2009/5/16  23:50

伊東と熱海  

本日、伊東四朗一座・熱海五郎一座合同公演「喜劇 日本映画頂上決戦〜銀幕の掟を
ぶっとばせ!〜」の初日を見てきました。1階最後列なれどヤフオクで半額以下の
5千円落札でThanksでした。場所はお初の青山劇場。コンパクトなハコで見易かったですよ。
ロビーには沢山のお花も。熱海五郎とは三宅裕司でありまして、以前伊東四朗が
体調壊してた時に、座長として名乗ったのが伊東でなく熱海、四朗でなく五郎の熱海五郎。
今回は両雄出演で合同公演名義となりました。以前を考えれば伊東四朗一座公演で
問題ないのですが。まあいわゆる昭和のお笑い舞台なのである。
関西で言えば新喜劇といったところ。こういったお笑いはワタシも昔のデンスケ劇場
などから始まって結構好きなのです。伊東四朗や東八郎の倅達も出演しており、
次世代にお笑いの伝承が続けられていることは嬉しい。SETの三宅や小倉久寛は
安定しているし、伊東や中村メイコは存在自体が見るものを安心させる。
今回は小林幸子が客演し、ラサール石井が加わることでリーダー渡辺と小宮クンとの
コント赤信号の暴走族コントが久しぶりに見れたのがたまらない。福助の足袋のギャグは
何十年ぶりに聞いたやら。その反面春風亭昇太はいつもイマイチに感じてしまう。
まあ好みもありましょうが。途中休憩を入れて約2時間半、初日の為の波乱もなく
無事に終了したしだいです。面白かったですよ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ