2020/1/1  1:00

LIVEに行こうよ!  音楽

早いもので新年を迎えました。今年2020年は東京オリンピック・パラリンピック開催の
記念すべき年。個人的にはボランティア・スタッフとして参加するのが楽しみです。
そんな具合で4月から半年は遠出せずにそちらに力を注ぐつもりです。
従いまして1月から矢継ぎ早に遠征致します。旅情は薄くとも旅歩きは楽し。
夜な夜なLIVEの現場にも足を運びます。まずは1年の最初に出会うのはこんな奴らです。


追加
★Hour ConnectionVol.2 1/11@渋谷7th Floor 前売 3,000円

クリックすると元のサイズで表示します

見汐麻衣の主宰イベント。バンドで出るので急遽参戦。他にお初のWool & Pants。
「うそつきミシオ」はシティポップの良盤だったのでバンド形態は楽しみです。


★Jason Isbell 1/13@ビルボード東京 自由席 9,500円

クリックすると元のサイズで表示します

アメリカーナ周辺で評価の高いロック系SSW。サンフランシスコ、ロンドンと
2度観たがイイよ彼氏。2019年の新譜8位に入れたThe Highwomenのメンバーで
フィドラーの奥さんAmanda Shiresが来日メンバーに入っているのも嬉しい。


★下田卓 with 井上大地 1/19@HUB浅草 投げ銭

クリックすると元のサイズで表示します

10月に続きカンザスシティバンドの二人での日曜の昼下がりの投げ銭LIVE。
今度は下田の兄ィ、昭和歌謡演奏ってくれるかな?腹ごなしの散歩気分で浅草へ。


★Ryan Bingham 1/25@Saint Luke's,Glasgow,UK 立見 £18.7(2,686円)

クリックすると元のサイズで表示します

スコットランドのグラスゴーで開催されるCeltic Connectionsに久しぶりに参戦。
トラッドではなく、アメリカーナ中心に1週間観てみるつもり。
初っ端はRyan Binghamを聴いてきます。前座はお初のオーストラリア人Steph Grace。


追加
★The Roaming Roots Revue 1/26@Glasgow Royal Concert Hall,Glasgow,UK 立見 £46.5(6,780円)

クリックすると元のサイズで表示します

Bruce Springsteeの70歳記念のトリビュート・ライヴ。
Lisa Hannigan、Ryan Bingham、Jonathan Wilsonやスコットランドの名手達の一夜。
キャンセル出たのか立見で買えたが2枚単位でしか売ってくれない(涙)。
当日額面£20で誰か買ってくれれば嬉しいが、翌日追加が出たので無理でも納得。


★The Milk Carton Kids 1/27@Glasgow Royal Concert Hall,Glasgow,UK 指定席 £24.2(3,476円)

クリックすると元のサイズで表示します

やっと観れる現代のS&G。素晴らしいハーモニーに期待。
メイン以上に期待なのが、前座に名前のあるロジャース姉妹のThe Secret Sisters。
何せワタシの2017年新譜1位ですから(喜)。Wヘッドライナーとして長時間希望です。


★Della Mae 1/28@Stathclyde Suite,Glasgow,UK 立見 £16.5(2,370円)

クリックすると元のサイズで表示します

ナッシュビルをベースにした女性ブルーグラス・バンド、お初です。
前座はこれもお初のカナダ人Teilhard Frost。当たりだと嬉しいのですが。


★Anais Mitchell 1/29@Old Fruitmarket,Glasgow,UK 自由席 £24.2(3,476円)

クリックすると元のサイズで表示します

ほとんど音盤持っているAnaisを捕まえられるとは嬉しい。この日はソロ・アクトの様。
前座はワタシは知らないが、かの地では有名な人達のトリオBonny Light Horseman。


★Anais Mitchell's CAMPFIRE 1/30@Saint Luke's,Glasgow,UK 立見 £17.6(2,528円)

クリックすると元のサイズで表示します

前日に引き続いてのAnaisだがCAMPFIRE名義はバンドなのか?
それとも前座的に名を連ねているSam Amidon, Kris Drever, Rozi Plain &
Bonny Light Horsemanと一緒に演るのかちょっ分からない。Samが観れるのも楽しみだ。


★Sturgill Simpson 1/31@Old Fruitmarket,Glasgow,UK 立見 £26.4(3,792円)

クリックすると元のサイズで表示します

新作はちょっとピンと来なかったが、前作は気に入ったSturgill。
米国ではなかなか人気のあるSSWです。フジロックに来たが東京では演らなかった。
前座がなくなったようなのでタップリと演奏って欲しいものです。


抜け日の1/26は観たいものがSold Outになっていたので、近くなってのキャンセルに期待。
もしキャンセルがなければ、当日何処かで何か観ているかとは思います。
(近くなって立見キャンセルで買えたが2枚売りつけられた...)
週末に深夜のプログラムもあるので、そちらにも1度は顔を出したいと思ってます。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ