2019/7/17  19:24

2022年W杯アジア2次予選組み合わせ決定!  スポーツ

昨年ロシアW杯があったばかりなのに、9月からもう次の予選が始まる。
日本はF組でキルギス、タジキスタン、ミャンマー、モンゴルと同組。
他のポット1のライバル・チームに比べたら恵まれた組だと思う。
この組なら全勝してアジアでの他国との違いを見せつけて欲しい。勝負は最終予選。
身内の本田が実質監督のカンボジア、西野前監督が就任したタイと別組になったのも吉。
しかし本当に2022年はカタールでやるのだろうか。
現状だとクソ暑い6月を避け、11月開催予定らしいが各国のリーグ戦と調整できるのか?
オーストラリア辺りで代替開催してくれた方が余程ましだ。
カタールはE組にエントリーされているが、自国開催枠がないのも不思議。含みありか?
当初はクソ暑い中近東へは行かないつもりだったのだが、お茶の水のWoodstock Cafeの
Aマスターが盛んに連れて行ってくれといってくる。まあ、時間もあるので要検討と。
1

2019/7/8  2:01

アメリカに死角なし、4度目の栄冠!  スポーツ

女子サッカーW杯決勝アメリカvsオランダは2-0とアメリカの完勝。米の完成度は高かった。
躍進するヨーロッパ勢が目立った大会だったが、アメリカは決勝トーナメントに入っても
スペイン、フランス、イングランド、オランダとことごとく破って優勝した。
女子サッカー界の巨人アメリカは連覇、4度目の優勝を成し遂げた。
パス回しの上手さ、フィニッシュの精度の高さに加え、守備の堅さも目立った。
オランダもGK中心に守りから入ったが、先に点を取られては分が無かった。
ロイドやラピノ等のベテランの今後は分からないが、来年の東京五輪でも大本命だろう。
日本も置いて行かれないように強化に努めて欲しい。幸いな事に過去の実績から
強豪国とのマッチメークが組めるのは利点だ。もう少し海外に出る選手も必要だろうが。
昔のように何で出てきたと思うようなヘボ・チームが無くなった事は良い傾向だ。
2023年W杯には日本も開催地として立候補するようだが、今後の女子サッカーも楽しみだ。
フランスに居たのもずいぶん昔のような気がする。観戦しながらの旅も楽しかったものだ。
なによりも優勝おめでとうアメリカ女子チーム!

1

2019/7/7  2:03

ブロンズ・メダルはスウェーデンの手に  スポーツ

女子サッカーW杯の三位決定戦スウェーデンvsイングランドは2-1でスウェーデンの勝利。
前半からフォア・チェックでの速攻を仕掛けるスウェーデンは11分、22分と得点を重ねた。
こうなると結構得点差が開いてワンサイド・ゲームになりがちな三決であるが、
イングランドも目を覚まして30分過ぎに1点を返し、ほどなくホワイトのゴールで同点。
と思いきやVARでハンド裁定で得点は取り消し。前半はスウェーデンが1点リードで折り返した。
後半はイングランドが攻め、スウェーデンはカウンターで対抗する。
しかし17時開始のゲームでニースの太陽は選手の体力を奪って終盤は皆ヘロヘロ状態に。
なんとかスウェーデンが逃げ切ってブロンズ・メダルを獲得した。お疲れ様のゲームでした。
前評判の高かったイングランドだが、東京五輪の切符しか得るものはなかった。
1ヶ月の熱戦もいよいよ今晩の決勝を残すのみ。女子のレベルも上がったのを感じます。
1

2019/7/4  6:45

延長を制し決勝へ進んだのはオランダ  スポーツ

女子サッカーW杯準決勝第2試合オランダvsスウェーデンは延長戦で1-0とオランダが勝利。
本大会でスウェーデンの試合を観るのは初めてだが、体の向け方も上手くテクニシャン。
伊達にベスト8でドイツを破ったわけではなかった。途中まではスウェーデンの方が
試合の進め方は良かった。それでも後半の終盤に入ると、ガス切れなのかオランダが
前への圧力を強めていった。延長に入り、前半の内に1点取ったオランダが逃げ切った。
欧州チャンピオンのオランダは第4の欧州の刺客として決勝でアメリカと対する。
予想はアメリカの連覇だが、オランダが勝って日本の価値を高めてもらいたい気もある。
刺身のつま的なイングランドvsスウェーデンの3位決定戦と共に残り2試合。宴の終わりも近い。
0

2019/7/3  6:02

強いなアメリカは  スポーツ

女子サッカーW杯準決勝アメリカvsイングランドは激闘の末、アメリカが2-1で決勝進出。
開始早々ラピノの代役プレスのヘッドでアメリカが先制。
ホワイトに同点ゴールを叩き込まれるが、ほどなくモーガンのヘッドで勝ち越し。
前半を2-1とアメリカ・リードで終える。
後半はイングランド有利で進み、オフサイドで得点が取り消されるシーンも出た。
それでもVARでPKを得たものの、これをGKにストップされて勢いが失われた。
その後、CBのブライトが2枚目のイエローを受けて退場。10人に成ったイングランドでは
試合巧者のアメリカのボール回しによる時間を進める事に対処できなかった。
結果としてこの試合も1点差でのアメリカの逃げ切り勝利。やはり強いなアメリカは。
フランス、イングランドと連破してきたアメリカに死角なし。
攻撃にフォーカスされがちだが、このチームの守備はしっかりしている。
オランダ、スウェーデンのどちらが出てきてもアメリカの連覇は堅そうだ。
0

2019/6/30  0:03

ヘッド2発でオランダ快勝  スポーツ

サッカー女子W杯ベスト8のオランダvsイタリアはセットプレーからヘディング2発で
オランダが2-0と快勝。32度と高温のデーゲームなので選手は厳しかった。
入りはオランダが良く、簡単に勝つ雰囲気だったがイタリアも持ち直して、
前半はイタリアの方がゴールに近かった感じもした。前半は0-0で終了。
後半はオランダの一方的な展開だったがなかなかゴールは生まれない。
それでもイタリアのファウルが多くなり、結果としてセットプレーでやられてしまった。
オランダ勝利は妥当でしょう。日本が負けたイングランドとオランダは4強に残った。
この後のドイツvsスウェーデンは放送が無いのでこれで寝ます。ドイツ勝利は動かないか。
これでオランダは東京五輪出場枠も獲得。来年、早くもなでしこの雪辱のチャンス(笑)。

何と目が覚めたらドイツがに1-2で負けていた。番狂わせ出た!
0

2019/6/29  5:53

満員のパルク・ド・プランス、勝ったのはアメリカ  スポーツ

女子サッカーW杯ベスト8屈指の好カードアメリカvsフランスは王者アメリカが地元フランスを
2-1と振り切っての勝利。自力に勝るアメリカが2点リードすれば引っくり返すのは難しい。
これでフランスは地元での初優勝と共に来年の東京五輪の切符も失ってしまった。
ベテランのラピノの2ゴールも見事だったが、再三のフランスを跳ね返し続けた守備も絶妙。
米国vsチリの試合を現地観戦したが、パス交換のポジショニングが素晴らしいよ米国は。
良く鍛えられている感じはする。準決勝もイングランドと難敵だが勝算は十分だろう。
1

2019/6/28  6:04

女子W杯8強初戦はイングランドが突破  スポーツ

日本は16強で敗れてしまったが、もう少しなので目覚ましかけてTV観戦してます。
イングランドvsノルウェーの8強初戦は3-0でイングランドが勝って準決勝へ進出。
序盤から相手ボールへのチェックが強烈で何度もボールを奪取した。
ボール奪取の位置が高いほどゴールへのチャンスも膨らむ。両サイドをうまく使って
シュートへ持ち込み、前半で2ゴールを挙げた。後半はノルウェーが再三攻めるも
GKを中心としたバックスがゴールを割らせない。1点加点して3-0と盤石の勝利。
グループ・リーグでも日本を2-0と破ったこのチームは強い。
次戦はフランスvsアメリカの勝者との対戦となるが、事実上の決勝かもしれない。
アメリカが地元フランスに敗れるようなことがあれば、欧州選手権になってしまう(爆)。
0

2019/6/26  6:06

なでしこ16強でフランスを去る  スポーツ

女子サッカーW杯ベスト16日本vsオランダは1-2の日本の敗戦で終わった。
先制されると辛いと思ったが前半16分で失点、それでも前半の内に同点にできたのは良かった。
後半も30分過ぎから日本の時間が長く続いて得点が入ってもおかしくなかった。
それでも40分過ぎに相手にPKを決められるのが勝負なのかな。
PK取られたのがキャプテンの熊谷というあたりもドラマチックだった。
これに勝てば準決勝まで行けると踏んでいたが何とも残念。日本が勝ってもおかしくなかった。
しかし今大会での欧州勢の躍進が目覚ましい。かってはドイツと北欧勢以外は二線級だったが
今はW杯に出てくるチームはどこも力がある。
前大会からその兆しはあったのだが、なでしこも波に飲み込まれてしまった感じだ。
フィジカル差を埋めるのはなかなか難しいが、持久力と精度等を上げて差を埋めないと。
2011年の優勝も長い時間をかけて達成したのであるから、少しずつ積み上げて行くのだろう。
若い年代の人材が多いので、来年の東京五輪、4年後のW杯と伸びしろに期待している。
2011年の優勝を知るベテラン選手には来年の東京五輪までは頑張って欲しい。
もちろんできるなら4年後も目指して欲しいものである。CBの南、FWの遠藤と体躯のある選手は
今後の軸とならないといけない。一番頑張ったボランチの三浦を個人的には称えたい。
0

2019/6/25  10:12

日本予選突破ならず@コパアメリカ  スポーツ

昨晩のMM時にまめお兄さんにDZNでコパアメリカの放送の事を聞き、今朝登録して観ていた。
結果エクアドル戦は先制するも1-1と引き分けで、トータル2引き分け1敗と予選敗退。
最後に惜しい攻めも幾つかあったが、決めきれないあたりも日本らしいか。
この大会はどちらかと言えば来年の東京五輪のシミュレーション的な役割だったと思う。
五輪世代にオーバー・エイジを組み込んで、どこのポジションを補強するのか。
トップ、ボランチ、センターバック、ゴールキーパーと見えてきたものはあるのでは。
出来ればブラジルと大アウェーの中、もう1試合出来れば最高だったが、残念!
初戦負けても大敗はダメというのも教訓にしないと。
そしてスカウトの目に止まった選手が海外を渡る機会になれば、価値のある大会だったとなる。
さあ、明日未明はなでしこのオランダ戦。これに勝てば準決勝までは行けるぞ日本!
0

2019/6/5  21:27

赤点  スポーツ

久しぶりのサッカーフル代表戦、対トリニダード・トバゴは0-0の引き分け。
昨日のU-20のようにボールは保持するものの決定機がなかなか作れない。
頼みの中島も遠めからミドル・シュートを撃つしかないようだった。
3バックで臨んたのであるから、長友と酒井はもっと前寄りで攻めないといけないのに
いつものSBと同じ感じでしか仕事ができない。南野を先発から外したこともあり、
中島、堂安との3人で前に行くいつもの攻撃ができていなかった感じ。
後半も30分過ぎまでは同じような形を繰り返し、室屋と原口が入って
やっと高めのポジションで攻められた感じ。相手GKも当たっていたが0点は頂けない。
ホームだし、この程度の相手なら3-0か4-0で勝たないと話にならない。
久保をベンチ外にしてサポーターの期待を裏切ったことも森保監督は罪つくりである。
セルジオ越後の餌食になるような試合をしてしまった。赤点というよりも採点なしだろう!
0

2019/6/5  7:57

日本負けた  スポーツ

サッカーU20W杯のベスト16対韓国は0-1で日本は敗れてしまった。
前半は引いた韓国を日本がボールを保持するもゴールは遠く0-0で前半を終える。
後半に入ると韓国はBKを1枚削って攻めに回る。この変化に戸惑う日本。
それでも1点先制と思いきや、VAR裁定で得点を取り消されたのが辛い。
その後韓国にヘッドで1点を取られると、同点にする事ができず0-1でタイムアップ(涙)。
宿敵と言われるが、どの世代でもいつも韓国にはやられている感じがする。
それだけに韓国との対戦が決まった時は嫌な感じがしたが、またもって感じです。
日本もポストを叩いたり、韓国と同じ位にチャンスはあったのですが。
まあ、この世代は本大会の経験を生かして次の五輪やフル代表を目指してもらいたい。

この前にウトウトしながら観ていた五輪世代が参加しているトゥーロン国際大会で、
日本はチリに6-1と完勝。前のイングランド戦も2-1と逆転勝利している。
主催者枠での東京五輪なので予選でのヒリヒリする戦いが無いので強化も難しいが、
「こいつら強いんちゃう?」と思わせる戦い。
この中からフル代表の南米選手権へ参加する者もおり、天狗にならないように注意です。
自信はよいが過信は禁物ですが、ゴールが取れるチームが楽しいのも事実。
ここの所年代別や男女など代表戦が続く。今夜も男子のフル代表戦が行われる。
若い日本代表に違いを見せる試合を行って欲しいものです。若手での南米選手権も楽しみ。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ