2008/9/27  23:32

大好きな俳優ポール・ニューマンが亡くなりました  映画

享年83才。癌だったようですが人生全うしたと思ってます。合掌。
中学生の頃にTVの洋画劇場で見た「暴力脱獄」でポール・ニューマンのファンになりました。
クールな笑顔にアメリカを感じたものです。まだまだ僕のアメリカはスクリーンの中だった。
劇場で初めて見たのは松竹セントラルでの「ロイ・ビーン」だったでしょうか。
それ以降も名画座で彼の主演作がかかるとよく見に行ったものです
もちろんTVで放映されるものは見逃さず、大人になってからもLD等でずいぶん見た。
「ハスラー2」なんかでオスカーを取って欲しくなかった。
オリジナルの「ハスラー」で取るべきであったし、「暴力脱獄」でもその権利はあったはず。
「ハッド」「熱いトタン屋根の猫」「明日に向かって撃て!」「スティング」どれも
アメリカ映画として傑作です。ワタシのアメリカ好きは彼氏の影響が大きい。
晩年の出演作は自分の中での背筋がピンと張り詰めたニューマンの印象とは離れたものであり
見る機会も減っていた。寂しくって見れなかったのが本音です。
映画って素晴らしい。古の映画を見れば、いつでも彼のクールな笑顔に会えるのだから。
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ