2020/8/12  16:33

歯ブラシでレコード盤をゴシゴシと  

今までは安レコのカビや汚れを落とすのにフラッシュ・ディスク・ランチの洗浄液で
ゴシゴシと拭いていた。溝に残った汚れも何回か回す事によって針が掻き出してくれる。
そこそこの効果はあるがチリチリが取れないものもある。
そこでラベル保護の道具を買って、水洗いと食器洗剤を付けて歯ブラシで擦る事に挑戦。
歯ブラシで相当ゴシゴシ擦っても傷にはならないらしい。
またそれくらいしないと溝から汚れが取れない。昨日今日と10枚程やったがそれなりの効果あり。
傷盤はどうしようもないが、埃を取る事によって傷ノイズが小さくなったものもある。
まあ、買ってる安レコは殆どが500円以下なので惜しげもない。消耗品気分でやってます。
FDRの洗浄液と併用しながらやるとします。
0

2020/8/11  16:25

危険な暑さ  

さっき買い物にスーパーまで出たが危険な暑さでしたね。
これは無理して出かけないに限る。昨日、書籍が数冊届いたので資産はあるし。
長梅雨でうっかりしていて帽子やカバンにカビが生えてこの間まとめて捨てた。
帽子が冬物しかないのがまずい。ここはキャップの1つでも買った方がよいかも。
それでも早稲田松竹へ映画を観に行く気はある。明後日は32℃位らしいがどうなのか?
1

2020/8/10  10:43

「僕の読書感想文」を読了  

湯島の中古レコ屋で買ってきた「僕の読書感想文/近田春夫」を読了。
「家庭画報」に10年に渡って掲載した書評コラムを1冊にまとめたもの。
そんな訳で1話が短く、適当な時間に少しずつ読んでいた。
近田氏は色々な所で文章を書いているので、本業の音楽家とまた違った顔を見せてくれる。
何より文章表現が綺麗なのがワタシにとっては気に入る所です。
この本を読むといかに沢山の出版社がある事に気付く。
但し出版されたのが2008年12月だけにもはや干支も一周。
この間の出版不況を考えると、どれだけの出版社が生き残っているのかは怪しい。
それでも幾つか気になった本もあるので、古書店等でチェックしてみるのもよろしいかと。
新聞購読をやめて以来、書評を読んで購入する機会が無くなった事にも気づかされた。
0

2020/8/9  18:28

2マン  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

本日は近場のなってるハウスのマチネに出没。GofishとHope & McCullersの対バンは
どちらもお初ですが、メンツに引っかかるものありで出かけてみました。
散歩気分で行けますので。
先攻はGofish。本来はギター&ボーカルのテライショウタのソロユニットであるが、
この日はギター、ピアノ、ベース、ドラムスのバンドスタイルの4人で
優しいフォーク・ロックを奏でる。知らない曲ばかりだが囁きげに歌うボーカルが
なかなか染みる。但しピアノの中山努に惹かれて来たのが本音。
彼氏は細やかに鍵盤を叩いてくれた。全体に静かなたたずまいの45分。
転換中に中山氏を直撃。「古い話ですがT-BIRD大好きだったんですよ。
PANTAとも長かったですよね、結構観てます」と言って掴みはOK。
Gofishへはテライのレーベルの社長とお知り合いでお手伝いしているとの事。
「今日はチョット大人しいよ」なんておっしゃってた。
10分の休憩後にHope & McCullers登場。ギターの桜井芳樹を中心にチューバが2管に
ドラムスの編成。インストだがこれがタイトで面白い演奏だった。
北山ゆう子のドラムス良かったな。桜井芳樹の弾くテレキャスも所々ガルシアっぽい感じがした。
途中からゲストでギターが1本加わった。対バン勝負では後攻に1票を投じよう。50分。
知らない2マンだがなかなか楽しかった。生ビール3杯にトルティーヤチップスと
お店にもそこそこ貢献できた。帰り際に中山氏に挨拶。最近どんな方と演っているのかと
聞くと「越中(H.U)と一緒にTwo By Twoってのをやってる」とおっしゃる(驚)。
機会があれば伺いますとその場を後にした。
まだ明るい、浅草のスーパーへ足を伸ばすには十分だ。



0

2020/8/9  10:25

ブルーノートで上原ひろみの連続公演  音楽

ブルーノート東京で今月末から来月にかけて上原ひろみが4種類16日の公演を行う。
これは全種類観ても良いが、少なくともどれか一つは観に行きたい。
web予約のみのようなのでこれは要チェックです。配信は嫌いよ、生が好き!

0

2020/8/8  23:41

再開ビルボード東京  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

渋谷から六本木へ移動、今月から再開となったビルボード東京へ
お初のOrange Pekoeを観に行く。
会場支援の意味合いもある。ナガシマトモコはドリカムの吉田美和やbird的な歌い手と
ワタシは捉えている。音的にはブラジル入る時もあって流麗である。
チェックインすると予約した席より1列前にアップグレードしてくれた。
フロアは横並びの席配置になり、席数も半分位になっている様だ。
バーガーのセットにナッツ、黒ビールの杯を重ね開演を待つ。飲食にも当然協力です。
前回来たのは1月とお久ですね。
19:30を回り、ギターの藤本一馬とサポートのピアノ、ウッドベース、ドラムスが出て来て
演奏を始める。そしてボーカルのナガシマトモコが出て来て"Honeysuckle"から始めた。
時折挟むスキャットが良い繋ぎになっていた。
この日はベスト盤アナログの発売記念となっており、選曲がベスト的で知っている曲もちらほら。
"Selene"のしっとり感があったかと思いきや、アップテンポの"太陽のかけら"や
"空に架かるCircle"で場を盛り上げた。ナガシマの柔らかな動きに比例化する様に
歌も柔らかで良かった。この人はちゃんと歌える人だ。
そしてサポートを含めバックもタイトな演奏で素晴らしい。特にピアノは最高にハマっていた。
藤本はバンド形態なので終始エレキで通した。
本編ラストを"やわらかな夜"で終え、アンコールで"Birthday Song"ともう1曲で締めた。
80分。なかなか良かったので10月のブルーノート東京公演も行ってみようかな。
10月は二人で演るらしいのでもっとアコースティックな感じなのだろう。
大きいステージでの生音も久しぶり。アンコールでステージ裏の幕が開き六本木の夜景を臨む。
久しぶりの夜景は新鮮であり、また見ることが出来たことに喜びを感じている自分がいた。

1

2020/8/8  23:34

インディアン嘘つかない  映画

出かける用事があったので、本日初日の「ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち」を
渋谷ホワイトシネクイントで観る。最近流行ですね音楽ドキュメンタリー。
本音を言えばリンク・レイがインディアンだとは知らなかった(汗)。
バフィー・セント・メリーやジェシ・エド・デイヴィスは容貌から判りやすいのですが……。
ロビー・ロバートソンも大っぴらにカミングアウトしたのはソロになってからなのでは。
黒人よりも先住民族の方が扱いがキツかったってのは初耳。
ニューオリンズで男はアフリカへ送られ、女はアフリカから来た黒人と結婚させられた。
それによって先住民としての権利主張が無くなったってホンマか?後のネビル兄弟はこの類。
ジェシ・エドが結構フューチャーされていたのも嬉しい。
JB自身による"Doctor My Eyes"の一発OKの話もあり。あの曲でジェシ・エドも永遠になった。
こういった切り口もあったかの一作を堪能。


1

2020/8/6  8:45

広島平和記念日  ニュース

原爆投下の日は避けて広島平和記念日と呼びたい8/6。戦後もついに75年となった。
1年に一度位は平和であることの有難みを感じよう。であれば憲法改正なんて気にはならない。
唯一の被爆国である日本は反戦を唱え続ける義務を感じるべきなのではと思ってます。
昨日のベイルートの爆発事故はキノコ雲の様なものが見られてゾクッとさせられた。
追加情報が流されたレポートに重信メイの名前を見る。連合赤軍の闘士・故重信房子の娘。
彼女の名前も段々と風化されていってしまうのかもしれない。温故知新の精神は生き延びたい。

昨日、定期健診で血液検査をしたらいずれの数値もクリアの範囲内であった(喜)。
コロナや長雨で行動範囲が狭くなっていたが、毎朝欠かさず体操を続けていた効果有か。
些細な事だが何か嬉しい。暑くなったが気を付けて街にも繰り出そう。
そして家に居る時には適当に水分取って、ケチらずにエアコンもかけて夏を乗り切ります。
1

2020/8/5  9:28

追加給付があった  

昨日、厚生労働省からハガキが来ていた。
開けてみると失業保険の支給金額が誤っていたので追加給付したとのご案内。
金2,272円也。口座をチェックしてみる確かに振り込まれていた。もう5年も前のもの。
失効しなかったことを喜ぶべきなのか、ずさんなお役所仕事に怒りを覚えるべきなのか。
いずれにしてもちょっと嬉しい気持ちが湧いてきた。本や音盤買う足しにはなるからね。
0

2020/8/4  16:44

長〜いお付き合い  映画

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

公開が今週の金曜迄なので新宿k's cinemaへ赴き「zk/頭脳警察50 未来への鼓動」を観る。
"落ち葉のささやき"等が休憩中に流れた後で本編開始。知ったエピソードも多いが、
ロシアW杯後の2018年8月にクリミナのヤルタでライヴを演り"7月のムスターファ"を
歌っていたのは知らなかった。PANTAとTOSHIが揃ってこその頭脳警察。
何度となく集合・離散を繰り返して来たが生きている限りは続くことなのか。
"万物流転"はタイトルを含め重要な曲だと思ってます。
エンドロールで新曲"絶景かな"が流れる辺りまだまだ進行中。

「木下君、頭脳警察って知ってる?」「おっ、PANTAね」。
1975年秋の日の同級生M松君との会話。「オレ、レコード欲しいんだけど売ってないんだよ」
「この間、竹ノ塚のレコード屋で見たよ」。放課後に二人でチャリを飛ばして店へ向かい、
M松は「悪たれ小僧」ともう1枚のLPを買った。
M松とは高2の時に同級生になり、彼は音楽に詳しく色々と知らない奴らを教えてくれた。

PANTAはNHKラジオ「若いこだま」を聴いて知っていたが、そんな訳で1976年4月の
日比谷野音のフェスに頭脳警察解散後のソロでPANTAが出演すると聞き
M松と出かけたのである。
近田春夫のハルヲフォンがバックを務めたが、アンコールに応えて
「こいつら下手くそだからもうできる曲ないんだよ」みたいな事を言って同じ曲を演った。
カッコ良かったなPANTA。
オープニングがデビュー前の柳ジョージ&レイニーウッドで、サンハウス、ムーンライダーズ、
ハルヲフォン、コスモス・ファクトリー、帰国が遅くれた内田裕也の代わりに
ムッシュかまやつが出て、トリは前年にキャロルを解散していた内海利勝だったと
記憶している。なんとも時代を感じさせます。
帰りに数寄屋橋のハンターに寄って、M松はジョージ・ハリスンの
「バングラデシュ・コンサート」の中古LPを買った。
ワタシと違って、M松は何故かいつも金を持っていた(笑)。
そのすぐ後にPANTAの1stが出たはず。"マーラーズパーラー"の歌詞は小僧には
まだまだ難解だった(汗)。平田国二郎がプロデュースするフライングドッグ・レーベルの
硬派なバンドが好きだった。

その後もPANTAは結構聴き続けていた。世間を騒がした「KISS」のスウィート路線を
大好きだったレーベル・メイトのT-BIRDをバックに行った1981年の郵貯ホールでのLIVEも
忘れ難い。キーボードの中山努は長くPANTAのサポートを務めてくれた。
すでに石川セリに中村治雄名義で"ムーンライト・サーファー"を提供するなど
ポップな表現の実験は行なっていたはず。厚生年金でのセリのコンサートのアンコールで
井上陽水とPANTAが呼び込まれ、"ムーンライト・サーファー"のコーラスを付けたのも遠い日だ。

数年前に下北沢で再びスウィート路線のLIVEを観れた事にほくそ笑んだものです。
心優しく純な人。但し、今の風貌はイマイチ受け入れ難いんだよな(笑)。
それではユニオンに寄って帰ります。

0

2020/8/3  19:26

長〜いお散歩  

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

梅雨も明けたので6月にオープンしていた東京ミズマチまで歩く。
隅田川を言問橋を渡って行くがちょっとショボかった(笑)。
リバーウォークを通って浅草の雷門へ。給水してから一気に御徒町まで更に歩く。
以前に亀さんがインフォしていた湯島の中古屋・東都レコード&ブックスが
7月末にオープンしていた。
中古アナログ3桁が基本のワタシですので、狩猟出来るものは少なかったが、
ストックは興味の範囲のモノが多かった。
アナログとCD以外にカルチャー的な本が結構あるのが何より嬉しい。
御祝儀代わりに「KYLYN LIVE/渡辺香津美」2枚組千円、
「僕の読書感想文/近田春夫」900円を購入。
上野の映画館から近いのでまた映画を観た時にでも寄ってみよう。
散歩には長すぎる約3時間・14,858歩。
シャワー浴びてメシにします(笑)。

0

2020/8/3  11:26

マウスピース  

「歯ぎしりして前歯が欠けている」と言わても寝ている時の事は分かりません。
型取りしたマウスピースが出来たので歯医者へ取りに行く。
ピッタリと装着感は良い。寝る前に着けてねと。メンテは水洗いで良いらしい。
但し、消耗品らしく穴が開いたら好感してねとの事。すっかり鴨ネギ状態か(笑)。
3千円ほど払って帰ってまいりました。長持ちを祈るばかりです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ