2019/4/16  23:48

イケてなくてもイケてます  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

ビルボード東京でSt.Paul & The Broken Bonesを観る。数年前にたまたま
ニュージーランドのフェスで観て、そのソウルへの愛を感じてファンとなった。
翌年にはオーストラリアのフェス、先月にも米国フェニックス のフェスで観て、
満を持しての来日公演である。
フェス荒らしでは無いが、LIVEでこそ真の良さの出るバンドである。
今まさに最も勢いのあるWhite Soul Bandと言っても過言でない。
いつも曲が分からないので、3枚のアルバムを聴き込んでこの日に臨んだのだが。
定時の21:30に"Unforgetable"をBGMにギター、キーボード、ベース、ドラムスに
トランペット、サックス、トロンボーンの3管が出て来て演奏を始めると、
すぐにマントを羽織ったボーカルのPaul Janewayが出てくる。
ずんぐりとした父ちゃん坊や的な風貌は決してイケてないが、一声放てばハートを射抜く。
まさに魂の咆哮。"LivWithOutU"だったろうか?ノリの良い曲から始めた。
ホーンの入りがとても良いのよこのバンド。MCも無くノリの良い曲が数曲続き、つかみはOK。
しかしPaulはエネルギッシュに動き続けながら息を上げる事なく、
時にファルセットも使いながらシャウトし続けた。
オールド・スタイルのソウル曲"Like A Mighty River"がとても素晴らしい。
1stは本格的なオールド・スタイルの曲が揃った好盤だ!最新作はオシャレになり過ぎだから
こちらの方がワタシ的には好み。次はやはり1stからペースを落としてのソウル・バラード
"Grass Is Greener"。良い流れです。
途中、ギター、ホーン隊、ドラムスでのインストもあり、後半にかけては"Apollo"など
最新作からの曲中心だったようだ。本編ラストはスロー・バラードの"Bruised Fruits"で、
順番に一人ずつステージを降り、最後にドラマーがスティックを置いて曲が終わった。
しかしすぐに彼らは戻ってきて、まずは"Sanctify"、そして"Call Me"では
Paulは場内を1周し、ラストの"Broken Bones & Pocket Change"では
3階の客前カウンターを途中寝そべって唄ったりしながら横断した。
ショーマンシップ溢れる男だ。
最後は騒ぎ倒して70分のステージを終えた。いつも全力投球の彼らは最高だ!
客入りがイマイチなのが何とも残念。1stからの曲が結構沢山聴けて良かった!
またいつか何処かで観る事もあるだろう。ヨカッタ!

0

2019/4/14  20:22

昼下がりの下北沢にて  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

帰京早々にMike Violaを下北沢ラ・カーニャへ観に行く。13:30からのマチネである。
朝から山のような洗濯を済ませ、部屋を掃除してから出かける。
彼はトム・ハンクスが監督した「すべてをあなたに」(That Thing You Do)の主題歌で
少しは知られているが、ワタシもあの曲以外は浮かばない(汗)。
それでも彼のパワーポップはなかなかメロディアスで良いんだよな〜。
13:35にピアノを弾きながら始めた。以降、アコギ中心でピアノは少なめ。
意外にパワーポップ的なノリの曲は少なく、SSW然した落ち着いたゆったりめの曲が多い。
曲は殆ど初めて聴くようなものばかりだが、しっくりくるのはその為か。
事前にリクエストを受け付けていたようで、できる曲は何曲か応えていた。
そして意外にもピアノのタッチがドリミーでいかしている。
ギターよりこちらの方が好みだったかも。
"Sunset America"って曲はアコギでのスロー・バラードだが、この曲はなかなか好み。
歌詞はシニカルな感じも伺えたが。
終盤で演った"That Thing You Do"ではお客からクラッピングも出てやはり一番人気でしたね。
この曲は自作でないようなのが笑えるのだが。
アンコールはメドレー的にピアノで2曲演ったが良い後味を残して終えた。
105分、ソロだが飽きずに聴かせてくれた。パワーポップの人との先入観は拭い取られた感じだ。まあ、バンドだと違った感じなのかもしれないが。
思ったよりも良かったので満足して家へ帰ります。

0

2019/4/10  23:23

An Old Friend MIYA  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

雨の寒い日、南青山マンダラまで仲井戸麗市を聴きに行く。
この日は元THE BOOMの宮沢和史とのジョイントである。
19:05にShadowsのインストをBGMにチャボが出て来て店の25周年の謝辞を述べてから
宮沢を呼び入れる。
宮沢はアコギを取りハーモニカをブヒ〜と鳴らせて"中央線"から始める。
今や矢野顕子の持ち歌となっているこの曲だが、彼の代表曲である。
ミヤは歌い上げるボーカルが時に臭く感じる時もあるが、それが彼のスタイルであり
良さでもある。ソロなのでフオーキーなれど持ち味は変わらず。
THE BOOMの歌を唄うなどしてから、病気で暫くギターとマイクを置いていた話をする。
それが元でTHE BOOMにも終止符を打ったのである。体を鍛え、数年前からまた少しずつ
歌い始めたらしい。来月リリースの新譜からの"歌手"という曲はそんな気持ちを歌ったようだ。
三線を手にして、楽器や植樹の話をしてから知名定男のカバー"スーキカンナー"を1曲。
沖縄の方言指導や8886の歌詞構成など沖縄について語る彼は雄弁だ。
ギターに持ち替え、どんととのエピソードと共にローザルクセンブルクの"ひなたぼっこ"、
RCサクセションの"夜の散歩をしないかね"とカバーを続け60分で演奏を終えた。
時にボサノバ的なギターを弾くところも彼らしかった。
15分の休憩後、チャボ登場。いつもながらの登場だが、曲がイマイチ分からない(汗)。
滝廉太郎"花"、"サイクリング"、"サンドウィッチ"、新宿のポエトリー・リーディング、
THE BOOMの"そこが僕のふるさと"、お得意の洋楽の日本語カバーは
Elton John"Your Song"が飛び出した。
"祝マンダラ25周年"なんて曲もやったが、これはやっつけ仕事でイマイチか(笑)。
以下失念……60分。
アンコールはミヤとの共演でお互いの曲の交換に始まり、ポエトリー・リーディング、
"雨上がりの夜空に"、"島唄"まで50分と2部並みに残業してくれた。
サッチモの" What A Wonderful World"が鳴ればお終いの合図。
「 We Are 麗和(Reiwa)」と叫んで下がっていった(爆)。
相変わらずチャボのソロはコスト・パフォーマンスが高く、お客を満足させてくれる。
ミヤに対するハラスメント的発言も彼なりの歪んだ愛情表現として微笑ましかった。

0

2019/4/9  19:51

今頃この人が......  音楽

え〜っ、と思ってしまった。ビルボード東京に6/29.30とTerry Reidの名前が。
1977年のローリング・ココナッツ・レヴューの時にDavid Lindleyと共に土曜の初っ端に
出たのを観た記憶が蘇る。懐かしい。
CDのラックを覗いたら、引っ越しの際に放出したとみえて何枚か持っていたものがない。
それでもYouTubeを見ればいくらでもみつかる。フランスからも帰国しているし行く事は可能。
カジュアルで行ってみようかな。取り敢えずYouTubeでチェックしてから判断します。

0

2019/4/6  9:41

Joni75歳のバースディ!  音楽

昨年の11月にLAで行われたJoni Mitchell75歳の誕生日記念コンサートのDVDが
米国より一昨日届き、今朝観ていた。CDも出ているが映像版の方が曲は多いし、
何よりこういったコンサートは音だけより画付きの方が楽しいので迷わずDVDを選択。
旧友(恋人?)のJames TaylorやGraham Nashを始め、彼女を敬愛する後輩たちが
彼女の歌を唄いお祝いしている。会場には彼女も姿を見せ、ラストの"Big Yellow Taxi"の時に
ケーキを頂き微笑んでいる。一時は危篤状態だった事を考えれば、目出度い誕生日です。
かって彼女を称えるコンサートがHollywood Bowlであった時に行ってみたが、
期待したものの彼女は姿を見せてはくれなかった。Glen Hansardはその時にも出ていたはず。
何度か来日している彼女ですが、日程が合わず見逃し続けた事は我が人生の汚点です。
もはや彼女が生で演奏する機会はゼロに近いだろう。Arethaもそうだったが縁のない人です。
このコンサートでは知らなかったヒスパニック系のLa Marisoulという女性歌手が
Los Lobosと共に演る明るいラテン・アレンジの曲がよかった。知らない人を知るのは楽しい!
すっかり御婆ちゃん顔のJoniですが、拾った命を大切にして長生きして下さい。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2019/4/4  8:17

ヨカッタ〜!  音楽

Buddy & Julie Millerの新譜「Breakdown On 20th Avenue South」が6/21にリリースされる。
奥方のJulieさん、随分とご無沙汰だったので御身体が悪いのかと心配してました。
まずは一安心。リリースしたらまた二人てツアーして欲しいものです。
大分前にSFで観た時にゲストのEmmylou Harrisを恐れない発言でこちらをヒヤヒヤさせた彼女。
Buddyのボスだと言うのに、結構天然なJulieさんです(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

0

2019/4/1  10:28

LIVEに行こうよ!  音楽

早くも今年は3か月が終了。渡米を終え、今月は広島へとちょっと旅してきます。
4/2に1件キャンセルになりましたが、今月も足繁く通うとします。花粉はまだまだあるね。


★仲井戸麗市 X 宮沢和史 4/10@南青山MANDALA 指定席 6,500円

クリックすると元のサイズで表示します

CHABOのセッション相手として観るのはお初の元BOOOMのミヤ。
ボーカリストとしてどんな化学反応を見せてくれるのか楽しみ。カバーは何が聴けるのか?


★T字路s 4/12@広島クラブクアトロ 立見 4,000円

クリックすると元のサイズで表示します

旅先の広島で新譜ツアー中のT字路sをキャッチ。地方で観るとどんな感じなんでしょうね。
新譜は聴かないままで来てしまっているのでかえって新鮮かも。


★Mike Viola 4/14@下北沢ラ・カーニャ 前売自由席 4,500円

クリックすると元のサイズで表示します

日曜のマチネ公演でパワー・ポップを。
トム・ハンクスが監督した「すべてをあなたに」の主題歌で少しは知られているか。


★St. Paul & The Broken Bones 4/16@ビルボード東京 カジュアル席 6,500円

クリックすると元のサイズで表示します

先月フェニックスのフェスで観てきたばかりの彼らがついに来日。
ソウル・マナーをわきまえた演奏がホントに素晴らしい。好きですワタシ。


★Widcat Canyon 4/25@Back In Town チャージ 3,000円

クリックすると元のサイズで表示します

白井夫妻のデュオに参戦。取り敢えず年一ノルマ達成か(笑)。
ウェストコースト強化を望む。


★East Meets West 2019 4/28@東京国際フォーラムホールC 指定席C 2,500円

クリックすると元のサイズで表示します

天井桟敷の席(当日指定)なれどこんな値段で矢野顕子やサム・ムーアが観れるのは有難い。
バンドも豪華だし楽しみです。


マツダスタジアムで広島vsヤクルトも観てきます。
1

2019/3/31  15:25

5/22 ミニアルバム  音楽

昨晩はブルーノート東京へカントリーを聴きに行ったのだが、
原宿で推している優河のバンド・スタイルでのLIVEもあったんだよな。
そんな優河さんが5/22にミニアルバムをリリースする。
昨年出した「魔法」も買っていないのだが、この新譜も気になる。
リード・トラックの"めぐる"は映画「長いお別れ」の主題歌らしく期待大。
次に見られるのは6/1地元上野公園野外ステージでの「Lotus music & book cafe’19」か。
ソロ出演の様だが、アン・サリーも出るので行ってみようと思ってます。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/3/30  23:05

カントリ〜  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

本日、ブルーノート東京でカントリーのショウケース。この店でカントリーってのも珍しい。
但し、現代のカントリーはコンテンポラリーだからSSWやサザンロック、
ウェストコーストロックと何ら変わらない。
出演のBrandy Clark、Lindsay Ell、Devin Dawsonはいずれも知らないが
日本で米カントリー聴けるのは貴重ですから。
椅子が三脚並んでいる所からSongwriter Circle的に順番に歌い継いで行くのだろう。
このスタイルはアメリカで何度か観ている。
定時の20時になると3人が出てくる。左からBrandy、Devin、Lindsayの順に椅子に座る。
Lindsayはエレキであとの2人はアコギを弾く。
Brandyの"Crazy Women"に始まり、Lindsayの"Criminal"まで、各人交代で4往復
4曲ずつ演奏した。曲によってはDevinとLindsayはコーラスやギターを被せるが、
Brandyだけは人の演奏は聴いているだけだった。
あとの2人はギタリスト的な感覚が強いのだろう。
Brandyはしっとりと歌い、良い曲を書き続けて行けばRosanne Cashみたいに
なれるかもしれない。
Devinは今の形ではブレイクは難しいように思った。個性が見え難いのよね。
一番好感を持ったのがLindsayだった。
ラップ風の歌唱とサンプリングを駆使してのギター演奏はロッキンで結構好み。
彼女だけは殆ど立って演奏し、ブレイクするという強い意志も感じた。
「昨年は30日しか家に居なかった。ステージが私のリビング」なんて言い張っていた。
カナダ人らしい翳りが感じられないのは今風か。
70分、アンコールなし。YouTubeで少し観ただけだったが、交代で演るので曲を知らなくても
飽きずにまずまず楽しめた。CMAの派遣でニュージーランドから始めた3週間のツアーも
今日で終わりとの事。お疲れ様でした。
ナッシュビルの小さなクラブで観るようなLIVEでしたね。
終演後外は雨。出口でビニール傘をくれた会場のホスピタリティが何とも優しい。

0

2019/3/29  17:13

アイタタ.......  音楽

4/2にビルボード東京で予定されていたMuscle Shoals & Nashville Connectionですが
Donnie Frittsの体調不良で中止とのこと。まことに残念至極。
ミュージシャンの高齢化死去が増えている中、Donnieには体をまずは直して戴きたい。
調子が良くなったらまた日本に来てくださいね。待ってますので。

1

2019/3/29  11:20

捨てられん.....  音楽

近々Unionで少し断捨離資産減少と思い、Squeeze解散時にDifford & Tilbrookの
デュオ名義のCDを聴いてみたが、"Love's Clashing Waves"のポップさが素晴らしく
この1曲の為に捨てられない。ワタシにとってはPaul McCartneyの何倍も素晴らしく感じる。
今は袂を分けてしまった二人、この二人が揃わずにSqueezeを名乗るGlennには不満だ。
昨年12月にロンドンで彼のソロを観たが、倅を重用するなど最近の方向性に疑問です。

1

2019/3/27  11:37

復活芽瑠璃堂4/3オープン!  音楽

閉店後、オンラインショップで再開10年、いよいよ4/3に芽瑠璃堂がリアル店舗として再開。
この音盤が売れない時代に目出度い事です。吉祥寺には足が向かなかったが、
渋谷では結構お世話になった。黒モノに深入りするようになったのもここの影響が大きかった。
坂戸は池袋からも40分以上とそれなりですが、明大リバアカのお友達高橋のお母さんの地元。
5/12には「パンヘッドアカデミー vol.2 サザンソウル 今明かされるGold Waxの真実」なる
イベントもあるようなので行ってみたい気は十分です。長くの活躍を祈ります。

https://www.facebook.com/events/2140577202702415/
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ