2015/9/2  8:04

サッカーもろもろ  スポーツ

8/31で欧州の移籍市場が閉まった。結局、長友の移籍は無しか?個人的にはインテルを
出た方が良いと思っていたのだが。マンチーニ監督の使い方によっては、1月の市場再開で
移籍するのかも知れないが。取りあえず現状でのレギュラー奪取に励むしかない。
それは本田とて同じことだ。香川は調子が良さそうで日の丸でも好プレーを期待したい。
内田と清武は故障を抱えたままの開幕だが、チームから信頼されているので一安心だ。
移籍組の武藤、酒井高徳、岡崎、乾、ハーフナー、小野、瀬戸らはまずはベンチ入りして
試合に出る事が肝心。武藤、岡崎、ハーフナーは良い滑り出しをしたようですね。
所属のない川島は心配。もはや1月までは宙ぶらりんの状況が続く。こだわりを捨てて
トレーニングと思ってどこかへ所属するのが良いのでは。GKは息の長いポジションだが
レギュラーは一枠しかないのが辛い。長谷部と吉田はほっておいて良いが、スポルディングの
田中は心配だ。チーム残留となったが初戦ではベンチを外れている。昨年もそうだったが
出ればそれなりに活躍する男。背番号も一ケタの8番になったので期待したいのだが?
その他の選手も試合に出て頑張れ〜!宇佐美と柴崎も早く海外へ行って欲しいものです。

で 明日9/3はW杯予選のカンボジア戦である。シンガポールとの予選以来、ミソを
付けっぱなしの代表だが、ここは大勝して世間をだまらせて欲しいものだ。
相手は専守防衛だろうから、スペースが無い事が予想される。それなのに永井を招集する
辺り分からないのだが。長身選手を入れて空中戦に活路を見出す事も考えないと。
川崎の杉本にハリルホジッチ監督は期待しているようだが、現状ならハーフナーのはずだが
両者とも選ばれていない。今回はそんな必要はないだろうが、攻撃のオプションとしては
今後も必要なのでは。出たがりの槇野も故障で辞退となっており、本職FWの長身選手は
必要だと思うのですが。

その点、女子は光明が見えてきた。U-19のアジアを制し来年の世界大会への出場を決めた。
東アジアカップでなでしこ予備軍の脆弱さが露見した今、期待は次の世代に膨らむ。
U-17のW杯で優勝したように、この世代はフィジカルの差が世界とはあまりない事から、
日本のテクニックが上回る。但し、年齢が上がると共にその差はついてくるので、
若いうちから段階的に世界との実戦を積むことは経験として大切である。
来年のリオへの登用はは難しくとも、その後の代表には招集されてもおかしくないはずだ。
そして順番に指導者としてステップ・アップしている高倉監督にも注目している。
そろそろフル代表のスタッフに入れて、佐々木監督の後として育成することも考えて欲しい。
なでしこリーグや海外の代表監督にも女性は少なくない。佐々木監督も長期化しているので
リオの次の監督の候補として挙げてもおかしくないのではと感じています。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ