2020/2/10  13:59

快挙!韓国映画がオスカー獲得  映画

朝一の歯医者が長引いた事もあり、オープニングのジャネール・モネイのパフォーマンスこそ
見逃したが、以降はアカデミー賞授賞式を最後まで見ていた。
主題歌賞でランディ・ニューマンやエルトン・ジョンが出ていたこともあり、
先日のグラミー賞よりもこちらの方がオヤジ的には馴染めてしまう。
ここでもビリー・アイリッシュが出てきて、物故者のコーナーで"Yesterday"を歌った。
こういう曲ではますます彼女の良さが見えなくなるワタシです。
そういえば京マチ子が上がっていたのにビックリしたが、「羅生門」が評価されているって事。
ピーター・フォンダの名前もあったが、最後の作品賞で姉さんのジェーン・フォンダが
プレゼンターとして登壇した。まだまだ張りのある顔で元気なのにもビックリ。
そして受賞作として韓国映画の「パラサイト」が読み上げられて更にビックリ。
国際長編映画賞受賞はうなずけるも、脚本賞、監督賞、作品賞と主要部門受賞は快挙だ!
全ての海外作品に門戸は開かれているという事で日本人にも勇気を与えてくれた。
カズ・ヒロがメイクアップで再度受賞、松たか子が歌曲賞で他国の人と共に
「アナと雪の女王2」の主題歌を歌う等と日本人も活躍は見せてくれた。
松さんの立ち位置は真ん中で良かったね。保守的なアカデミーも時代の流れには逆らえないか。

先だって乗ったターキッシュ航空でオスカー関連作を何本か観ていた。
見逃していた「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」と「ジョーカー」は
日本語吹替えで観た。
吹替えのない「ハリエット」と「ジュディ 虹の彼方に」は英語字幕で観ていたのだが
両方とも途中で寝落ちして最後まで観ず、失敗しました(汗)。
メジャーの航空機は新作映画が観れるのも醍醐味。但し、今年鑑賞にはカウントしませんので。





1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ