2021/10/24  20:36

連荘お散歩LIVE  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

連日のお散歩LIVE。本日はROUTE BOOKS主催のYUKUIDO工房へ
ビューティフルハミングバードを観に来ました。
小池光子(vo)と田畑伸明(g)のデュオですが、小池が細野晴臣に絡んだソロで観たことはあるが、
本隊はお初です。サポートに滑り系の田村玄一が出るのも足を運ぶ大きな決め手になりました。

徒歩10分で会場へは到着。入口で4千円払って中へ入る。
普段は家具などを作っているレンガ作りの工房はある種アメリカンで風情がある。
最前列に陣取りハイネケンを飲んで開演を待つ。

定時の17時に先ずはメンバー2人で田畑のアコギに乗せ"シープ"から始めるが、
小池の声が上手く出ないようで中断やり直しの出だしとなった。
それでもまろやかに浮遊感たっぷりの彼女の歌声は心地よい。
3曲演るとゲストの田村玄一を呼び入れる。以降は3人で進めていくが、
ペダル・スティール・ギターの調べがより彼女の歌声を高みに上げてくれた様だ。
"旅人"良かった。
途中でペダル・スティールの講釈なども混じえ、1部ラストの"青葉"まで
ゆったりとした時が過ぎた。まったりと60分。

15分の換気休憩の間にもう一本ハイネケンを飲む。2部も3人で始めた。
途中、小池の聴いてきた音楽の話になり、あるライヴの打ち上げで
ジョニ・ミッチェルを知らない事を見知らぬおじさんから叱責されと話した。
しかし改めてジョニを聴き大好きになったとの事。
そう言えばハイトーンの声出しとかにジョニの影が見える。
曲によっては荒井由実のテイストも感じられた。
田村が途中退席し、2人で演った"流線形"にはジョニの感じが伺えた。
ラストの"冬のこども"まで伸びやかな歌声は変わらなかった。
アンコールで再び田村と3人で演ってこの日を締めた。2部は55分。
小池は何曲かでピアニカを吹き、エッグシェイカーを振る事もあった。
歌声は癒し系ですね。

さあ、帰ってパスタでも茹でて夕食にします。



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ