2021/6/7  21:29

日本代表対タジキスタンは4-1で勝利  スポーツ

サッカーW杯アジア2次予選の日本vsタジキスタンは、最終予選を決めている日本が4-1で勝利。
U24のオーバーエイジ枠で守備の主力を抜かれており、今回はテスト的な色合いの試合。
4バックは総取替であり、ボランチには川辺が先発した。
前線も南野は残したが左に原口、右に古橋、トップに浅野を起用した。
最初はスペースがあり浅野のスピードも生きたがそれも序盤のみでしたね。
それでも浅野のシュートから古橋が押し込んで先制。
しかしそんなに経たないうちらタジキスタンにヘッドで同点弾を叩き込まれる。
相手にルーズボールが渡る事も度々あり、この日はやはり連携はイマイチ。
2次予選を無失点でいた所を失点してしまい、今日先発したバックスが最終予選に残るのは
ちょっと厳しくなったか。
前半の内に南野が流石の勝ち越しゴールを挙げて2-1で前半を終えたのはまずまず。
後半も交替枠をフルに使って選手を試し、橋本・川辺に代表初ゴールが生まれて4-1の勝利。
後半に鎌田が入る事ににより、前線に落ち着きが生まれた事は間違いない。
もはや鎌田は前線の指揮官としての地位を確立した感がある。今後も楽しみな選手です。
今月の残り2試合で更に選手のテストは続く。今日は谷口はボランチで入れたが、
次は植田と共にCBでテストされるのでは。予選のキルギス戦よりもセルビア戦に注目です。
0

2021/6/7  8:46

夢の日本人プレイオフ  スポーツ

何と全米女子オープンで19歳の笹生優花が-4で優勝。それが畑岡奈紗とのプレイオフ!
1打差の2位スタートで何かやりそうと思ったので2時に早起きしてWOWOWの放送を観ていた。
2.3Hで連続Wボギーでレクシー・トンプソンとの差が大きくなるとうつらうつら。
目が覚めるとレクシーが落ちてきて畑岡が急追。
笹生も終盤バーディを重ねて何と日本人同士のプレイオフに。そして3ホール目で決着。
アメリカでずっと研鑽を続けて来た畑岡にカップを挙げたい気もしたが、勝負は時の運。
笹生はパク・インビの最年少記録に日数も同じという目出度い事が重なった。
アメリカ的には二重国籍のフィリピンを国として扱うのだろうが、我々目線は日本人。
閉塞感の強まる今、松山のマスターズに続く明るい話題を届けてくれた。
これで五輪&パラリンピックに追い風とは思わないが、スポーツの筋書きのないドラマは楽しい。
笹生はフィリピン代表で畑岡は日本代表で五輪のゴルフ競技に出る予定ですので。
笹生選手おめでとうございます。畑岡選手これからも期待してますので全米プロ頑張れ!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ