2021/5/31  18:27

これはキツイ仕事  

キッチンの排水が悪くなって早1週間程。何度かこびりついた油カスを取り除くもダメ。
根本的に清掃しないといけないと覚悟を決めた。
以前買ったままにしてある排水溝の洗浄剤「ピーピースルー」を使う時が来た。
取り敢えず網の部分までは歯ブラシで磨き、排水溝のカバーを外すと油ヘドロの山。
もう見るのも嫌になる。両手にビニール袋を被せ、カバーに付いた油ヘドロを取り除いて
カバーを洗浄する。排水溝にこびりついた油ヘドロをそぎ落とし、シンクの排水溝周りに
洗浄剤をまいてお湯で排水溝に流しいれる。
一晩おいてからバケツの水を2杯ぐらい流せば終わりらしいが如何なものか。
もう暫くはこの作業はしたくない。家事ではこれが一番キツイ仕事かもしれない。
0

2021/5/31  15:12

ユニフォームの受領に行ってきました  

御先の見え難い東京五輪&パラリンピックですが、ボランティア・ユニフォームの配給が始まり、
予約を入れて本日午後に受領に行ってきた。新設された虎ノ門ヒルズ駅から行くと
受付会場までは結構な坂でした。これは一駅先の神谷町から行った方が良かったのか。
13時の回だったので、昼食取ってから12:30に出発14:30過ぎに帰ってきた。
会場ではイベントは行われる事として作業が行われ、上から下までのユニフォームと
IDや交通費がチャージできるカード等を頂いた。
当初の読みからすると今日までが緊急事態宣言だったので、今日明日には開催の有無が
明確にされると思っていたが、宣言延長でそれもいつになるのやら。
個人的には準備期間が足りないと思っているし、有観客でやるならワクチン打たないで
我々は観客に対応する事になるのだろうか。ここは無観客でリスク減退しかないと思うのだが。
ユニフォーム等を配給されても、我々会場付きの顧客対応は無罪放免となるのでは。
まあ、会場の消毒等のお手伝いはするし、有観客で催行なら勿論やる気はある。
今日も配布会場では皆真面目に受領に来ていた。生真面目な日本人は一度決めた事は
中止が出るまでは簡単には投げ出さない。良い悪いは別としてこれも日本人の美徳の一つ。
ワタシもそんな中の一人です。ボランティアを簡単に辞退する人とは友達に成れそうにない。
1

2021/5/30  21:45

いつも最高の二人  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

パラっと一雨来た後はピーカン。本日はT字路sを観に東京キネマ倶楽部へ。
歩いても10分に満たない近場ですので感染リスクは低い。
昨年12月以来の彼等だが、その時も新譜リリースの公演だったので、セットリストが
変わり映えしていると良いのですが。1階後方11列目はミキサーの隣だが視界は良好。

17:31に客電が落ち、ワンピースに黒のベレー帽の伊東妙子と白いシャツにつば広ハットの
篠田智仁の二人が出てくる。エレキベースとセミアコのギターを手に取り始めるが、
チョット耳慣れない曲。新曲とは言わなかったがドキッとさせられて始まった。
それからは新譜から"宇宙遊泳"、"震えるたましい"と続く。
日本語でのベッシー・スミス"電気椅子"、研ナオコ"かめもはかもめ"、
闘病中のハリーにエールを送ったストリート・スライダーズ"のら犬にさえなれない"と
カバー3連発に痺れる。オリジナルも良いが、情念たっぷりな伊東のカバーもたまりません。
"電気椅子"では篠田はウッドベースに持ち替えていた。
"涙のナポリタン"では篠田はコーラスもつける。"JAGAIMO"や"暮らしのなかで"等
何曲か演ってラストは"夜明けの唄"で1部は50分であっという間に終了。
伊東は何曲かでアコギも弾いていた。

20分の休憩後、お馴染みの伊東の物販コーナーから再開。
そして二人はウッドベースとアコギを取って新作から5連発。
"沼"は久しぶりのブルージーな曲だが、かってはこんな感じが強かった事を思い出させてくれる。
3曲目位からはエレキベースとセミアコに持ち替えるが、
伊東は曲間でビブラフォンやピアニカを演奏するなどしてアクセントを付けていた。
"最後の手紙"は好きな曲で聴けて良かった。
終盤は"はきだめの愛"、森進一カバー"襟裳岬"、「T字路sの人生の応援歌」である"泪橋"、
"T字路sのテーマ"とお馴染みの曲で盛り上げて本編を終えた。終盤の流れは最高でした。

アンコールでは伊東はお得意のでんぐり返しで登場し、カンザスシティバンドのカバー
"新しい町"、"これさえあれば"と初期からずっと歌い続けて来た曲を演ってくれた。
これで終わりかと思いきやWアンコールを二人はしてくれた。
知り合いに勧められたという曲は、和田アキ子のカバー"あの鐘を鳴らすのはあなた"。
今の世相に合ったこの曲を伊東は熱唱した。
彼女が歌うのは初めて聴いたがこれがなかなかのはまり具合。とっても良かった。
下田兄ィとの昭和歌謡カバー・デュオ「シモタエ」もまたやって欲しいと
切に願うばかりだ(祈)。
2部は70分。12月と違った構成で満足度高し!
昭和キャバレーの香りを残すこの会場で聴く彼らは最高です。

「皆さん、家へ帰ったらエア乾杯しましょうね」とは伊東の弁。了解しました(笑)。
次回も楽しみにしておりますので。

0

2021/5/30  8:30

欧州チャンピオンズリーグ優勝はチェルシー!  スポーツ

欧州サッカーのシーズン最終試合となるCL決勝のマンチェスター・シティvsチェルシーは
1-0でチェルシーが9季ぶり2回目の優勝。マンCの初優勝はならなかった。
ヨーロッパリーグに続いて目覚ましで起きてウトウトしながらの観戦。
はっきり言ってプレミア勢同士の対戦は興味がイマイチ。1-0というスコアも残念な結果。
土壇場でトルコのイスタンブールからポルトガルのポルトへ会場変更。
それでも30%の有観客であったので盛り上がった感じはする。ファンあってのプロスポーツ。
これで今季のサッカーシーズンも終了。来月にはミニW杯とも呼ばれる欧州選手権が始まる。
何度か行ったがこれも楽しい1ヶ月だ。但し今回は何か国かの大都市開催と違った形式。
やはり1ないし2か国での開催で国中がお祭り騒ぎになるのが楽しいとワタシは思うのです。
迷走を続けるUEFAって感じは否めない。それでも試合は熱戦となるのでWOWOW放送が楽しみ。
0

2021/5/29  16:10

「ギター・ブギー・シャッフル/イ・ジン」を読了  

Readin' Writtin' BOOK STOREで買ってきた「ギター・ブギー・シャッフル/イ・ジン」を読了。
韓国の女流作家イ・ジンの翻訳小説。思えば韓国人の小説って初めて読んだはず。
1960年代初頭の朝鮮戦争後のソウルでバンドマンの生活を通したある種青春小説。
作者は1982年生まれであり、史実や世相を調査して書き上げた様だがなかなか瑞々しい。
日本の戦後もこんな感じで米軍キャンプをミュージシャンは回っていたのではと思いながら
読み進めていた。時代は既にロックの時代に入っていたので現代に通じるものも多い。
登場人物の後日談も淡々と記述している。宴の後は穏やかな時を感じた。
題名は文中でも何度か出てくるがベンチャーズの曲名から取っているが収まりは良い。
装丁も躍動感があって美しく思わず手に取った次第。リアル書店ではこういうのって大事ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2021/5/28  21:18

日本10-0でミャンマーに大勝し最終予選へ  スポーツ

コロナ禍かつ国内がクーデター状態にある中でミャンマーはW杯予選に来日してくれた。
形的にはミャンマーがホームの千葉の試合だが、日本はベスト・メンバーで10-0の大勝。
前戦の対ベトナムが14-0、この日も10-0と相手は別にしても2試合続けての二桁得点は凄い。
日韓戦も力の違いを見せつけたし、今の日本はアジア最強かも。最終予選でイランや
オーストラリアとどういった試合をやるのか楽しみ。真ん中の大迫はこの日も5ゴールしたし、
2列目の3人は違った個性で攻撃を形づける。久保の出る幕は今の所なしでしょうがない。
ボランチとバックスも固まってきたようで大きな失点をする気配がないのが頼もしい。
昨年メキシコにはやられたが、世界の強豪と手合わせしたいと思わせてくれる。
このまま最終予選を駆け上がってカタールへ連れていってくれる事を確信してます。
五輪にオーバーエイジで参加する吉田・酒井・遠藤の3人も開催されるなら力を発揮して貰いたい。
その間にフル代表の他の選手が目の色変えてレギュラーを争うのも楽しみだ。ナイスゲーム。
0

2021/5/28  16:14

マイナンバーカード取得  

申し込んでおいたマイナンバーカードができたらしく、本日午後に区役所へ取得に出かけた。
少し待たされたが無事にゲット。保険証も今後はこれに切り替えになるようだし、
確定申告にも来月に迫った年金の申告にもこれがあれば住民票等は要らないらしい。
何よりも3月までに申請すればマイナポイントの申し込みも間に合うとの事で欲の皮が張った(笑)。
帰って来てからマイナポイント申請にいつもスーパーで使っているクレジットカードを
紐づけして登録した。上手くすれば5千円分のポイントが本年末に還元されるらしい。
まあ一つやるべき事が終わって良かった。来週は遅くなったが年金申請書の記載をしよう。
予約して年金事務所で相談してから記入した方が無難かも。散歩には適当な距離ですしね。
1

2021/5/27  8:51

壮絶なるPK戦  スポーツ

ヨーロッパリーグ決勝ビジャレアルvsマンチェスター・ユナイテッドを観るために
目覚まし時計をかけて朝早く起きた。キックオフは4時。ポーランドでの9千人の有観客。
有利を予想されたマンUだったが先制され、後半にカバーニの同点弾で追いついた。
それからも優勢を続けながら延長を行っても1-1は変わらなかった。途中暫し居眠り(汗)。
そしてPK戦へ突入。ここからが凄かった、何せどちらもゴールを挙げ続ける。
外しもせず、GKのセーブにもあわずにフィールド・プレーヤーの各10人が終わった。
そしてGKがキッカーとして登場し、ビジャレアルのルジは決めたがマンUのデヘアはセーブされた。
いや〜、良いもの観させてもらいました。こんなに決め続けるPK戦は観た事ない。
優勝したビジャレアルおめでとうございます。久保もグループ・リーグでは出て
ゴールを挙げたのも遠い事。我慢して居続ければ優勝を味わえたかもしれないが後の祭り。
週末のチャンピオンズリーグも楽しみです。
来季はカンファレンスリーグなるものもUEFAではできるらしいが、水増しの感は強い。
スーパーリーグ構想からの離脱を表明していないチームへの裁定も近々でそうですね。どうなる?
1

2021/5/26  20:21

ピアノ・デュオに酔う  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

短いインターバルでブルーノート東京を再訪。本日は上原ひろみx矢野顕子の
ピアノ・デュオを観に来ました。人気プログラムなので初日1stに何とか滑り込めた。
左横から観る様です。先週の上妻宏光から相方が上原ひろみに代わることによって
世界はすっかり変わります。

カツサンドとナッツを摘み、ノンアルコール・ビールで営業協力。
飲食してると会員来場ポイントが貯まったようでスタッフが招待券を持って来てくれた。
次回はチャージ・フリーで観させてもらいます(喜)。

定時の17時に客電が落ち、右手から上原さん、左手から矢野さんが舞台に上がる。
パイナップル・ヘアーの上原さんは緑のポンチョ風のアウターにサイケなパンツ、
矢野さんは白のワンピースにニットのベストの出立ち。
上原さんのカウントで始まり暫くすると矢野さんが歌うは"ラーメンたべたい"。
「初っ端からこれかい」と強烈なカウンター。歌の無い間奏部でのインタープレイが素晴らしい。
次は"げんこつやまのおにぎりさま"だったか、それとも"たぬきさん"?
いろいろ間に挟んであった様な。
そして矢野さんが上原さんにリクエストしたという"Dreamer"はとてもエモーショナルな演奏だった。
ピアノ専念の上原さんにより凄みを感じるが、矢野さんには歌もある。
「ブルーノートの影のオーナー」と矢野さんに言われる様にコロナ禍での
上原さんのお店への貢献度は高い。

ここで矢野さんが舞台を降りて上原さんのソロ、そして攻守交代しての矢野さんソロと
それぞれ一休み。一人での自由さもありです。
本編ラストは「私たちの初期のヒット曲」と言う"りんご祭り"
("リンゴの木陰で"と"リンゴの唄"の合体)は古のジャズの感じがとっても良い。
おおらかなオーラに包まれた感じがした。

アンコールでは販促Tシャツに着替え、上原さんの演奏で矢野さんセンターマイクで歌い、
大ラスにもう1曲"飛ばしていくよ"でぶっ飛んだ演奏で終えた。70分ちょい越え。堪能。

矢野さんと大貫妙子が戦友ならば、この二人は歳の離れた姉妹の様なもの。
息あってます。どんなリハをしているのやら(笑)。
但し、今日明日の平日の2部が19:30開始なのは勇み足っぽいぞブルーノート!


0

2021/5/25  10:44

「物語のおわり/湊かなえ」を読了  

図書館で借りて来た「物語のおわり/湊かなえ」を読了。
未完の短編が人を介して繋がっていく間に、それぞれ読み込む人が結論を夢想する。
最初は短編集なのかと思って読み始めたが違っていた。誰もが自分に当てはめて想像する。
こういった構成って何冊か読んできた著者の本にはなかったもの。
新機軸か?コアな読者に好まれたかは分からないが新たなる引き出しを見た思い。
さあ、返却期限も明日迄なのでこれから返却してこよう。もう少し湊さんの著書は読むつもりだ。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2021/5/24  15:32

Tonny Joeからの最後の便り  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

昨晩ライブから戻るとポストに1枚のCDが投函されていた。
「Smoke From The Chimney/Tonny Joe White」が海を超え3週間してやって来た。

2018年に亡くなった彼のホーム・デモをThe Black KeysのDan Auerbackが
ナッシュビルのミュージシャンとバックを付けて作品としてまとめてくれた。
これが何ら違和感のない極上の一品。エレキの鳴りの良い曲のスワンピーさに唸る。
それでもワタシはRy Cooderが演っていてもおかしくない様な
Tex-Mexな"Del Rio, You're Making Me Cry"にほろりとさせられる。

ありがとうDan Auerback、Tonny Joeの魂に安息の日々が訪れる事を願って!

1

2021/5/24  15:26

米と卵があれば  

米櫃の底が見えるようになってきたので、午後に業務スーパーへ米の買い出しに赴く。
コシヒカリ5kg持って帰るのも重労働なので、他の物は余り買えないのは仕方ない。
それでも「米と卵があれば生きていける」とはバア様の金言。
これで暫くは問題なく自炊生活ができるというもの。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ