2021/6/13  8:03

EURO2020絶賛開催中!  スポーツ

日本も連日サッカー代表戦が行われているが、欧州でも4年に1度の欧州選手権が昨日開幕。
時差があるので試合がほとんど夜中、全て観る事はできないが居眠りしながら観ている。
今までは単独開催か2か国の共済だったが、今回は数か国1都市ずつと変則の開催。
おまけに昨年から延期となり2021年なのにEURO2020(笑)。
これって旅人のワタシ的には移動を考えるとよろしいとは思えないのです。
かって2000年のベルギー&オランダ、前回2016年のフランスと行ったが、
それは旅をしなから試合を観るという楽しい時であった。隣接ならともかく離れた国は辛い。
次回2024年はドイツの単独開催になるらしいので、また行ってみる価値もあるというもの。
さて今年の大会だが、流石に馴染みのある選手が少なく、世代交代を感じている。
観てはいなかったがショッキングな事に試合中にデンマークのエリクセンが倒れ
緊急搬送されたらしい。大事には至っていないようだが心配である。
スタジアムにはフルではないが観客も入れており、来年に迫ったカタールW杯を見越した
活動なのだろう。無事に大会が終了する事を願っている。カードを見ながら試合を楽しみます。
0

2021/6/12  15:40

連日のサッカー代表戦  スポーツ

この日はU24がジャマイカのフル代表と対戦し、4-0で快勝。
久保、遠藤、上田、堂安とゴールを決めて五輪へ最後のアピールを行った。
オーバー・エイジの3人がフィットし、守備が安定しているのが頼もしい。
元々中盤はタレントが揃っているので、これで世界と勝負できる布陣になったのでは。
但し日本に来る外国チームは出稼ぎとしか思えないので、その点は割り引いて考えないとね。
心配はFWだが、得点を続けて挙げた上田を軸に、サブでスピード勝負の前田ってとこか。
2列目の出来で得点が挙がるようなチーム。FW以上に2列目に得点を期待してしまう。
誰がえらばれてもメダル獲得に力を注いでくれるはずである。あくまで開催が前提ですが。
0

2021/6/11  21:22

久々の欧州勢に勝利  スポーツ

サッカー日本のフル代表対セルビアは1-0と僅差の勝利。
相手の攻める意欲が余り感じられなかったため、ピンチはほとんど無かった。
それでもCBに入った谷口と植田は、時たま入るハイ・ボールに対しても
でかい相手に負けていなかったのは頼もしかった。
前戦の昌子と中谷が失点した事を思えば、控えとしては順位が上がった感はある。
そんな具合で相手は後ろを固めて、前半は日本はペナルティ・エリアの外で
ボールを回してばかりで、ろくにシュートが撃てず策が無かった。
ハーフ・タイムで喝を入れられたらしく、裏のスペースを使う回数も多くなり、
早い時間でCKから伊東の得点が生まれた。
ニアですかしてアウトに走り込んで決めるというのは、対U24の先制点と同じ形だ。
相手が大型という事もあり良い形だったと思うし、ひとつのパターンとしては使えそうだ。
惜しむらくは2点目が取れなかった事が残念。オナイウのゴールがオフサイド判定は残念だった。
近年ネーションズ・リーグが行われ、欧州勢とのマッチメークができにくくなっている。
欧州遠征でも中南米やアフリカ勢としか試合が行えていなかった。
ワールド・カップを考えると欧州勢と試合を組めた事はこの日の収穫と言える。
相手監督のストイコビッチはまともな攻めをしない自軍選手が歯がゆかったのでは。
次回は欧州で欧州勢と試合が出来る様になれば良いが、現状では難しいのかもしれない。
いずれにしてもホームで勝利した事でこの日は取り敢えずは合格点を差し上げます。
0

2021/6/10  17:18

なでしこ8-0の快勝  スポーツ

五輪を目指す日本女子サッカーは男子と違ってフル代表である。
この日のウクライナとの試合は8-0と快勝。6人の選手が得点を挙げてアピールした。
得点は多く挙げたが、パスミスも結構ありもう少し精度を上げないと本大会では厳しい。
キャプテン熊谷の相方として先発した宝田も、前方へのフィードがラインを何本も割っていた。
この辺りも含め、解説の大野が的確に指摘していた。ただ勝てば良いのではないという事。
この日は南は出なかったが、熊谷の相方のCBは南の方が適任なのでは。
次のメキシコ戦は南が出ると思われるが、どちらがレギュラーに抜擢されるのだろうか。
いずれにしても18人で短い間隔での連戦が続くので、タフな選手が選抜されるはず。
選手選考に残された試合は次のメキシコ戦のみ。長谷川にイマイチ切れがないのも心配だ。
さあ、明日は男子のフル代表のセルビア戦です。前の試合の修正を望みたいものです。
0

2021/6/7  21:29

日本代表対タジキスタンは4-1で勝利  スポーツ

サッカーW杯アジア2次予選の日本vsタジキスタンは、最終予選を決めている日本が4-1で勝利。
U24のオーバーエイジ枠で守備の主力を抜かれており、今回はテスト的な色合いの試合。
4バックは総取替であり、ボランチには川辺が先発した。
前線も南野は残したが左に原口、右に古橋、トップに浅野を起用した。
最初はスペースがあり浅野のスピードも生きたがそれも序盤のみでしたね。
それでも浅野のシュートから古橋が押し込んで先制。
しかしそんなに経たないうちらタジキスタンにヘッドで同点弾を叩き込まれる。
相手にルーズボールが渡る事も度々あり、この日はやはり連携はイマイチ。
2次予選を無失点でいた所を失点してしまい、今日先発したバックスが最終予選に残るのは
ちょっと厳しくなったか。
前半の内に南野が流石の勝ち越しゴールを挙げて2-1で前半を終えたのはまずまず。
後半も交替枠をフルに使って選手を試し、橋本・川辺に代表初ゴールが生まれて4-1の勝利。
後半に鎌田が入る事ににより、前線に落ち着きが生まれた事は間違いない。
もはや鎌田は前線の指揮官としての地位を確立した感がある。今後も楽しみな選手です。
今月の残り2試合で更に選手のテストは続く。今日は谷口はボランチで入れたが、
次は植田と共にCBでテストされるのでは。予選のキルギス戦よりもセルビア戦に注目です。
0

2021/6/7  8:46

夢の日本人プレイオフ  スポーツ

何と全米女子オープンで19歳の笹生優花が-4で優勝。それが畑岡奈紗とのプレイオフ!
1打差の2位スタートで何かやりそうと思ったので2時に早起きしてWOWOWの放送を観ていた。
2.3Hで連続Wボギーでレクシー・トンプソンとの差が大きくなるとうつらうつら。
目が覚めるとレクシーが落ちてきて畑岡が急追。
笹生も終盤バーディを重ねて何と日本人同士のプレイオフに。そして3ホール目で決着。
アメリカでずっと研鑽を続けて来た畑岡にカップを挙げたい気もしたが、勝負は時の運。
笹生はパク・インビの最年少記録に日数も同じという目出度い事が重なった。
アメリカ的には二重国籍のフィリピンを国として扱うのだろうが、我々目線は日本人。
閉塞感の強まる今、松山のマスターズに続く明るい話題を届けてくれた。
これで五輪&パラリンピックに追い風とは思わないが、スポーツの筋書きのないドラマは楽しい。
笹生はフィリピン代表で畑岡は日本代表で五輪のゴルフ競技に出る予定ですので。
笹生選手おめでとうございます。畑岡選手これからも期待してますので全米プロ頑張れ!
0

2021/6/5  21:28

オーバー・エイジの効果は絶大  スポーツ

中一日でのサッカーU24の試合、対ガーナU24は日本が6-0と圧勝。
五輪初戦の南アフリカ戦を見越してのアフリカ勢との対戦だったが呆気ないくらいの勝利。
やはりフル代表でもレギュラーの吉田・酒井・遠藤をオーバー・エイジとして加えると
守備が安定して攻撃にも良い影響を与える。ましてやU24の冨安もフル代表のレギュラーなので
水のこぼれる隙が無いのが頼もしい。そんな具合で前線の選手が揃って得点を挙げての快勝。
交代を含めて、この日出場した選手は18人の代表枠に近づいたに違いない。
代表選出前の試合はジャマイカ戦を残すのみ。ボーダーの選手のより一層の奮起を期待します。

オリンピックも近づいた上に、W杯2次予選の残りの試合もあり、ここの所代表戦ラッシュです。
見る方としては楽しい時間が今暫くは続きます。勝ち試合を沢山観れると嬉しいですね。
0

2021/6/3  21:33

兄貴の威厳  スポーツ

ジャマイカ・メンバーの来日が遅れた為に急遽組まれたサッカー・フル代表vsU24代表。
これは下手な外国代表チームを呼ぶよりも面白い組み合わせ。これは日本協会のヒットでしょ。
オーバーエイジも冨安も先発から外れ、これで大丈夫かと思ったらCKから早々に失点。
そして鎌田にも個人技でゴールを割られ前半はフル代表が2-0。
しかも後半も早い時間に浅野に得点が生まれて3-0。
そのまま終了して、U24はあまり良い点が見れなかったのが残念。
フル代表の浅野と伊東はスピードの違いを見せつけたが、U24の前田はイマイチでしたね。
しかしU24は入りが悪い。前後半共に10分内に失点したのは頂けない。
最後尾はオーバーエイジと冨安が入ればフル代表と同じなので変わるとは思うが残念でした。
結果としてフル代表の威厳を見せつけた試合になってしまった。
U24は心してかからないとメダル所の話じゃなくなるよ。奮起を期待します。

0

2021/5/30  8:30

欧州チャンピオンズリーグ優勝はチェルシー!  スポーツ

欧州サッカーのシーズン最終試合となるCL決勝のマンチェスター・シティvsチェルシーは
1-0でチェルシーが9季ぶり2回目の優勝。マンCの初優勝はならなかった。
ヨーロッパリーグに続いて目覚ましで起きてウトウトしながらの観戦。
はっきり言ってプレミア勢同士の対戦は興味がイマイチ。1-0というスコアも残念な結果。
土壇場でトルコのイスタンブールからポルトガルのポルトへ会場変更。
それでも30%の有観客であったので盛り上がった感じはする。ファンあってのプロスポーツ。
これで今季のサッカーシーズンも終了。来月にはミニW杯とも呼ばれる欧州選手権が始まる。
何度か行ったがこれも楽しい1ヶ月だ。但し今回は何か国かの大都市開催と違った形式。
やはり1ないし2か国での開催で国中がお祭り騒ぎになるのが楽しいとワタシは思うのです。
迷走を続けるUEFAって感じは否めない。それでも試合は熱戦となるのでWOWOW放送が楽しみ。
0

2021/5/28  21:18

日本10-0でミャンマーに大勝し最終予選へ  スポーツ

コロナ禍かつ国内がクーデター状態にある中でミャンマーはW杯予選に来日してくれた。
形的にはミャンマーがホームの千葉の試合だが、日本はベスト・メンバーで10-0の大勝。
前戦の対ベトナムが14-0、この日も10-0と相手は別にしても2試合続けての二桁得点は凄い。
日韓戦も力の違いを見せつけたし、今の日本はアジア最強かも。最終予選でイランや
オーストラリアとどういった試合をやるのか楽しみ。真ん中の大迫はこの日も5ゴールしたし、
2列目の3人は違った個性で攻撃を形づける。久保の出る幕は今の所なしでしょうがない。
ボランチとバックスも固まってきたようで大きな失点をする気配がないのが頼もしい。
昨年メキシコにはやられたが、世界の強豪と手合わせしたいと思わせてくれる。
このまま最終予選を駆け上がってカタールへ連れていってくれる事を確信してます。
五輪にオーバーエイジで参加する吉田・酒井・遠藤の3人も開催されるなら力を発揮して貰いたい。
その間にフル代表の他の選手が目の色変えてレギュラーを争うのも楽しみだ。ナイスゲーム。
0

2021/5/27  8:51

壮絶なるPK戦  スポーツ

ヨーロッパリーグ決勝ビジャレアルvsマンチェスター・ユナイテッドを観るために
目覚まし時計をかけて朝早く起きた。キックオフは4時。ポーランドでの9千人の有観客。
有利を予想されたマンUだったが先制され、後半にカバーニの同点弾で追いついた。
それからも優勢を続けながら延長を行っても1-1は変わらなかった。途中暫し居眠り(汗)。
そしてPK戦へ突入。ここからが凄かった、何せどちらもゴールを挙げ続ける。
外しもせず、GKのセーブにもあわずにフィールド・プレーヤーの各10人が終わった。
そしてGKがキッカーとして登場し、ビジャレアルのルジは決めたがマンUのデヘアはセーブされた。
いや〜、良いもの観させてもらいました。こんなに決め続けるPK戦は観た事ない。
優勝したビジャレアルおめでとうございます。久保もグループ・リーグでは出て
ゴールを挙げたのも遠い事。我慢して居続ければ優勝を味わえたかもしれないが後の祭り。
週末のチャンピオンズリーグも楽しみです。
来季はカンファレンスリーグなるものもUEFAではできるらしいが、水増しの感は強い。
スーパーリーグ構想からの離脱を表明していないチームへの裁定も近々でそうですね。どうなる?
1

2021/5/5  17:10

VIVA!藤川球児  スポーツ

NHKで広島vs巨人の放送を観ていた。結果は巨人が4-0と快勝。
試合内容よりも解説をしていた藤川球児の話っぷりに驚いた。
和田一浩とのW解説だったが、自己の経験則だけでない目の行き届いた解説が素晴らしい。
そして野球への愛が溢れている。子供の問いに「失敗なんてない」と言い切ったのには驚嘆。
嗚呼 この人は昨年引退して解説者1年目だが、早く現場に戻って若い人を育ててもらいたい。
きっと若い人に希望を持たせる言動をするんだろうと想像してしまった。
ワタシが現役の時に「そんな事は無駄だ」と上司に言われ、「無駄な事なんてないんだ」と
反発した事を思い出してしまった。
メジャーでの成功は掴めなかったが、その経験も彼の肥やしになっているはず。
阪神との関係は続いているようだが、どこのチームでも良いので早くユニフォームを
着てもらいたい人です。今日の試合の解説を聞いてそんな気持ちを強くした。VIVA!藤川。


2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ