2021/9/22  18:29

「別世界旅行/日本経済新聞出版社編」を読了  

図書館で借りて来た「別世界旅行/日本経済新聞出版社編」を読了。
カラー写真多数で世界の22か所を紹介。リゾート感たっぷりに豪華な旅を紹介している。
ワタシの行っている旅のスタイルとは異なるが、観ている分には楽しい。
チリのパタゴニア等幾つかは行ったことがあった。
旅のコース・旅程や行き方などの情報も豊富、概算予算も出ているのは親切だ。
還暦過ぎたし、ワタシももう少し旅のグレードを上げても良いかなと感じさせられる。
まだまだ体が動くので早々変わる事はないかな。
それでも行ってみたい場所は幾つもありましたので参考にはさせてもらいます。

さあ、借りて来た本は全て読み終えたので、明日返却に行ってまた何冊か借りてこよう。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2021/9/21  16:23

サッパリ  

頭がボサボサなので午後から散髪へ出かけた。
今日は待ち時間もなくすんなりとやってもらえた。天パーなので伸びると厄介なのです。
短くなったのでサッパリしたぜ。週末は温度も上がる様だしこれで散歩も問題なし。
帰りにスーパーで買い物して帰ってきた。

昨日はアナログ盤の音が悪くなって来たのでカートリッジの針交換をした。
やはり交換すると素人の耳にも違いが分かる。
散髪も針交換もストレス溜めずに時期観て行うのがよろしいようで(笑)。
0

2021/9/20  8:49

「山女日記/湊かなえ」を読了  

図書館で借りて来た「山女日記/湊かなえ」を読了。
桐野夏生作品を一冊挟んだので湊作品を穏やかに感じて仕方ない(笑)。
作者が登山愛好家という事もあり、楽しんでペンを進めたのではないかと推測する。
登場人物をクロスした短編を連作にするやり方は以前にも読んだ事がある。
どの短編も他人とのやり取りで心が変化していく様を描いている。
その中に山の風景をうまく取り込んでいる感じはする。自然も四季によって姿を変えるもの。
最終編はニュージーランドのトンガリロを背景に綴っている。
ニュージーランドはトレッキングの宝庫、一度行ったことがあるが次回は是非歩いてみたい。
海外へ出ると機会があるとトレッキングやハイキングを行う事がある。
本格的登山はムリだが自然の中を歩くのは気持ちの良いものだ。
再来年の女子サッカーW杯はオートラリアとニュージーランドの共催である。
ニュージーランドのでの試合をベースに合間にトレッキングを楽しむのも悪くない。
残念ながら6月はオフシーズンとなるが通年開いている所もあるらしい。夢想は尽きない(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2021/9/19  12:36

太っ腹  旅行

昨日英国政府は日本からの渡航者の水際対策を緩和する旨を発表した。
これによると10/4から日本からの渡航者はワクチンの2回接種をしていれば、
渡航前のPCR検査と到着後の10日間の自主隔離が不要となる。これは嬉しいニュース!
相手国への到着後と日本帰国後の隔離が一番のネックだったが、これで片側はOK。
帰国後は14日間の自主隔離が今後緩和されるかが注目。
出国72時間前の陰性証明書が必要ってのもハードルが高い。現地でPCR検査をするって事ね。
そして自主隔離は特定のホテルか自宅で行うが、移動は公的交通機関は使えない。
ワタシは一人住まいなので自宅隔離できるが、移動にハイヤーを使うと2〜3万円位かかる。
探せは乗り合いで安いものもある様だし、成田から上野までスカイライナーの該当8号車を
4,500円で使えるらしい。ここから徒歩で帰るのは認められるのであればこれが最安かも。
こう考えるとまだまだ帰国後のハードルは高いな〜。希、緩和!
1

2021/9/18  9:08

NHKらしくないドラマ出た〜!  

昨晩から始まったNHKのドラマ「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」がぶっ飛んでる。
主演に池松壮亮、相棒の警察犬にオダギリジョー。そして脚本・演出もオダギリが務めている。
そして麻生久美子も池松の相棒役で出ているのでテイストに「時効警察」的なバカらしさを感じる。
しかしあちらは民放のテレビ朝日だが、こちらは天下のNHKですからね。
観ているとその他の豪華なキャストに混じって鈴木慶一と細野晴臣も出ていてビックリ。
全三回だが残りの回でどんな出演者が現れるのか楽しみです。しかし、NHKらしくないな〜(笑)。
エゴラッピンの主題歌もカッコイイね。

0

2021/9/17  9:33

「IN/桐野夏生」を読了  

図書館で借りて来た「IN/桐野夏生」を読了。
「これって読んでたかな?」と半信半疑で読み始めたが、思い出すものは無かったので
多分初見だったはず。まあ、最近は記憶も衰えつつあるのだが。怖いよ痴呆が。
彼女の作品を読むのも久しぶり。「OUT」は読んだが「IN」は読んでなかったか。
何かしら澱んだ重さを感じさせる小説は、彼女の優れた点だと思う。
スッキリはしないが頷ける読後感、文章表現が美しい日本語で綴られているのが嬉しい。
男と女の間には深くて暗い河がある。「黒の舟唄」の歌詞を何故か思い起こした。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2021/9/15  14:21

呼んだ?  

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

本日は世田谷文学館へ来てます。

先週、図書館で借りてきた故安西水丸(2014年没)の著書「地球の細道」を読んでいた。
旅のエッセイとイラストはワタシの趣味のど真ん中。文末を締める後味の良い表現が素敵だ。
読後に著者を検索してみると9/20まで世田谷文学館で「イラストレーター安西水丸展」が
行われている事を知った。それも8月末までの予定が延長になっての事。

「これは呼ばれたな」と思ってしまった。
「水丸さん、お盆は終わりましたよ。ちゃんとあの世へ帰ってくださいね。」

これは何かの縁とやって来たのでした。
入場料900円払って1時間程かけて一回り。ガロに漫画も描いていたんですね。
温かみのあるイラストや展示物に混じって配されるキャプション的な文章が沁みる。
享年71歳、まだまだやりたい仕事も行ってみたい場所もあったに違いなかろうが、
人生を謳歌した事はこの展示会からも伺える。

趣味と仕事を境無く楽しんだ事だろう。

0

2021/9/14  22:13

8年ぶりのCURE JAZZ  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

雨の中を渋谷から歩いてブルーノート東京へ。
UA x 菊池成孔のCURE JAZZの久しぶりの公演である。
沖縄を離れ、今はカナダの島に住むというUA、今年(昨年)はデビュー25周年らしく
ソロにAJICOも復活させ、まとめて出稼ぎに来た様だ(笑)。
ついでに倅の村上虹郎にも会ったのかな?この日は右手ステージ横からから観る座席だ。

定時の19:30になると客電が落ち、ピアノ、ベース、ドラムス、サックスから成る
バンドの4人が出てくる。
バンマス菊池のメンバー紹介でUAがトイレタイムで遅れてる旨を暴露。
自らの紹介を「元カリフォルニア知事のアーノルド・シュワルツネッガー」とするなど
菊池のエンジンは全開だ。
遅れて登場のUAは髪も爆発気味、アイラインはキッチリとグラマラスな感じがカッコいい。
Youtubeで少し聴いてきたが、オリジナルの英語タイトルは覚えきれない。
歌詞も英語でUAの攻めの歌唱が随所に聴けた。
カバーの"Over The Rainbow"も超スロー・アレンジでピアノとのデュオから後半部に
バンドが一体化する様が素晴らしい。ベースの弓弾きもリード楽器の様で聴かせてくれる。
バンド・メンバーは一新したらしいが、誰もが達者な演奏だ。
ピアノの林正樹はポップス系のバックで弾く姿も何度か観ているが、
ホント柔らかいタッチが気持ち良く響く。この日も歌伴として色々と聴かせてくれた。
菊池は前半はテナー、後半は主にソプラノをブローしたが、
ソプラノサックスの吹きっぷりがワタシには響いた。クセ者ですね。
後半の新曲は日本語歌詞でUAのR&Bディーバっぽさが出て馴染みやすかった。
ラストの曲はフリー・ジャズ的でバンドのプレイが高まる瞬間が感ぜられた。
アンコールでは菊池もサックスを置き、UAのカウンター・ボーカルとして
スキャット等を繰り広げてくれた。
UAは何でも歌えるし、バンドも懐の深い好プレイの連続でした。次回はまた8年後か。
75分、堪能。

今月の生音はこれ1本のみ。ではまた来月に。

0

2021/9/14  22:09

溢れるほっこり感  映画

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

雨雲の下、渋谷へ赴きヒューマントラストシネマ渋谷で「浜の朝日の嘘つきどもと」を観る。

南相馬の映画館朝日座の閉館を防ぐ高畑充希主演の映画。
支配人役に落語家の柳家喬太郎が勤めている。
何よりも高畑の高校教師役のオアシズの大久保佳代子が意外な好演でした。
ベテラン俳優陣をほんの数カットずつ出演させているが、これってホンマの友情出演的(笑)。
最後までほのぼのさせてもらいました。

さあ、夜の部へ移動します。

0

2021/9/13  8:59

WEリーグ開幕!  

昨日、女子サッカーのプロリーグ「WEリーグ」が開幕した。
本来なら東京五輪でメダルを獲得し、追い風の中での開幕の胸算用だったが叶わなかった。
なでしこの高倉監督は契約満了となり、早期の東京五輪分析を終えて新監督の擁立が望まれる。
次のW杯も再来年、来年には予選が行われるだろうから早く選手のスカウティングは行わないと。

もとい、DAZNで神戸vs大宮の試合を観たがチームの熟成度に大きな開きがあり5-0と神戸完勝。
長いパスを縦に供給できる神戸は、選手のポジショニングも良く攻めに連動性があった。
特に杉田は右足の精度も上がり、攻撃だけでなく守備に戻るのも早く効いていた。
アンダー世代のW杯では2度の最優秀選手に輝いており、そろそろ海外へ出てもおかしくない。
少し下の仙台に所属する長野風香も早く一皮むけてなでしこへ上がってきてもらいたい。
大宮は有吉や鮫島、阪口と実績のある選手を獲得したが、開幕戦に出たのは鮫島のみ。
選手が孤立しパスが繋がらない状態ではまだ先が思いやられる。
影の総監督佐々木元なでしこ監督が今後どういったチーム作りをするのか注目したい。

午後の東京vs浦和は神戸と共に優勝候補の激突だけに接戦となり2-1と浦和の逆転勝ち。
両チームガツガツと相手にチャージしていたが、密集の多さは初戦の気負い過ぎの感あり。
ベレーザは長谷川が海外移籍してからゲームメークが単調になり、田中も移籍して
ラストの決定機も落ちている感はある。下部組織のメニーナが人材の宝庫である事から
外からの移籍の少ないチームであるが「出でよ孝行娘」の感はする。
遠藤はもっとできるはずであり、次戦以降に期待します。
浦和は大ベテランの安藤梢が先発フル出場した。なでしこの栄枯盛衰を知る数少ない選手の
WEリーグ開幕戦出場は素晴らしい。右からのクロスで菅原の同点弾をアシストしたのは震える。
最後は東京五輪にも出場した塩越が決勝ゴール。持ってる奴は違う。今後にも注目の一人。
浦和は全体に選手が揃っており、優勝候補の一番手では。
但し、トップ下に入る楢本はもっと頑張らないとなでしこには呼ばれそうにない。
単に高倉前監督の好き嫌いではなく、チームとして機能しにくい感じも観ていてした。

プロ化したので選手も練習環境は向上しており、コンディションは良いと感じた。
2試合はトップチームだったので、他のチームもDAZNで追々観てみることにしよう。
東京・浦和・大宮は範囲的に現場へは行けるが越境を考えればまずは東京か。
WEリーグの先になでしこがあるので新たな選手の創生が楽しみです。
再来年のオーストラリア・ニュージーランドW杯も旅行がてら行ける状況になっていて欲しい。
0

2021/9/12  9:32

冨安プレミアでデビュー!  スポーツ

折角DAZNに加入したので、昨晩はサッカー・プレミアリーグのアーセナル戦を観た。
ドーハから戻って間もないが、冨安は右SBで先発してプレミア・デビューを飾った。
62分に交代になるまでに、空中戦では殆ど負けず前線の攻撃にも参加してシュートも撃った。
開幕無得点で三連敗のチームに刺激を与えたのか1-0の勝利に貢献した。
相手も三連敗の昇格組ノーリッジというのも巡りあわせが良かったのかもしれない。
直ぐにCBでの起用は難しいかもしれないが、イタリアでも最初はSBとして使われていた。
まずは使える奴と首脳陣とチームメイトに認識されるのが先。順調な船出と言えよう。
赤いユニフォームでプレミアに出られなかった稲本・宮市・浅野を思えば凄い事です。

今日は10時から女子サッカーWEリーグが開幕する。こちらもDAZNで観られるのが嬉しい。
0

2021/9/10  15:41

「地球の細道/安西水丸」を読了  

図書館で借りて来た「地球の細道/安西水丸」を読了。
前回図書館へ行った時に本日返却図書の棚にあったので借りて来たのでした。
イラストレーターでエッセイストの作者が旅に出た時のエッセイをイラストと共に92編収録。
2014年に亡くなられるまで連載していた様であるが、国内・海外と大体半分位の比率か。
海外は行ったことがある所が幾つもあるが、国内はほとんど行ったことがないですね。
それだけにこれから国内旅行も楽しめるって事。早くコロナが終息してほしいものです。
作者は歴史に詳しく、特に城に執着を持っていた様だ。ワタシも旅先に城があると良く行く。
歴史に疎いワタシと違い、作者は日本史に詳しいね。もっと大河ドラマ観ておくんだった。
歴史小説も苦手なジャンルでほとんど読んだ事が無い。知らない事はまだまだ多い。
旅好きなワタシにとっては非常に楽しめ貯めになる一冊でした。

安西氏はWOWOWの「W座からの招待状」という小山薫堂と組んでいたのを観ていた。
風貌的に高橋幸宏と重なるものを感じていたが、イラストと共に穏やかな空気を運んでくれた。
死後に跡を継いだ長友啓典も亡くなり、今は若返って信濃八太郎が小山の相方を務めているが、
信濃氏が長らく元気で活躍してくれる事を願うばかりである。

今、安西氏を検索してみたら世田谷文学館で「イラストレーター安西水丸展」をやっている。
それも当初の8/31迄の予定が9/20迄に延長になっているじゃない。
これはワタシに来いと言うサインに違いない。折角なので残り10日の期間中に行ってみよう。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ