2009/3/20  16:53

韓国に快勝、次は借りのある米国戦  スポーツ

本日は祭日ということでゆっくりとWBCの観戦ができました。
予想も当たり韓国に6-2と雪辱。ただ大人の日本チームは旗なんかを立てたりはしない。
初回に先制された時は「マズイ」と感じたが、すぐに2回に同点ホームランを打った
内川は殊勲功でした。同じ回に片岡のテキサス・ヒットで逆転もしたし。
田中の失投をホームランされて同点にされても、次の8回に勝ち越すなど主導権は常に
日本のものだった。しかし青木が頼もしい。攻撃では彼が日本のキーマンになっている。
このまま行ってMVP取るんじゃないだろうか。しかし村田の怪我は残念だ。
選手層の薄い横浜に取っても痛手だ。大矢監督怒ってるんじゃないでしょうか。
怒っていると言えば、村田に代わり栗原を緊急招集される広島のブラウン監督も
しかりであろう。原監督とあらたなる抗争勃発か?
次はLAのドジャース球場へ場所を移してのアメリカ戦。前回、疑惑のジャッジで
負けているだけにリベンジのチャンスである。また松坂の快投が期待される。
しかし日本が韓国に勝ち1組の1位となったことから、準決勝は月曜日となり
TV観戦が難しいのが何とも残念。おまけに決勝も火曜日だし。
決勝を週末に持って来れないあたり、噂されるように米国でのWBCの評価は
冷ややかなものなのかもしれない。「そんな国に負けてたまるか」である(爆)。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ