2021/7/9  11:24

結局は無観客開催の道を行く  スポーツ

7/12から8/22にかけての緊急事態宣言を受け、昨晩の5者会議で五輪の1都3県の
無観客開催が決まった。いよいよワタシのボランティア活動も無罪放免か?
以前から無観客開催しかないと唱えていた身としては、この裁定は簡単に受け入れられる。
それよりも今では遅すぎるだろうと言えるし、パラリンピックは五輪閉幕後に決定とは呆れる。
コロナの勢いが落ちていたら有観客開催にするつもりなのかもしれないが、
健常者以上にハンデキャッパーの皆様はセンシティヴな事が多いと思われるのだが。
プロ化された五輪よりもパラリンピックに五輪精神は残されていると思っているので、
無観客になってもパラリンピックが事故無く行われる事を祈りたい。あくまで擁護派の顔ですが。

パラリンピックが未決なので、ボランティア場所の渋谷区某所での明日の会場研修は
行われるものと思っていたが、先ほどメールが来て現場研修は取り敢えず中止となった。
今さらボランティア業務の変更が来ても、心象的には受け入れがたいがどうなる事やら。
パラリンピックがもし有観客になるならば五輪後に現場研修を行う気なのだろうか。
糾弾されるべきは政府と組織委員会幹部であり、実務部隊やボランティアに罪は無いと思ってる。
暫くはスポーツの1ファンとして動向を見守るとします。
それでもボランティア枠でのコロナワクチン2回目の接種は受けさせてね(笑)。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ