2018/9/7  15:49

「グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ」読了  

図書館で借りていた「グレイトフル・デットにマーケティングを学ぶ」を読了。
デッド・ヘッズの二人デイヴィッド・ミーアマン・スコットとブライアン・ハリガンが書いた
原書を糸井重里が見つけ、スコットの妻である渡辺由佳里が翻訳したもの。
普通のバンドとは異なった方法で音楽活動を続けてきたグレイトフル・デッドであるが、
古きシスコのヒッピー体質を受け継ぎながらコミューン的ファンと共存してきた事が
今のビジネスモデルの先駆けとなっているのには恐れ入る。多分に後付的ではあるが(笑)。
バンドの活動を今のビジネスモデルのひな型として、実在のものに当てはめるのは分かり易い。
本書を通して共通して言っているのは、他と同じことをしていては駄目という事か。
ワタシがたった一度デッドのLIVEを観たのは90年代初頭のジャイアンツ・スタジアム。
89年の暮れのオークランドは空振りだったが、この時は1枚譲ってもらい観る事が出来た。
開演間際にスタジアムの上へ駆け上がり、心地良い風と共にゆったりとギターの音が聴こえた。
チューニングをしながらいつの間にか本編に入るルーズさがデッドなのかと思った2時間。
はちみつぱいが再結成し、彼らがインプロビゼーションをしながら"こうもりが飛ぶ頃"を
始めるのを聴いた時にデッドを思い出したものです。
我が家の窓際に鎮座するダンシング・ベアのサンシャインちゃんを見ながら、
マーケット化した駐車場の風景を思い出す。たった一度のデッド・ヘッズ体験。
この本、字は大きいし行間も広い。その辺調整して新書化して千円位にした方が
読みやすいビジネス本らしくなったのでは、なんて思ってしまった。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2018/9/6  23:06

お気に入り  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

天災続きの日本、どうしたものやら。それでも前売を買っていたので渋谷クアトロへ。
7月に観て好印象だったOLD DAYS TAILORとキセルのジョイント公演を観る。
場内には椅子があるのが嬉しい。
北海道南部に住む学生時代の友人からメール返信が来て無事を確認。
震源地からは100km超なので大丈夫らしいが、停電がキツイとの事。
文化生活には電気は必須か。明日のサッカー代表戦も中止になったようだ。
10分押しの19:40にキセルの先攻でスタート。ギター、ベースの辻村兄弟に
ドラムスとホーン(アルトサックス&フルート)の二人がサポートで加わったバンド・スタイル。
兄弟二人のステージしか観た事がないので、なんともロックを感じたこの日の演奏。
いつもはフォーキーやアンビエントな感じで、ミュージック・ソウなども持ち出すが
この日は無し。フォーク・ロックを飛び越して、オルタナな感じさえも伺わせる。
その力強いバンド・サウンドが新鮮。そんな事で"くちなしの丘"などもやらない。
フルートに合わせる口笛のハーモニーが心地よい。個人的には新境地を観た思いの50分。
バンドでのキセル、いいんでないかい!
20分の転換後は後攻のOLD DAYS TAILOR。2度目の上、CDも聴いて来たので
それなりに擦り込んでいる。先ずは"晴耕雨読"からスタート。
相変わらずのJames Taylor Soundが耳に優しい。笹倉慎介の作る曲は和製JT節だが、
元森は生きているの連中、増村&岡田、増村&谷口の曲はバンド・サウンドで少し趣向は異なる。
岡田曲のギターソロは加山雄三っぽくさえある。
岡田拓郎は前回以上にギターを弾いていた感じ。ミックスのせいか?
スライドやワウも混じえてテレキャスを良い音で鳴らしていた。
制限速度を守る彼らだが、大滝詠一カバー"恋の汽車ポッポ"では
アクセルを少し踏んでみせる。
「もっと楽しそうにしたら」とコーラスの優河から声がかかるが、感情の起伏を出さないのも
笹倉らしいか。対バンでの時間の関係で優河のソロがこの日は無かったのが寂しい。
アンコールで前回と同じくJTカバー"Sweet Baby James"と"抱きしめたい"を演って60分で幕。
次回は10/28@代々木でのアース・ガーデンというフリー・イベントに出るらしい。
但し、女性コーラス隊は抜きらしい。優河は王舟とツーマンで9/24にWWWで演るらしい。
バックには岡田&谷口も入るらしいのでチェックしますか。
彼らの優しい音にハマりつつあるワタシです。

0

2018/9/6  13:56

天災は怖い  ニュース

朝起きたとたんに北海道の大地震のニュース。前日の台風に続いて天災が日本を襲った。
ライフラインも停止した上で、交通機関がマヒしているようで心配です。
晩夏の上、夜中で火を使う時間でなかったのが不幸中の幸いか。火災が起きずによかった。
個人的には30年前と大昔ながら数年札幌に住んでいた事もあるので気がかりです。
天災は予測がつかないので怖い。いつ東京にも来るかもしれない。明日は我が身である。
被災地の皆様がご無事な事をお祈りいたします。
0

2018/9/5  16:47

ジャニーズ事務所の思惑は如何に?  映画

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

台風明け、上野まで一歩き。TOHOシネマズ上野で「検察側の罪人」を観る。
かっては「映画の日」を中心に観ていたが、シニアになってからは
逆に割引日を避ける様になったが、今日はレディ・デイだった(笑)。
木村拓哉、二宮和也と揃えた事からジャニーズ事務所主体で組まれた画か?
今やキムタクはTVドラマでも視聴率を稼げないので、
「嵐の二宮付けるので木村主演でお願いします」と東宝にお願いしたのでは。
しかし、相変わらずキムタクはワンパターンな演技しか出来ない。
もはやSMAPの看板は無いし、役者で生きるしかないのだから
そろそろ年齢考えても一皮剥けないと。ニノの方がまだ多面性を感じる。
題材的にも評論家上がりの原田眞人監督向きだが、イマイチ欲求不満で終わってしまった。
以下、劇中の小ネタ。

○二宮と吉高由里子が立飲みするは、我が家近くの鶯谷駅前の立飲み屋。
○キムタク友人の議員がビジネスホテル から投身自殺したが、
 どこのホテルも自殺防止でそんなに窓は開かない筈。

「ドラゴン・タトゥーの女」の次作がやっと完成したらしい。公開が楽しみ!

0

2018/9/5  10:06

「マイ・フレンド 高田渡青春日記 1966-1969/高田渡」読了  

台風を気遣い、昨日のThe Suffersブルーノート公演は9/1にキャンセルしていたので
家で図書館から借りてきた「マイ・フレンド 高田渡青春日記 1966-1969/高田渡」の
残りの頁を読み終えた。
ちなみに本日もThe Suffers公演はあるのだが、糸の切れた凧ですので今回は見送ります。

2015年の刊行時にレヴューを見た記憶があるが、渡の死後に御子息の高田連がノートを見つけ
編纂発刊に至ったものであり、渡のデビュー以前の10代の悶々とした日々が綴られている。
ウクレレを手製で複弦にしたり、失敗するもバンジョーを手作りしたり、
大胆にも日本語でピート・シーガーに手紙を出し返事を貰っていたり、評論家の三橋一夫と
自ら交流をもったりと、17歳にしてフォークを極めようとしている姿は熱い。
その反面、父や兄弟、会社の人との不器用な付合いが混沌とした昭和の時代を思い出させる。
たびたび会社をズル休みするなど、まだまだ子供から抜けきれない所もリアル。
以前に自伝である「バーボン・ストリート」も読んでいるのだがその記憶は薄い。
この時期の表記もあるのだろうが、リアルタイムな日記は先が見えなく飾り気がない。
解説を書く同い年の中川五郎、あとがきの息子高田連の眼差しが優しくて素敵だ。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2018/9/3  12:27

東京オリンピック  スポーツ

国立競技場の設計変更、ロゴマークの盗作、過剰に膨らむ費用など
問題山積みの東京オリンピックですが開催まで2年と着実に近づいている。
SNSで批判を載せる人もいるが、ああいった場でソーシャルな話題は自分のスタイルではない。
プロ化が進むオリンピックだが、まだまだアマチュアの競技も少なくない。
パラリンピックがいつから注目を浴びるようになったのかは記憶が曖昧だが、
パラがあるのがオリンピックの良さだといつからか思うようになっている。
最高の闘いを見せるプロ競技の方が好きなので、サッカーのW杯や欧州選手権へは行くが
オリンピックは現地に行った事がない。それでもサッカーでの試合以外の
現地の盛り上がりや多くの国から来訪するサポーターの輝きを見るのは楽しいものである。
そこで活動するボランティアの人達の楽しそうに対応する姿は美しい。
かっては敵対視された東側の人も、ポーランド、ウクライナやロシアの大会へ行ってみると
何ら変わらない笑顔がある。かって007と対していたソ連のスパイはそこにはいない。
ですので、開催国としては事前の問題は別として「おもてなし」の精神で世界から
来訪する人を迎えるべきだと考えている。今さら開催辞退なんて言うのはナンセンス。
リタイアした段階で東京オリンピックのボランティアはやりたいと思っていた。
今月から12月まで募集が始まるようだが、取り敢えず説明会に行ってから応募する事を
考えており、先ほど9/30の説明会(1回目は見逃した)にエントリーした。
来年のラグビーW杯のボランティアは検討するも募集をつい見送ってしまった(汗)。
災害ボランティアは距離や体力の問題もあり募金に留まるが、今回は東京開催なので
是非参加できればと考えている。爺だからと排除されない事を願います。
2

2018/9/2  19:53

年は取っても「内田裕也」(爆)  

BSフジでの「転がる魂・内田裕也」を観ていた。ワタシもお歳なのでこういう放送は好き。
まあ、ロケンローラーなんて言うよりも、ジャンル分けできない存在が内田裕也。
ゲスト多数で伝説の様な話が次々と披露される。どこまでホントなのかは?
ビートルズの前座をしていたり、タイガースをスカウトしたりとプロデューサー的には
評価される点もあるが、歌手としてはB級だったと思ってる。沢田研二やジョー山中、
桑名正博等の上手い歌手に持ち上げられるので、勘違いしがちかも(笑)。
ずっと容貌は死神博士だし、歌声はかすれて立ってるのも厳しいあり様。
前回のニューイヤー・イヴ・ロックでの"きめてやる今夜"も痛々しくて逆に笑える。
ナレーションが盟友(妻)の樹木希林、演出が崔洋一なので愛が溢れた番組になった。
なんだかんだ言ってもその存在感たるや大したものである。シェキナ・ベイビ〜!

0

2018/9/2  18:49

企業年金  

早期退職する際に退職金の受給方法は幾つか選択できた。
税金をいかに少なくするかを考え、一時金と企業年金とに分けて受給する事にした。
4年が過ぎ還暦を迎え、今月から企業年金を受給する時が来た。
年4回75歳になるまで固定で貰える事になる。初受給は明日9/3です。
厚生年金の一部は63歳から、全額支給は65歳からになる。
無収入と強がっていたが、母が逝った事により今年からまた確定申告をしている。
年金受給者となり、お小遣いも頂けるようになったので旅の宿もグレードアップする頃か(笑)。
0

2018/9/2  0:08

男子サッカーは120分戦って韓国に敗れる  スポーツ

アジア大会男子サッカー決勝の日本vs韓国は、延長も戦って1-2と韓国に敗れて銀メダル。
相手が世代が上のうえオーバー・エイジも3人使うなど、当初から劣勢は見えていた。
それでも守備を固めて1点狙いの試合は90分で0-0だったが、延長の入りが悪く連続失点。
1点返したが届かなかった。韓国は金メダルを取れば徴兵免除の人参があり、目の色が違う。
決勝まで公式戦を数をこなせたので、強化という点では悪くなかった。
A代表でもなかなか韓国には勝てない。これを糧にして東京五輪でのメダルを目指そう。
監督として森保監督も良い経験を詰めたのでは。次はA代表でお手並み拝見である。
0

2018/9/1  19:16

9/4キャンセルしました  音楽

9/4 The Suffers@ブルーノート東京を予約していたのですが、
天気予報見てるとどうも関東地方も9/4は暴風雨圏に入りそうなので早々にキャンセル。
まあ、諦めが肝心。
0

2018/9/1  16:48

ワラビーマン、さいたま新都心に帰る  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

久しぶりのさいたま新都心。
かってワラビーマンと蔑まれていた頃は、時々役所の申請に来ていたものだ。
Accoustic Villageなるイベントに優河が出ると聞いて来てみた。
黒ビールを飲みステージ前に地べた座り、14時を少し回って彼女は歌い始めた。
最初は"さざ波よ"からだったか?アイリッシュ・トラッドも混じえながら、
未聴の新譜「魔法」を中心に歌い継いでいく。中でも"さよならの声"は良い曲だ。
フランスのバンドMoriartyのカバー"Jimmy"も素晴らしい。
多分、Joni Mitchellとか好きなんだろうな。"ましろのカメリア"なんかを演り、
最後は新譜タイトル曲"魔法"で終えた。静かな中での声の響きが美しかった。
あっという間の30分で終了。物足りないがイベントのフリーライブだから文句は言えまい。
来週は彼女の参加しているOLD DAYS TAILORを再びクアトロで観ます。
彼女をチェックしてみると両親は石橋凌と原田美枝子で、妹が女優の石橋静河
(朝ドラ「半分、青い」にも出演中!)とサラブレッド。
但し、HPのプロフィールにはそんな事一言も書いてはいない。
志向も違うし、親の七光りを嫌っているのか。その意気や良し!
さあ、雨が降らないうちに帰るとしよう。



0

2018/9/1  7:47

LIVEに行こうよ!  音楽

今日から9月ですが異常気象はまだまだ続くのか。猛暑と台風はもう御免です。
来週も台風直撃の予報もあり、天気予報を見ながらお出かけの中止もありえる。
お店や主催者さんにはご迷惑をかけたくないものです。
そんな事も踏まえながら今月も出歩くつもり。「吹けよ風、呼べよ嵐は」是非無しで。


★優河 9/1@さいたま新都心・けやきひろば Free

クリックすると元のサイズで表示します

最近注目している優河さん、さいたま新都心のAccoustic Villageのフリーライヴに出演。
40分位だと思いますが、ソロ初見としてはよろしいかと。声の響きが好みです。
チェックしてみると素敵なファミリーの一員だったのね。


台風予報を見て早々に自主キャンセル
★The Suffers 9/4@ブルーノート東京 自由席 7,020円

クリックすると元のサイズで表示します

こういった現代のソウル・グループを観れるのもブルーノートの良い所。
黒人女性ボーカルと白人バンドってのも今風ですね。楽しみなのですが天気が心配。


★OLD DAYS TAILOR × キセル 9/6@渋谷クラブクアトロ 前売り 3,500円

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

前述の優河もバック・ボーカル参加しているOLD DAYS TAILOR、7月に観たLIVEも
James Taylorライクでとても良かったのでまた行く事に。今回はキセルとのジョイント。
後日、CDも買ったのでちゃんと聴き込んで会場へ向かいます。


追加
★ソウル・フラワー・ユニオン 9/23@下北沢GARDEN 前売り立見 4,800円

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

縦ノリが怖くて暫くご無沙汰のソウルフラワーだが、久しぶりの伊丹英子が参戦と聞き
急遽チケット買いました。しかしメンバー変わったな〜!


★Bruce Cockburn 9/29@ビルボード東京 サービス席 7,900円

クリックすると元のサイズで表示します

御茶ノ水のAマスターに同行の形で連日の参戦。多分ソロで来るんだろうな。
観るのは4年ぶりだが、来日は90年代初頭以来かと。緊張感溢れた歌と演奏が聴けるのか。


9/4は台風の状況によっては自主休講になるかも。先はまだある、無理は禁物です。
※結局9/30も台風の為にキャンセルしてしまった(汗)。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ