2019/10/24  23:35

ワイハのAOR  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

本日はBack In TownへRichard Nattoを観に来ました。ハワイのAORの人。
ワイハだけに昔、亀ちゃん辺りに教わったのかも知れません。
最近はすっかり柔くなったので、AORも好きになってるワタシです。
お世話になっている近くのBar461で一杯飲んでから会場入り。
BITも暫くぶりなのでそこそこお店に優しくしませんとね。
開演を待っていると旧知のTOMO先生が隣にやって来た。相変わらずvividに
呼ばれちゃったようでご苦労様です。
彼氏の焼酎頂いてこの日も楽しく過ごさせてもらいました(喜)。
19:35にRichardが出て来て始まった。彼のギターのみのソロ・ショウ。
MCを沢山混え、ギターもタッピングや派手なアクションを見せて盛り上げてくれた。
但し風貌が類人猿なのは否めない(笑)。「一番好きな曲」と言って歌った
"Bish's Hideaway"良かったです。
カバーのStephen Bishop"Savd It For A Rainy Day"やBurt Bacharach
"House Is Not A Home"やBeach Boysの曲(失念)なんかも演って1部は60分。
休憩中もRichardはテーブルを回って元気だった。
ワタシ達のテーブルにも来たので"Welcome"と声を掛けておきました。
20分の休憩後、2部スタート。2部はタッピングする事もなく、アコギを丁寧に弾いて
歌ってくれた。オリジナルに混えてMonkeys"Day Dream Believer"や
Dave Clark Five"Because'、ElvisやBeatlesメドレー等とにぎにぎしかった。
アンコールのOrleans"Dance With Me"のギター・インストもほのぼのとして良かったな。
2部も60分。普段はハワイのホテルのラウンジなんかで演ってるんだろうが、
ライブ慣れは感じましたね。
久しぶりにTOMO先生とこの場所にいると、自然と入来さんの名前が出てほろっとする。
彼氏がいた事はちゃんとワタシ達は覚えてますから。


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ