2021/1/15  16:38

黒い四巨頭  映画

Amazon Prime Videoで本日より配信が始まった映画「あの夜、マイアミで」を観る。
カシアス・クレイがソニー・リストンをKOで破り、ボクシング世界ヘビー級チャンピオンに
成った夜に彼とマルコムX、NFLのスター選手ジム・ブラウン、サム・クックの四人が会っていた。
史実的にはマイアミでクレイはチャンピオンに成った後でモハメド・アリと改名しているので
マルコムXが居たとは思われるが、他の二人がいたのは作り話では。
それ以外にもマルコムXのモーテルの部屋での出来事はそれらしい架空の話なのだろう。
言い争うマルコムXとクックでマルコムが唐突にディランの"Blowin' The Wind"をかけ、
クックに「お前はこういった公民権運動にかかわる曲を書いてないだろう」と詰め寄る。
その後ブラウンと二人になった時に「未公開だが書いてある曲があるんだ」と話して、
後日のジョニー・カーソン・ショーで"A Change Is Gonna Come"を初披露するなど
ちょっと盛ったホントの話に口元がほころぶ。
全米94位のボビー・ウォーマックの"It's All Over Now"をストーンズが取り上げて
1位となってボビーと著作権を持つクックが潤って喜んだ話もここぞと出している。
最高なのはマルコムXがクックのステージを5回観ていて、ボストンの公演で前座に出た
ジャッキー・ウィルソンが電源を落としてマイクオフになり、その場でクックがステップを踏み
"Chain Gang"をアカペラでお客と大合唱になるシーンは圧巻だ!
「あれはチャントだった」とマルコムXがいう事でクックの機嫌も良くなった(笑)。
他にもバーでクレイが"I Must Be 'The Greatest'!"(その場じゃないだろ)と叫んだり、
ブラウンが映画の撮影が延びるのを認めないチームから引退して俳優になるという場面等、
時系列を適当に無視しながら面白おかしく作った一作。こんな夜があったのなら楽しい!
まだまだ人種差別のあった時代であり、Black Lives Matterの時代にも刺激ある作品です。
プライム会員なら観て損のない一作。オススメしておきます。

0

2020/12/29  11:02

今年のお出かけもお終い  映画

昨日はヒューマントラストシネマ渋谷へ「ソング・トゥ・ソング」を観て来た。
これで今年の劇場での映画鑑賞も最後であり、それから今年のベスト5も選定した。
今年の1位とした「名もなき生涯」のテレンス・マリック監督作品で、
オースチンを舞台にした音楽プロデューサーやソングライターがメインと聞いていたので
ワタシ向きと楽しみにしていた。
ルーニー・マーラ、ライアン・ゴズリングやナタリー・ポートマンも出ているし、
パティ・スミスやイギー・ポップ等もセリフのある本人役で出ている。
どう見てもACL Festivalとしか思えない場所での撮影シーンもある。
カメラアングルや美しい風景画等もいかにもテレンス・マリックらしい映像で綺麗だ。
但し、ストーリーがとっちらかって、何がその本質で伝えたいのかイマイチ理解できなかった。
こちらの理解力の問題なのか、面白く感じなかったのが本音。趣向性が違ったようだ。

これで今年のお出かけもお終い。後は家の近くで買い物したりして過ごすだけです。


0

2020/12/17  8:04

宇宙モノ  映画

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

明日までの上映なのでヒューマントラストシネマ有楽町へ映画「ミッドナイト・スカイ」を観に来た。
1週間上映、それもレイトショーの1日1回と厳しい日程。家で夕飯食べてから出動(笑)。
Netflixの映画はペイテレビが主なのか映画館の上映期間が短いものが多い。
賞レースや映像販売を考え、少しでも上演すればOK認識なのかもしれない。
ジョージ・クルーニーが監督・主演した宇宙SF映画。
宇宙モノは現実とかけ離れた映画的題材で結構好みです。
吹雪や宇宙船の船外活動などでハラハラのシーンもあったが、割と淡々と進んでいた感じ。
最初は筋がイマイチ理解出来なかったが、最後で繋がった。宇宙モノにしては地味な一本。
丸の内は細々ながらイルミネーションを灯していた。寒いね〜、帰って寝ます。

0

2020/12/11  23:26

負け犬の行く末  映画

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

丸の内TOEIで映画「アンダードッグ」前後編を続けて観る。こういうのは一気見が醍醐味。
ボクシング映画で前後編となると2017年公開の「あゝ、荒野」を思い出す。
こちらは引退間際で咬ませ犬となったボクサー役の森山未來を中心に
若手ボクサーの北村匠海、お笑い芸人のTV企画でボクサーとなる勝地涼と
拳を交えながら引き際と再生を探す物語。ドラマ自体は結構泥臭い。
題名にある「負け犬」の心境がどの様に変わっていくのかが見ものか。
131+145分の長丁場でした。

0

2020/11/27  19:41

モノクロ映画  映画

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

こんなご時世ですが久しぶりに電車に乗ってお出かけ。
先ずはヒューマントラストシネマ渋谷で「Mank/マンク」を観る。
Netflix制作の映画だがこれは劇場にも掛かっている。
脚本家マンキーウィッツがオーソン・ウェルズの「市民ケーン」の脚本を書き、
オスカーを受賞するまでの伝記映画。苦悩しながら脚本を書き上げる現実に
回想シーンを散りばめて彼の偏屈な性格を綴っていく。
いかんせんセリフが多いと言うか言葉遊びが多過ぎて理解に苦しむ場面も少なくない。
そんな所がイマイチ乗り切れなかったか?
監督にデヴィッド・フィンチャー、主役にゲイリー・オールドマンと役者を揃え、
1930年代を意識してのモノクロ撮影と準備はOKなのですが。
さあ、場所を移るとします。

0

2020/11/12  16:58

B級ニューシネマ  映画

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

曇天の下、ヒューマントラストシネマ渋谷で「ストックホルム・ケース」を観る。
チェット・ベイカーの映画「ブルーに生まれついて」と同じ監督と主演。
近年、イーサン・ホークの出演映画を観る機会の多いワタシです。
実話に基づく映画で、ストックホルムの銀行強盗と人質が連帯感を持ちながら脱出を図る様は
一昔前のニューシネマの体をなす。
1973年の時代設定は冒頭からディランの" New Morning"を流し、エンディングでも
彼の歌を配している。
劇中にもあと2曲使われ、犯人二人が昔を思い出して二人で歌うシーンもある。
70年初頭のディランの歌声は綺麗で穏やかだ。
70年代ニューシネマならデッドエンドに入り込んだ犯人達はラストで死ぬのだろうが、
ここでは人質との連帯を持ちながらほっこりと終わる。
「行き止まりの青春」は過去のものなのだろうが、現代のB級ニューシネマとして
愛すべき作品であった。

0

2020/11/5  16:41

上野回遊  映画

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

明るい日差しに誘われて上野まで歩き、TOHOシネマズ上野で「罪の声」を観る。
迷宮入りとなったグリコ森永事件をモチーフにしたフィクション。
キツネ目の男懐かしいです。脚本が良く書けていた。
事件を追う小栗旬と星野源は刑事では無く、新聞記者と事件に係るテーラー店主との
バディなので尖った所が少なく良かった。刑事の二人はワタシのお気に入りではないので。
時代が1984年の時代設定なので、昭和の時代の役者が多く出でいるのが興味深い。
宇崎竜童、梶芽衣子、火野正平、浅茅陽子、桜木健一は警察の道場で柔道衣を着ている
(嗚呼 柔道一直線)。他にもかしまし娘の照江さん他多数。こういうの好き!
バイブレイヤーとして市川実日子は相変わらず安定している。
さて、近辺を周遊するとしますか。

映画を観終わり、秋葉原方面へ移動して鳥つねの親子丼で昼食。
トロトロの卵と鶏肉でご満悦。1.1千円。
秋葉原まで歩きレコファンを覗くが戦利品なし。湯島まで戻り、お次は東都レコードへ。
ここは結構面白いのがあるが、財布との折り合いがつかず
鈴木博文の著作本「ああ詞心、その綴り方」を9百円で購入。
上野のうさぎやで銘菓どら焼きを2個(4.6百円)買って帰宅。さあ、お茶にしますか。
本日、10,217歩。

0

2020/10/30  20:53

ジャームッシュの二本立て  映画

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

本日、キネカ大森でジム・ジャームッシュ監督の二本立てを観る。
先ずは「パターソン」。2017年公開時に観ているが再見。
ニュージャージー州パターソンの街に住むバスドライバーの1週間の生活を綴る。
主演はスターウォーズで名を上げたアダム・ドライバー。日々の仕事の合間に詩を書き、
夜に愛犬の散歩がてらビールを飲む生活にも多少の凸凹はある。
ラストの永瀬正敏とのやりとりもほのぼのとしながら気分を上げてくれる。結構好き。
次いで今年公開して見逃していたゾンビ映画の「デッド・ドント・ダイ」。
かってはゴースト・バスターズでお化けと戦ったビル・マーレイが年老いたポリスとして
ゾンビと戦う。ここでもアダム・ドライバーが出ている。彼もついにジャームッシュ組入りか!
スタージル・シンプソンのお気楽カントリー曲に乗ってゾンビとの抗争は続く。
ゾンビ役でイギー・ポップ、世捨て人の語り部でトム・ウェイツ等
、相変わらずミュージシャンを沢山配している。
終わり方がちょっと締まりがない様な?ちょっと平凡。
ゾンビの大群にマイケルの「スリラー」を思い出した。
トム・ウェイツもこんな所で遊んでないで音楽活動やってくれないと困りますよ!

0

2020/10/14  20:39

満足度MAXの二本立て  映画

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

連日のお出かけ。本日は早稲田松竹で「1917 命をかけた伝令」と「名もなき生涯」の
二本立てを観てきました。
二本とも公開時に見逃していた作品。前者は今年2月に公開され、オスカーでも
撮影賞他3部問を受賞した第一次大戦中の兵士の伝令の1日を綴ったもの。
全編ワンカットで大胆に撮っている。エキストラの数は相当だったのでは。見応えありました。
後者も今年2月に公開されたテレンス・マリック監督作で、第二次大戦下でオーストリアの夫婦が
信念を貫く物語。オーストリアの山河は美しいが、人を映すアングルの妙味により惹かれた。
そのアングルが心情を表すようだ。175分の長尺だが長さを感じなかった。
「地獄の逃避行」から始まり、「天国の日々」など秀作を撮りながら寡作の感が強かった
マリック監督だが、最近は撮る本数も増えているようなのが嬉しい。良い二本立てを観ました。
戦争ものであり晴れやかな気持ちとは行かないが、満足度はMAXでした。



0

2020/10/5  11:16

荒れた海も時が経てば.....  映画

昨日WOWOWでの放送を録画していた映画「凪待ち」を今朝鑑賞。
白石和彌監督作品らしく荒々しい暴力と流血シーンはあるもの、そういったものを通して
人間の弱さや温かさを描かせたらピカ一です。
競輪博奕と酒に近親者の死で落ちていく男が踏みとどまる姿を香取慎吾が好演している。
荒れた海が平穏な時を迎える様をタイトルが表している。劇場公開時に見逃して気になっていた。
次回の白石監督作品も楽しみです。心のひだを表す映画は日本映画の醍醐が味です。
三谷幸喜に寵愛される香取だけでなく稲垣吾郎と草なぎ剛の元SMAP組は過去に囚われる事なく
演技の幅を広げていて今後にも注目です。
この映画はWOWOWの「W座からの招待状」枠で放送されたもの。
この番組ではナビゲーターをつとめる小山薫堂と信濃八太郎が映画の前後に行う
彼らのエッセイとイラストと対談が暖かくてとっても楽しみです。
安西水丸、長友啓典と前任二人のイラストレーターは逝去しており、三代目の信濃氏には
長生きして活躍して欲しいと願うばかりです。

0

2020/10/2  18:33

探せばあるAmazon Prime  映画

名画座をチェックしていたら新文芸坐の今日のレイトショーに「トマホーク ガンマンvs食人族」なる
西部劇がブッキングされているのを数日前に発見。未見の2015年作はカート・ラッセル主演の
B級西部劇。観たい気も強いので、まずはAmazon Primeをチェックするとこれがある。
無料で観れるなら我が家のテレビ大画面で観るのもよかろうと、本日観戦。
人食いのインディアンはまるでゾンビのようであった。時代背景を西部劇に見立てたゾンビ映画?
まあ、それでも楽しんで見せてもらった。まだまだ未見の西部劇がAmazon Primeには眠ってる?
ヒマを見つけてチェックしてみるとしよう。

1

2020/9/29  19:10

モータウン自慢話  映画

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

本日はヒューマントラストシネマ渋谷で「メイキング・オブ・モータウン」を観て来た。
昨夕買った東京メトロ24時間券の有効活用(笑)。昔、ファンク・ブラザースにスポットを当てた
「永遠のモータウン」なんて映画もあったななんて思い出していた。
創業者ベリー・ゴーディJrが語り部となるモータウン成功物語。殆どが自慢話(笑)だが、
歴史を辿りながらシステム等を現存する主要メンバーの話も交えながら面白く見せてくれる。
いまだにスモーキー・ロビンソンと仲良しで、グラディス・ナイトとマービン・ゲイが
どちらが先に"悲しいうわさ"をレコーディングしたかを子供の様に$100かける姿が微笑ましい。
老いてなお元気な二人です(喜)。
そのスモーキーが最高のアルバムと断言するマービン・ゲイの「What's Going On」が
ローリングストーン誌が選ぶ歴代最高のアルバム500選の2020年度版で1位になったのも
記憶に新しい。
但し、楽曲で言えばワタシは"Ain't No Mountain High Enough"に1票を投じるのです。
アッシュフォード&シンプソンは名曲を書いた。
個人的にはモータウンはリズム&ブルースやソウルと言うよりもポップスのレーベルと
捉えている。だからこそビートルズにも対抗できた。
いずれにしても音楽ファンには楽しい映画だ。
デトロイトのモータウン博物館(Hitsville U.S.A.)にも一度行ったが、
街は残念ながら荒んでいた。
さっさと帰って、出てくる前に作ってきたカレーを食べるとします。



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ