2019/9/9  8:56

台風一過  

夜半から明け方にかけて結構な風が吹いていたが、私的には被害もなく
台風は過ぎていった。前日にベランダを整理し、停電に備えて懐中電灯を用意するも
杞憂に終わった。道路側の清掃しにくい窓ガラスが綺麗になったのが逆に有難い。
通りの向かいに足場を組んで工事をしているマンションがあるが無事でよかった。
世捨て人なので、旅にかからない限りは交通がマヒしても支障はない。
現役の時は通勤を心配したものですが、そういう事がないのは世捨て人の特権です。
TVを観れば数々の爪痕を残し、まだ北へと進んでいる。大船の姉の寺は大丈夫か?
被害を受けた方々にはお見舞い申し上げます。

1

2019/8/24  18:45

高嶺の花  

洗濯して掃除して、返却がてら図書館へ。ミュージックマガジンの最新号の頁を捲るも
特集は「マイルス・デイビス」、そしてそれに付随してのジャズの50年。
得意な分野でないので読み飛ばし、パンチ兄弟の来日インタビュー等を
斜め読みしていたら思わず眠くなった。本を2冊借りて早々に退出。
足を延ばして浅草のライフ・ストアへ買い物に行けば解凍秋刀魚が75円とある。
この間の初荷では不漁という事もあり、秋刀魚一尾に350円等の金額がついたらしい。
庶民は生でなく、お安い冷凍もので良しとします。庶民の味も高嶺の花か。
そんな訳で今晩は秋刀魚の塩焼き、きんぴらごぼう、焼きのり、豆腐と油揚げの味噌汁と
ごく庶民的な日本料理。気持ちはいつも庶民派です(笑)。
1

2019/8/20  16:22

今日は図書館へ、明日は映画館へ  

酷暑かと思えば今週は傘マークが続く。
曇り空の中、久しぶりに散歩がてら図書館へ行く。
借りていた本は旅行前に返していたので、今日また3冊借りて帰ってきた。
ミュージック・マガジンは今日が発売日なのだが、まだ置かれていなかった。
借りて来た本を返しに行く次回にでも読むとしよう。

天気がはっきりしないが、明日映画「カーマイン・ストリード・ギター」を
新宿シネマカリテに観に行く。水曜サービスデーらしくシニア料金より百円安い(笑)。
映画は余程のヒット作でない限り、気が付けばすぐに上映終了となる。
行ける時に行っておくべきである。そんな訳で天気に関わらず明日行ってきます。
1

2019/8/16  18:42

帰国明けは家事が忙しい  

帰国の翌日、まずは山ほどの洗濯からスタート。
チリにまみれた部屋を掃除し、空気を入れ替える。
空っぽの冷蔵庫を埋めるべく食材を求めてスーパーへ。
仏花を買ってきて線香挙げてやっと一段落。
午後からひと眠りして、やっと普通の生活に戻りました。
1

2019/8/2  11:06

年に一度は人間ドック  

企業に属していなければ体調管理は自己管理。
区の無料の健康診断もあるが、ここは例年通り上野の総合病院で人間ドックを受診する。
今や国保なので全額自己負担になるが、それ位は年一の出費としてケチらない。
昨年は脳ドックも受けたが、毎年受けなくても良いように昨年言われたので今年はパス。
今朝受診してさっき帰ってきた。血液検査では特別精検はなかったようだ。
後は下剤が効いて、腹のバリウムを早く出すだけ。病院まで徒歩15分、道中は暑かった。
これで心置きなく旅に出られます。帰ってきたら結果が郵送されてくるだろう。
1

2019/7/31  19:49

あさイチのレンジカレー  

昨日NHKの「あさイチ」を観ていたら、カレー特集をやっていた。
電子レンジだけで作る家庭のカレーを紹介しており、「そういえばカレールウがあったはず」
と思い出し今晩作ってみた。婆様生前時に買ってあったものであり、
賞味期限は昨年の10月(笑)。消費期限ではないので大丈夫だろうと使ってしまう事に。
計量カップがないもので、若干目分量でやっていた上にルウも多めで
少しトロみが多すぎだが味は悪くない。残りのルウで次はもう少し上手くできるだろう。
余ったものはジップロックに入れて冷凍したので、非常用でもう一回食べます。
最近はカレーはレトルトで済ませていたが、たまには作るのも悪くないかも。

暑い中買い物を済ませてきたので、明日は旅行の荷造りをするとします。

1

2019/7/17  13:55

明けろよ梅雨  

久しぶりに覗いた青空。伸び放題になった髪の毛を床屋へ散髪に行く。
もう夏なので短めに切る。もともと天パーぎみなので伸びると手強いのです。
幾分頭も軽くなった気になり、スーパーで食材買って部屋へ戻ってきた。
昼食取ってから、レコードの洗浄を行う。フラッシュ・ディスクランチの洗浄液と
マイクロファイバークロスを買ったのでせっせと拭き拭きしたのだが、
今一パチパチ感が抜けない。やり方が悪いのか?今日はもう止めます。
明日からまた下り目らしいが、そろそろ梅雨よ明けてくれ。
0

2019/7/13  8:18

グレン・キャンベルのドキュメンタリー映画、劇場公開へ  

病で引退し、その後2017年に亡くなったGlen Campbellの引退ツアーを綴った
ドキュメンタリー映画「I'll Be Me」(2014年)が9/21から劇場公開される。
既にDVDで所有して観ているが、字幕で観れるのが嬉しい。
日本語タイトルが「アルツハイマーと僕 〜グレン・キャンベル音楽の奇跡〜」というのが
ちと寂しいが公開の日を待ってます。

1

2019/7/2  13:28

梅雨の晴れ間  

貴重な雨無しの日、せっせと洗濯してから浅草まで散歩がてら買い物。
外干しして出かけられるのがありがたい。
ダイソー行ってボロボロになったはたきの代わりと多目的スタンド、
近くのショップでシャツとパンツ、ニトリで冷感ラグと買って目的達成。
ラグがかさばるので、LIFEで食材を買うのは諦めた。しかし湿度が高く汗の出る事。
昼過ぎに戻るが、バスタオルとジーンズは高湿度の為かまだ湿っていた。
乾いているものは取り込み、昼飯食べて一段落。冷感ラグで足元が涼しくなったのが嬉しい。
午後は本のページを捲りながら、シエスタに入るとしよう。
1

2019/6/2  16:39

世知辛い  

6月から映画の鑑賞料金が値上がりしたようだ。シニア料金も多くが100円アップ。
飛行機の燃油代も原油の値上がりで6月発券分より多くが値上げしている。
消費税値上げ前にワタシの趣味の旅行と映画にジワジワと負荷がかかってきた。
決して景気が良いとは言い難い世の中。世知辛いです。
0

2019/5/29  13:18

雨上がる  

雨が止んだので図書館へ本を返しに行く。
読んでなかったミュージックマガジン最新号を棚から取り出し読み始める。
内田裕也の追悼特集。長い付き合いのエディ藩と近田春夫の対談に頷くこと多し。
近田氏が言うように、ミュージシャンよりもプロデューサー体質の人だったと思う。
1975年の渡米時のNMM誌に掲載した文(再録)でもそんな姿は伺える。
当時はワールド・ロック・フェスティバルにご執心で海外へのアプローチも一所懸命。
ジョー山中やクリエイションが海外で活動できたのも裕也氏の力も大きかったはず。
ニューイヤーロックフェスティバルを継続した事も功績の一つだ。あらためて合掌!
もう一つの特集が「21世紀のシンガー・ソングライターアルバム・ベスト100」。
てっきり21世紀にデビューした人達なのかと思いきや、あくまでリリース年区切りでした。
そんな具合でBob Dylan、Joni Mitchell、Leonard Cohen、Randy Newman等も入ってる。
ベテラン・ライターの選者は新しい人を聴いている人は少なかろうから頷ける(笑)。
しかし知らない若手ライターも多いね。そして複数上がっているSSWも少なくない。
1がJames Blakeってのも時代なのかもしれない。この辺は守備範囲外ですが(汗)。
新しい人は取り敢えずは聴いて判断しようと思うが、アメリカーナ系以外を
受け入れ難くなっているのが事実(笑)。
生業ではないので、嗜好品として気に入ったものだけを聴けば良いと思ってます。
たまたま今週まとめて聴き始めたJoe Henryが2枚ランクインしている。
見ると1枚のCDに2012.10.8の日にちと彼のサインが記されている。
Lisa HanniganとJohn Smithと共に来日した時に横浜Thumbs Upでしてもらったものだ。
プロデューサーとしてより認められている彼だが、渋いSSWとしても好まれているようだ。
残りの3枚も久しぶりに聴いてみる事にします。
前任の高橋編集長から交代して、MM誌も少し洋楽が寄り戻している感じもする。
K-POPにご執心だった前編集長は昔の読者を切り捨てた感もあったので、現方針を支持です。
輸入盤紹介の欄に宇田師匠がSteve Earleの新譜について書いていたが、
Guy Clarkのカバー集らしいが、この間のMonday MeetingにGuyのトリビュート盤を
持ち込んだ事もありキャッチーでした。他にパリで観る予定のINNA DE YARDも紹介されていた。
老舗のオリンピア劇場を見たいがために行くレゲエであるが、記事を読んで期待も膨らむ。
図書館で再び数冊借りて帰ってきたが、渡仏前に読み終えて返却しないといけませんね。
渡仏まであと10日、そろそろ旅行ノートも作り始めないといけません。まあ少しずつ。

1

2019/5/21  7:02

Monday Meeting終了  

昨晩は洋平さんなんかと仕込んでいる緩〜い飲み会Monday Meetingでした。
結構多くの人が来てくれて3回目にして最大の盛況、お店にも貢献できたようだ(喜)。
音盤持ち込んでくれた方も何人もいて楽しさも増幅。
発起人でない方の酒井氏(=低音人間)も乱入、暴挙に出られたのには参った。セクハラ反対!
ワタシは「Frankie Lee」「Ry Cooder」「Guy Clark Tribute」とかけてもらった。
Frankie Leeは誰もご存じ無かったが、当たりが良く心の中でガッツ・ポーズ(笑)。
尻長なので24時近くまで巣くってました。佐藤マスターいつもスミマセン。
来月はフランス遠征なので欠席と思ったが、洋平さんが6/24に変えてくれたので出席予定。

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ