2019/1/9  21:55

やはり初戦は難しい  スポーツ

日本のアジアカップ初戦、対トルクメニスタン戦は3-2の辛くも逃げ切り勝ち。勝ち点3確保。
引いた相手に前掛りに責めるので、相手のカウンターからロング・シュートを受けて
前半0-1とリードされて終えたのは誤算。権田の攻守がなければもう1失点あった所。
相手の真ん中が固いので後半は左の原口と長友の崩しを徹底し、大迫が2点を決めて逆転。
更に堂安が1点を取って3-1になって楽勝のはずだったのだが......上手くいかない。
再びカウンターからPK取られて、決められて3-2と1点差で再びヒヤヒヤの時間に。
至近距離での吉田のヘディングのバックパスを権田がキャッチできなかったらと思うと(汗)。
富安がボランチをやらざるを得ないのが今後の心配の種。中盤での潰しが上手くいかなかった。
それでも勝ったので良かった。なんだかんた言っても3点取ったのは大したもの。
守備が寝ていた試合。もっと相手との間合いを詰めないと強いチームにはやられる。
気候の問題もあるが、次のオマーン戦までに修正ポイントが多い試合でした。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ