2019/5/31  23:31

多摩川超えて  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

本日は横浜まで遠征。モーション・ブルーで浜田真理子を観る。
ここはいまだに来た者順、開場5分前到着で16番、ピアノの見易い位置を確保。
開演まで1時間半あるのでチーズバーガーとビールで夕食とする。
客電が落ちた19:35、まずは真理子さんが出てきてピアノ・ソロから始める。
曲は1stから"The Crow"。英語詞のオリジナルである。次いで遠藤ミチロウのカバー"カノン"。
「しんみりパンクとしてもう少しこちらで歌ってからミチロウさんの所に行きます」の言葉に
ホロリとさせられる。
もう1曲映画の主題歌"天使のはしご"をやってからベースとサックスを呼び入れる。
ご当地ソングの"ブルーライト・ヨコハマ"、そしてテレサテンの"つぐない"と続く。
宮古島娘マリノのサックスがムード歌謡的な雰囲気を醸し出す。
もう終わりなのかと"ヨコハマ・ホンキー・トンキー・ブルース"で1部は幕。
しかしこの歌は酒場のピアノ弾き的な感じでとても良いのです。いつも感心します。
あっさり45分で1部は終了。
30分の休憩後、サックスとのデュオで再開。
サックス・ソロから朗々とした"ダニー・ボーイ"が歌われ、それから再びトリオとなる。
カバーに混じる"静寂"や"昨日の森"、"わたしたちのうた"等のオリジナルの歌詞が沁みる。
カバーは横浜っぼいものって事で、浅川マキ"あの娘がくれたブルース"なんかを歌った。
あと何曲か演り、本編ラストは"Sunday"だったろうか?
この曲はジャズ・テイストで個人的にはイマイチでした。
アンコールは"Full Moon"。2部も45分。
もっと聴きたい曲もあるが、まあこれが今日の彼女の気分。天真爛漫なおばちゃんピアニスト。
オリジナル曲の多くに、自分の腹黒さと澱んだ血が浄化された気分にさせてもらった。
暫く関東での公演は無いようだが、また次回浄化作用を求めて聴きに参ります。
さあ、多摩川渡って帰ろう。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ