2021/7/10  16:39

魂の咆哮  映画

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

シネ・リーブル池袋で「アメイジング・グレイス アレサ・フランクリン」を観て来ました。
DVDを所有して何度か観ているが、やはりデカい画面で日本語字幕の大きな音での映像は
格別だ!
若き日のアレサが彼女のルーツである教会でゴスペル・ベースの魂の咆哮。
礼拝席にはあんな人も、そして演奏はお馴染みの面々。こちらの魂も震えるってもの。
彼女の晩年に渡米し、何度か観戦を試みるも二度のキャンセル・払い戻しの後に天上人に。
生歌聴きたかったよ😢エイメン!

本来、今日の午前は五輪&バラのボランティア会場研修であったのだが、
五輪の無観客開催決定でドタキャンとなった。
何故かパラリンピックは未決だが、どうやら自分の業務は無くなりそうな気配だ。
ユーロやW杯等のサッカー国際大会で何度も諸外国のボランティアのイキイキとした姿に
迎えられたこともあり、お返しの意味も含め五輪&パラのボランティアに志願していた。
志願理由は人それぞれだろうが、ボランティア志願者の気持ちは
誰もが純粋なものであると信じたい。
「永田町に加担する人々」と括られて人格を疑う様な書き込みも散見したが、
気持ちは「嵐の中の船上」の気分でした。
船乗りたるもの安易に先に下船はできない。降りるべき人々を先に降ろし、
船長から最終下船命令が出た今、胸を張って船を降ろさせてもらいます。ハレルヤ!

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ