2019/10/18  9:21

ドラフト会議  スポーツ

昨日はプロ野球のドラフト会議。まずは指名された選手におめでとうございます。
今はフリーエージェントもあるし、各チームの人気差も少なくなっているので
多くの選手がプロ入りしてくれるのは良い傾向と思う。拒否はほとんどない。
指名順位よりもチーム事情に合った選手が早く1軍で活躍できるようだ。
しかし支配下登録選手と育成選手では天国と地獄の違いはあるだろう。
契約金のあるなし、年俸はもちろん、3桁背番号の選手はまず登録下が目標。
昔で言えば練習生、長い目で球団も見てはくれない。米国の1A、2A格でしょう。
だからこそ這い上がってきた選手にはファンも温かい目を向けてくれる。
かって多くの球団が指名し西武に入った早稲田出身の大石は今年ユニフォームを脱ぐ。
退職金の前渡しのような莫大な契約金を貰っただけましだが、先の人生は長い。
今年のドラフト選出選手からどんなスターが生まれるのだろうか。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ