2018/9/19  20:01

「歌謡曲/林哲司」読了  

図書館で借りていた作曲家の林哲司が記した「歌謡曲」を読了。
著者の幼少期からの歌謡曲と自作の曲を解説しながら綴っている。
それぞれの最後の一文が味わいがあってワタシ好み。作曲家なのに文章も上手い。
美空ひばりの最後のLPに数曲書いた事と幻に終わった坂本九への楽曲提供は自慢(笑)。
初期には編曲も結構やていたようで、その経験が作曲にも役立っていたようだ。
2003年と15年も前の刊行なので、AKBやジャニーズ全盛の今の歌謡界は綴られていないが、
職業作家の益々の衰退は嘆かれているのではないだろうか。
この本でもプロの仕事と述べられている点もあるが、今の楽曲の内どれだけの曲が
歌い継がれていくかは疑問である。先達の人は良いものを未来に引き継いでもらわないと。

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ