2009/12/5  0:43

More Blow Up David  音楽

仕事を終え開演の15分前にブルーノートへ滑り込む。ところが前の方にまだ空きが有り
右側の一番前の席に運良く座る。ポテトとギネスが届くとすぐに客電が落ちる。
10分押しでスタート。スタイリッシュにDavid Sanboneはきめているが、顔は歴戦の勇者のごとく
年輪を感じる。その演奏も幾分枯れを感じる。ベー、ドラにギターとキーボードをバックに
ブロウする。しかしイマイチ抑えた演奏に聴こえたのは気のせいだろうか。
バックが抑えた演奏の時は心地良く聴こえるが、バックが目一倍奏でる時は随分と引いた
演奏に聴こえたものだ。「もっとブロウしてよデビッド」と叫びたいものでした。
聴衆は押並べて好印象のようだったが、ワタシはもっと吹けるだろうと感じていた。
ということでイマイチでした。75分。アンコールでリッキー・ピーターソンが歌うブルースの
バッキングは結構いけてましたね。

ブルーノートを後にし、池袋の定例会に合流。小規模になった今日だが、毒ガス吐いて
23時に散会、家路に着く。

あと1時間もすれば来年のW杯の抽選会がある。明日は休みだしこれ見てから寝るとしますか。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ