2019/10/2  17:46

エンドはクロスロード  映画

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

キネカ大森で映画「新聞記者」を観る。韓国人のシム・ウンギョンが女性記者、
松坂桃李が内務省の官僚役で主演している。なかなかの硬派な画。
シム・ウンギョンの外国人イントネーションの日本語が少し気になるが、
母が韓国人設定で逃げ道を作っている。彼女は初めて見るが、表情が素晴らしい。
松坂桃李は映画で色々な役を演じて引き出しを確実に増やしているのは立派。
ラストでのクロスロードで彼らはどちらの道に行くのだろうか?
小品なれど好きなタイプの佳作でした。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ