2020/1/13  23:43

麗しき夫婦もの  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

晴れ渡る成人の日、3周を終えたオジサンは六本木のビルボードへJason Isbellを観に向かう。
てっきりThe 400 Unitと一緒と思いきや奥方Amanda Shiresとのデュオの様だ。
最初のシスコがAmanda入りのバンド、2回目のロンドンがAmanda抜きのバンドで
今回がデュオ。異なった形態で観るのも良しだが、バンドじゃないと演らない楽曲もあるからね。
まあ、ネイキッドな歌と演奏を楽しむとします。因みにAmandaがメンバーの
The Highwomenは昨年の私的新譜8位と押しであります。
同行のI浜氏と飲んでから会場入り。定時の19:30に二人が出てくる。
アコギとフィドルのアコースティックなデュオ。
最初の曲は分からなかったが"24 Frames"や"Alabama Pines"、"Elephant"等が
次々と聴けたAmandaはフィドルとコーラスで終始加わってくれたが、
1曲彼女のリードボーカルが聴けたのも良かった。
Jasonの歌声は艶があって良かった。新曲も数曲、レディー・ガガ主演の
「スター誕生」の曲も歌ってくれた。
"Traveling Alone"等で二人が見つめあって歌う姿に愛を感じる。
知っているのに曲名が浮かばないもの多数。
ラストは"Cover Me Up"で終えた。アンコール無しの75分、アンコールも演って欲しかったよ。
二人は手を繋いで仲良くステージを降りて行った。沁みました。
「これが最後じゃない」って言葉を信じたい。SSW然とした姿でなくロッカーの姿も
日本の聴衆に見せて欲しいよ。John Hiattの次の世代の信頼できるSSWは彼なのだから。
終演後、知り合いの連中と反省会名目の飲み会。これもまた楽し。

0

2020/1/13  0:12

最悪!グループ・リーグ敗退  スポーツ

オリンピック・アジア最終予選第二戦対シリアも日本は1-2と敗戦。
これで第三戦のカタール戦を待たずにグループ・リーグ敗退決定。話にならない、最低。
前半10分も経たずにPKで失点。相馬の得点で同点にするも後半終了間際に失点。
バックスの対応が悪い。詰めなければいけないのに引いて失点。先制出来ないと辛い。
攻撃も相変わらずシュートが少ない。最後の数分は攻めたけれど遅いよ。
今回の代表は皆失格。やはり五輪では海外組とオーバーエイジ頼みになりそうな感じ。
森保監督の采配に疑問符をつけられてもおかしくない大会になってしまった。黄色信号点灯。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ