2019/7/13  21:54

魅惑の歌声  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

大船・横浜経由で明治神宮前駅へ。原宿を少し歩いたお初のTOT STUDIOで
優河+千葉広樹を観る。優河とベースとのデュオ、バンドでないのが少し残念。
かぶりつきに陣取り、19:05に二人で演奏を始めた。先ずはアコギを手に昨年リリースの
「魔法」から素敵な"さよならの声"を。相変わらず幽玄的な浮遊した歌声が素晴らしい。
ナチュラルにエコーがかかったようにも聴こえる。そして"さざ波よ"と続いた。
5月にリリースしたミニ・アルバム「めぐる」からも"Sharon"、"June"が披露された。
タイトル曲は映画「長いお別れ」のエンディング・テーマであり、
それが乗じてミニ・アルバムとして形作られた。同曲と"うつつ"の2曲も後半で歌ってくれた。
ウッドベースの千葉もベースだけでなく、時折打ち込みのアンビエントな音出しもしていた。
弓弾きのベースも良いアクセントになっていた。
この日は初期の曲よりも「魔法」からの曲が多かったようだ。
"魔法"、"手紙"、"岸辺にて"等を演っていた。分からない曲も数曲あり。
トラッドからオリジナルに入る曲なんかもあった。
アンコール・ラストを"Water Is Wide"で締めての90分。終始彼女の歌声に魅入られていた。
場内も聴き惚れていたようで至って静か(笑)。
この日も"舟の上の約束"は聴けなかったが、いつか生で聴ける日は来るのだろうか?
9/24に渋谷WWWで「めぐる」リリース記念のバンドでのコンサートが決まっているが、
別件をブッキング済みで残念ながら観れません(涙)。また別の機会に。
彼女が参加しているOld Days TailorもそろそろLIVEを演って貰いたいものです。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ