2020/11/12  16:58

B級ニューシネマ  映画

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

曇天の下、ヒューマントラストシネマ渋谷で「ストックホルム・ケース」を観る。
チェット・ベイカーの映画「ブルーに生まれついて」と同じ監督と主演。
近年、イーサン・ホークの出演映画を観る機会の多いワタシです。
実話に基づく映画で、ストックホルムの銀行強盗と人質が連帯感を持ちながら脱出を図る様は
一昔前のニューシネマの体をなす。
1973年の時代設定は冒頭からディランの" New Morning"を流し、エンディングでも
彼の歌を配している。
劇中にもあと2曲使われ、犯人二人が昔を思い出して二人で歌うシーンもある。
70年初頭のディランの歌声は綺麗で穏やかだ。
70年代ニューシネマならデッドエンドに入り込んだ犯人達はラストで死ぬのだろうが、
ここでは人質との連帯を持ちながらほっこりと終わる。
「行き止まりの青春」は過去のものなのだろうが、現代のB級ニューシネマとして
愛すべき作品であった。

0

2020/11/12  10:19

おっ、延長  旅行

アメリカン航空のマイレージが期限延長になると発表になっている。
但し2021.6.30迄なのでワタシには3か月の延長に留まる。
まあ、ここは予定通り来週JALに乗ってアメリカン航空へ加算して一息つくとしよう。
10日間天気予報では11/20の朝来は曇り一時雨。果たして雲海は見れるのか?
コロナの第三波と言われる今日この頃、Go To Travelで兵庫県へ行くのもチョット心配。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ