2018/5/27  5:47

驚異のCL3連覇!!  スポーツ

CLの決勝戦を目覚まし時計をかけて3:30に起きて観る。
会場のウクライナ・キエフのスタジアムは2012年の欧州選手権の時に行った場所だ。
前半にリバプールの攻撃の柱サラ―、レアル・マドリードもバックスのカルバハルを負傷退場。
開始と同時にチャージをかけたリバプールではあったが、ゴールを割れずに0-0で前半終了。
後半の早い時間でキーパーのフィードするスローを引っかけたベンゼマのゴールが生まれた。
「こんなことってあるのかい」って得点でレアルが先制。それでも身長で勝るリバプールが
CKの折り返しをマネのゴールで同点として面白くなった。マネは前半から左タッチラインを
疾走し、良い動きを見せていた。日本がW杯で対するセネガルの選手だが、なかなか手強いね。
ツキに見放されていたこの日のイスコをベイルに替えるあたりが、勝負師ジダン監督の嗅覚。
結局はベイルがバイシクルでの決勝点、無回転ロングでの駄目押し点を挙げる事になった。
リーグ戦はイマイチだったレアルだが、リバプールを3-1で破ってのCL3連覇は素晴らしい。
既に熊谷を擁するリヨンが女子でCL3連覇を挙げているが、男子での3連覇は驚異です。
この日は御贔屓のモドリッチの活躍はイマイチだったが、さすがに得点能力が高いレアルです。
これでシーズンも終了となり、いよいよロシアW杯が迫って来た。楽しみです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ