴きたかったものである。
ヒデ坊呼んだんだから"そら"は聴きたかった。残念。
2度のアンコールを含めて135分は、彼らにしては少し少なめだ。
まだまだ新参のリズム・セクションは曲を覚える必要がありそうだ。
ヒデ坊に釣られて数年ぶりに来てみたが、どんどん好みからは外れていく様だ。
現時点ではネイティブな中川のソロの方が好みである。
年末のSFUへは行かず、11月の中川&リクオに行く事にしますか。
さらば!ソウル・フラワー・ユニオン。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ