2019/4/25  9:48

捜索活動  音楽

5/6@ブルーノート東京のDave Kozにフューチャリング・ボーカルとして
Valerie Simpsonが来日するのでエントリーしている。
来日前に彼女のソロ、Ashford & Simpson、楽曲を多く提供していたDiana Rossを
取り敢えずは聴いておこうと捜すがなかなか見つからない。
黒モノCDはラックではなく、ケースや段ボールにかなり不揃いに入れてあるので
捜す時は一苦労だ。先にEast Meets Westで来日するSam MooreのS&Dやソロが出てきた(笑)。
一番最後の箱でやっと彼女のソロが出てきた。まずは一安心。
しかし「これどんな音だったっけ?」と思うようなCDも結構ある(汗)。驚きではないが。
取り敢えず一通り聴いて残すものとそうでないものの判別はしないといけない。
60〜70年代の知らない黒モノを500〜1,000円前後で買い倒していた時期があるもので。
まだまだ長生きする必要はありそうです(笑)。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ