2017/4/26  18:53

「世界のブルース横丁」読了  

Koko Taylorのバンドでも長く活躍したブルース・ギタリストの菊田俊介が記した
「世界のブルース横丁」を読了。彼がバンドマンとして旅してきたブルース・フェスや
クラブを中心に世界中のブルース現場を紹介した一冊。
旅人にして音楽愛好家の身としては、なかなか有益な資料本として評価したい。
読んでいると自分でも行ったことのある場所が、幾つも出てきて懐かしくもある。
この間行ってきたばかりのByron Bay Bluesfestもちゃんと載っている。
これを見ながら、次は何処へ行こうかと考えるのも楽しい。
インドのムンバイのフェスとかフィリピンとか行った事ない国に惹かれます。
VHSの時代にも彼が紹介する「シカゴ・ブルース」というビデオを持っていたが、
語り部としてもなかなか切れのある人です。旅の副読本としてワタシにはピッタリだ!

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ