2009/5/30  7:52

変わらずビアノはRolllin’  音楽

昨晩はおなじみBillboard東京へAllen ToussaintのLIVEへ行ってきた。
客入りを心配したが、7割位は埋まっていたようでまずは一安心。
あんまり少ないとやるほうも力が入らないからね。2部は21:35にスタート。
バックのリズム隊、ギター、サックスが演奏を始め、しばらくしてToussaintを呼び入れる。
3曲程インストを続けてからボーカルが入ってくる。新譜では1曲しかボーカルを
取っていないが、彼のまろやかな歌声がニューオリンズ・スタイルに乗る曲は美しい。
サックス&クラリネットの人に1曲ボーカルを取らせるシーンもあったが、変わらぬ
いいノドを聴かせてくれた。LIVEではいつもと変わらぬ彼がいた。
"Mr.Mardi Gras"では観客の女性達にマスクやビーズを投げるいつもながらのサービス。
"Tipitina"や"Southern Night"は相変わらずの美しさだった。惜しむらくはもっと
PianoをRollin'させてくれると嬉しかった。アンコールなしの85分。
幾つになったのかなToussaint?このスタイルに年は関係ないので、また芳醇な演奏を
聞かせに来て欲しいものです。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ