2019/11/13  23:49

「時にまかせて」again!  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

本日は代官山の晴れたら空に豆まいてで金延幸子を観てきました。
昨年はチケットを買えず残念でしたが、今回は無事にゲット。
20世紀の終わりにCRTが築地のホテルの地下駐車場でLIVEをしていた頃に
彼女を観た記憶があるのですが、あれは幻?
今日は抜歯したのでアルコールは厳禁で、寂しくジンジャエールです、トホホ。
整理番号41だが前から2列目左端のキーボードの浜田真理子の側に座れてラッキー(喜)。
19:35に前座の高田蓮がアコギのソロでまずは親父の"コーヒーブルース"等4曲。
60年代アメリカン・フォークの香り、時々聴こえるブルースのフレーズに
Jorma Kaukonenを思い出す。ベースの伊賀航とドラムスの伊藤大地が加わって
(Oh!細野バンド)オリジナルの"ハロー・フジヤマ"、"野バラ"と演って30分で終えた。
会場を優しく包んでくれた。当初はスティール弾きのイメージだったが、
今やオールラウンダーなギター弾きですね蓮さんも。良かった。
10分の転換で金延幸子の登場。見た目は普通のおばちゃん。
1部はアコギのソロ弾き語り、ゆったりとしたリズムで歌を紡いで行く。
"はやぶさ"等の「み空」からの曲と知らない曲も混じえての45分。
思わずMCを英語でしてしまって日本語で言い直す辺りは米国在住者。
テンポを少し上げた"道行き"が個人的には良かった。
15分の休憩後、出てきたのは伊藤と伊賀のリズム隊とキーボードの浜田真理子。
3人で真理子さんの"ミシン"を1曲演ったので個人的には上がった。
金延さん再登場、バンドで"あなたから遠くへ"から再開。
この曲は真理子さんもカバーしてますね。以降、真理子さんのコーラスが加わることに。
そして蓮さんがエレキギターで加わってコンプリート。
Neil Young的リズム・パターンでの"青い魚"での彼のスライドは
ダイナミズムを生んで素晴らしい演奏に。
そして"時にまかせて"は何とも"My Back Pages"なギターのフォーク・ロック。
メンバーが顔を見合わせて笑っていた所を見ると何かトラブルでも?
もう1曲英語詞の曲を演って男性陣は去り、真理子さんと2人で"み空"を演って本編終了。
アンコールではハーモニカの八木のぶおと1曲演ってからバンドを招き入れて
再度"時にまかせて"を。さっきはギターのチューニングが合ってなかったらしい。
元の低いキーで再演してこの日の演奏を終えた。2部は55分。
個人的にはバンド・スタイルの2部は1部よりも遥かに良かった。
真理子さんが出てきてから彼女を見てばかりいた。
今年は12/25にもう1度彼女の歌が聴ける。

1

2019/11/10  19:06

多摩川超えて出張  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

帰国一発目で本日は鎌倉のGoateeまで久しぶりにPirates Canoeを観に行ってきました。
フロントの女性3人が揃って子持ちとなり、リード・ボーカルは米在住と
非常に揃い難い状況になってる現在です。ワタシの中ではもはや外タレの扱いです。
店主の松本さんに酔っ払いとの認識はされている。
開演前からビール3本と昼からお店に優しい男です。始まる前にドブロの岩城さんから
別ユニットのRallypapa Foundationの情報収集もさせてもらった。いまだ関東未上陸。
12:40にまずはPirates Canoeから始まる。フィドルの欅さんもいるフルメンは久しぶり。
新曲に混じり"Guitar Blue"、"Hotaru"なんて古い歌が聴けるのが嬉しい。
ドブロの岩城さんはバンジョーも弾く機会が増えていた。
"Spider Tatoo'が聴けなかったのが個人的には残念。
キャプテン・サラがご懐妊の様なので次はいつになるやら。
サラさんは日本語で歌うが、基本はエリザベスの英語であり、下手なアメリカーナの
ブルーグラス・バンドには優っていると思ってます。相変わらず良いなこいつら。60分。
25分の休憩後、中井大介 & パイカスの登場。サラの旦那でレーベル社長の彼と
Pirates Canoeの男3人です。彼のソロは1度観たことがあるが、
シティ・ポップで柔らかい。"もしも屋"なんかがこの日は聴けた。結構好きです。
間にGoateeのブッキングで来日中のAnthony Da Costaが2曲客演したが
個人的には感じる所はなかった。中井さんはアンコールも1曲演って70分。
できたら東京で聴きたいが、またPirates Canoeが上京してくれたら聴きに来るとします。
今日はCDは買わなかったが、ビール4本飲んだのでまあよろしいかと。

0

2019/11/1  1:01

LIVEに行こうよ!  音楽

旅の途上ですが月も変わりますので時限装置をかけておきます。
遠征から帰っても結構足を運ぶつもりです。体調崩さぬ様に年末へ向かいます。


★Rachael & Vilray 11/1@Old Town School Of Folk Music,Chicago,IL 
指定席 US$42(4,556円)

クリックすると元のサイズで表示します

Lake Street DiveのボーカルRachael Priceの別ユニット。
デビュー盤未聴ながら会場がシカゴ老舗のフォーク系ホールなのでそれも楽しみ。


追加
★Jimmy Johnson 11/2@Buddy Guy's Legend,Chicago,IL Free

クリックすると元のサイズで表示します

バディ・ガイの店にSylの兄貴が出演。それもアーリー・ショウなのでチャージ無し!


★Kelly Willis & Bruce Robison 11/2@SPACE,Evanston,IL 自由席 US$31.84(3,494円)

クリックすると元のサイズで表示します

ずっと観たかった夫婦モノが演るってんでシカゴまで出てきたのです。
いい歌沢山聴かせてくれるだろう。すっごく楽しみ!


★Rosanne Cash & Ry Cooder 11/3@The Met,Philadelphia,PA 
                         指定席 US$119.35(13,453円)

クリックすると元のサイズで表示します

娘ロザンヌとライがジョニー・キャッシュの唄を歌うという企画もの。
昨年ライにドタキャンされたので、情報リリースされて食らいついた。やっとです。


★Pirates Canoe 11/10@鎌倉Cafe Goatee 前売自由席 3,200円

クリックすると元のサイズで表示します

海外在住者もいるのですっかり外タレ並みの活動になってしまったパイレーツ。
今回もフロントの女性が3人揃うのかは怪しい。それでも久々に観れるのが嬉しい。


★金延幸子 11/13@晴れたら空に豆まいて 前売自由席 4,800円

クリックすると元のサイズで表示します

昨年はチケット買えずに残念だったが、今年はめでたく参戦。
豪華なバックで「み空」の世界を満喫したい。


★Donann 11/14@曙橋Back In Town チャージ 4,000円

クリックすると元のサイズで表示します

久々のDonannの再結集という事でこれは行かないと。
サッカー代表戦を蹴っていくので楽しませてくださいね。


★T字路s 11/15@東京キネマ倶楽部 立見 4,000円

クリックすると元のサイズで表示します

T字路sが徒歩圏の東京キネマ倶楽部で演るのですから3連荘もいといません。


★Hicksville 11/17@代々木Zher the ZOO 前売自由席 4,000円

クリックすると元のサイズで表示します

年に1度はヒックスヴィル、それもバンドスタイルなのが嬉しい。
会場限定の音源もあるのでチェックします。新曲もあるようなので楽しみ。


帰国して8日で5本はちょっと厳しいかも........
1

2019/10/27  18:16

散歩がてら  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

お昼に散歩がてら浅草のHubへ。13:30からカンザスシティバンドの
下田卓with井上大地の投げ銭LIVEがあるので行ってみた。
毎月カンザスシティバンドはここで定例ライブをしているが、
実はここで観たことはない(汗)、。
ハッピー価格のビールの杯を重ねフードも食べながら開演を待つ。
13:30からブルースで始まった。30年この店に来てるがギター弾いて歌うのは下田さん、
初めてらしい。いつもはトランペットですからね。
次がルイ・ジョーダンの曲だったので、着ていた彼のパーカーが見つかって
"Knock Me A Kiss"をプレゼントされてしまった(笑)。
ベッシー・スミスの"Don't Cry Baby"、オリジナル曲、井上大地の歌う"Route66"等が出て、
ラストは投げ銭欲しさに"聖者の行進"を投げ銭の歌の替え歌"投げ銭を鉢に"で
1部は40分で終了。相変わらずの上手いMCで客を転がしてます。
30分の休憩後再開。"St James Infirmary"、井上大地の歌う"Stand By Me"、
"Trouble In Mind"から憂歌団の"嫌んなった"に続く辺りが分かってる。
Billy Holidayの"Travelin' Light"を男はつらいよ的に途中から日本語歌詞で演るのがたまらん。
オリジナルの"新しい町"は復興の歌で今の日本に妙にフィットしてしまう。
T字路sもこの歌を持ち歌にしている。
オリジナルの"ちょっとそこ行くレイディ"、小林亜星のCMソング"どこまでも行こう"で
本編終了。馬券買いに行きたいが、アンコールで"Sunny Side Of The Street"を
取り急いで歌う。そして'投げ銭を鉢に"で1回りして2部は45分で終了。
来年の1月に昼飲みライブはまた演るらしいので時間が合えば来るとします。
「次は昭和歌謡も演ってね」とリクエストしておきました。
彼の宇崎竜童ナンバーはいけてますから。
今日もお店に優しい男でした。さあ、図書館寄って帰るとします。

0

2019/10/24  23:35

ワイハのAOR  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

本日はBack In TownへRichard Nattoを観に来ました。ハワイのAORの人。
ワイハだけに昔、亀ちゃん辺りに教わったのかも知れません。
最近はすっかり柔くなったので、AORも好きになってるワタシです。
お世話になっている近くのBar461で一杯飲んでから会場入り。
BITも暫くぶりなのでそこそこお店に優しくしませんとね。
開演を待っていると旧知のTOMO先生が隣にやって来た。相変わらずvividに
呼ばれちゃったようでご苦労様です。
彼氏の焼酎頂いてこの日も楽しく過ごさせてもらいました(喜)。
19:35にRichardが出て来て始まった。彼のギターのみのソロ・ショウ。
MCを沢山混え、ギターもタッピングや派手なアクションを見せて盛り上げてくれた。
但し風貌が類人猿なのは否めない(笑)。「一番好きな曲」と言って歌った
"Bish's Hideaway"良かったです。
カバーのStephen Bishop"Savd It For A Rainy Day"やBurt Bacharach
"House Is Not A Home"やBeach Boysの曲(失念)なんかも演って1部は60分。
休憩中もRichardはテーブルを回って元気だった。
ワタシ達のテーブルにも来たので"Welcome"と声を掛けておきました。
20分の休憩後、2部スタート。2部はタッピングする事もなく、アコギを丁寧に弾いて
歌ってくれた。オリジナルに混えてMonkeys"Day Dream Believer"や
Dave Clark Five"Because'、ElvisやBeatlesメドレー等とにぎにぎしかった。
アンコールのOrleans"Dance With Me"のギター・インストもほのぼのとして良かったな。
2部も60分。普段はハワイのホテルのラウンジなんかで演ってるんだろうが、
ライブ慣れは感じましたね。
久しぶりにTOMO先生とこの場所にいると、自然と入来さんの名前が出てほろっとする。
彼氏がいた事はちゃんとワタシ達は覚えてますから。


0

2019/10/22  7:48

昨日もご盛況  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

本日もMonday Meeting@Bar461はご盛況。お酒飲んで楽しく過ごしました。
ワタシは原点に戻ってアメリカンな音盤「Breakthrough/Lenny LeBlanc」、
「Home At Last/Wayne Berry」、「ST/Jeffrey Comanor」、
「Leap Of Faith/Timothy B. Schmit」なんかをゆる〜くかけてもらいました。
若干傷み盤もありましたがお許し下さい。
前2枚はマッスル・ショールズ関連、Wayneの"Welcome Home"はバック・ボーカルに
Jackson BrowneとNed Dnheneyがいるしアサイラムで出ていても良いくらい。
裏JB的に愛聴していた1曲です。
TimothyはパチモンEaglesのバイトで小金稼がずにソロの活動をもっと楽しんだら
良いのにといつも思ってるんですが。もうお金は沢山あるでしょうに(笑)。
ではまた来月、皆さんお元気な姿でお会いしましょう。

0

2019/10/20  14:31

明日は月一のMM@Bar461  音楽

明日は月一のMonday Meeting@Bar461。選盤も済ませたのであとは行くだけ。
但し体調がイマイチなのでいつものようにお店に優しい男になれるかは疑問?
誰か私の代わりにお店に優しい男になってくれないかしら(笑)。
それでは明日19時目処で音楽聴きながらお待ちしております。
1

2019/10/14  21:14

素敵......  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

台風で開催が危ぶまれたモントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパンであるが、
最終日だけは挙行となりまずはヨカッタ。雨降る中、日本橋三井ホールへ向かう。
家からは20分余りと近かった。
16時前には着き、前から3列目程の右手に陣取り開演を待つ。
定時の16:30にスタート。まずはDr.Kyonがアコーディオンを鳴らし、後ろから
古田たかしがパーカッションを鳴らして入ってくる。トロンボーンとサックスの2管、
ベースとギター、そして最後に小坂忠が続く。いつもの忠バンドとは編成が違う。
そして忠さんがエゴラッピンの中納良恵を呼び入れてジャズの"Sing Sing Sing"から
始めた。そしてSam Cookeの"Bring It On Home To Me"、
Miraclesの"You've Really Got A Hold On Me"と続いた辺りはかなり嬉しかった。
長くリスナーを続けていると違った曲や演奏が聴けるのがライヴの醍醐味。
良恵さんのパンチある歌声に結構忠さんも触発された感はありましたね。
但し以降はエゴラッピンの"色彩のブルース"、忠さんの"機関車"、"Hot or Cold"、
"ほうろう"、"ゆうがたラブ"と持ち歌に終始してスリルは薄れたか。
それでもソウルフルな歌声の二人は流石です。会場を十分に暖めた50分。
35分の転換後、待ってましたのメイン・イベントのブラジルの歌姫Marisa Monteの登場。
バックはベースのDadiを始めギター、ドラムス、パーカッションの4人。
前回は大所帯だったが今回はスモール・コンボです。
Marisaは振袖のようなカラフルな衣装を着て登場。サングラスをかけているのが
何とも残念。でも数曲でサングラスは外して、美しいご尊顔を拝ませてくれました。
52歳でもまだまだ別嬪さんです(喜)。
まずは"Maria De Verdade"から始めたが、何せポルトガル語なので曲名が分かるものは
非常に少ない。知ってる曲は幾つもあるものの、それがもどかしい。
しかし彼女の声は円やかで柔らかい。この声にやられてる。
そして2本の腕を空中に浮遊させてダンスする。時に盆踊りかと思う時もあるが、
この微妙な腕の動きがとってもチャーミング。アコギやエレキ、ウクレレなんかも
曲によっては手にとって歌う。
バックでアコギのナイロン弦が鳴ると彼女の声に円やかさが増した気がした。
MPBの旗手だけに後半に行くに従ってリズムのある曲も増えていった。
Dadiもエレキギターを手に取る事もあったな。終盤にワタシの好きな"Nao Va Embora"を
彼女はエレキを弾きながら歌った。ロックを感じるこの曲は素晴らしい。
聴けて満足すると共にホッとしました。
アンコールで"Amor I Love You"ともう1曲演って、大きなハートを作って
この日の演奏を終えた。歌詞はポルトガル語だが、MCは英語でやってくれた。
在日ブラジル人なのか結構観客の歌声も聴けて良い感じの90分。満喫。
次は12年も開けずに来て下さい。相変わらず素敵な人でした。

0

2019/10/13  18:13

ヨカッタ  音楽

昨日今日と中止になっていたモントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパンだが
明日は無事に開催されると報じられた。まずはヨカッタ。
成田・羽田の閉鎖もありMarisa Monteが来日できるのか気をもんだが大丈夫らしい。
妖艶な姿と柔らかな歌声に触れられるのももう少しです(喜)。

1

2019/10/9  17:10

全然知らんかった  音楽

ネットサーフィンしていたらスパンピナート兄弟バンドが
ビリー・ブレムナーと来日の報にぶち当たった。それも今月の24-26の三日間。
下北沢、幡ヶ谷、渋谷の3か所の小さなライブハウスで演るようだ。知らんかった。
しかし読み進めると問題あり。スパンピナート兄弟は兄貴のベーシスト・ジョーイが
闘病中で不在らしい。これでは兄弟バンドは偽りありでしょう。
かってはNRBQはよく聴いて来日公演にも行ったし、ビリーもRockpileやソロも持っていた。
それも今は昔、引っ越しを機に彼らのアルバムも放出してしまった。
10/25.26は行く事は可能だが、ジョーイも居ないしパブ・ロックは今の気分ではない。
これがロンドンの場末のライブハウスならノリで行ってしまうかもしれないが(笑)。
日本のバンドが幾つか前座出てるのも面倒くさいし、ここはパスするとします。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/10/5  23:03

ソウル・ショウを堪能  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

渋谷から銀座ラウンジゼロへ移動して夜は大上留利子を観る。
Bro.福原氏が教えてくれて予約したが、予約が早かったのかかぶりつきの席へ。
後から来た福原氏が奥さんと挨拶に来てくれて恐縮です。
定時の19時にスタート。バンドはギター、キーボード、ベース、ドラムスだが、
コーラス等の歌い手が15人程いる。歌唱指導しているお弟子さん達なのだろうか。
まずはArethaの"Respect"から歌い始める。大上さんの歌声はゴスペルタッチの
コーラスが被ると埋まりがちになる。これは最後まで同じだったので、
ミキサーにもう少しレベルを上げてもらいたかった。
"Bridge Over Troubled Water"はPaul Simonのソロでのゴスペル・コーラスを
思い出させた。Stephen Stillsの"Love The One You're With"もゴスペル・コーラスの
はまる曲だ。Otis Clayの"Try To Live My Life Without You"でカバーは一段落。
個人的にはソウル・カバーは大好物ですから良し。
オリジナルの" Sexy Woman"、"通り過ぎる夢"とシャンソンを1曲歌って
弟子達に場を譲る。
若いだけに彼女達の歌声の方に張りを感じるのは致し方ないか。
特にジェニファー中心でのLabelleの"Lady Marmalade"、
Aretha Franklinの"Rock Steady"、憂歌団の"胸が痛い"の3連発はコーラスも含め
ドッカーンと大きな花火であった。
大上さんもArethaの"Chain Of Fools"から戻り、スターキングデリシャスで歌い込んだ
Otis Readingのカバー"That's How Strong My Love Is"で
懐かしくも「好きや〜好きや〜」と叫んだくれた。これは結構嬉しかった!
本編ラストもスターキングデリシャスのオリジナル"My Way, My Love"、
アンコールはBOROの"大阪で生まれた女"で長いLIVEを締めた。155分。
声は細くなったが、円やかな歌声は大上留利子だった。楽しいソウル・ショウでした。
こういうのは大好物ですから。
大上さんに挨拶するという福原夫妻を残し、お先に失礼させてもらいました。
年1で聴くには悪くない。

0

2019/10/4  15:30

これは必見!  音楽

キタ〜!Jason Isbell来日。
全アメリカーナ・ファン必見!
1/13@ビルボード東京。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ