2006/9/18

松茸の話  山菜

昨日に続き、松茸の話です。
皆さんは国産松茸を食べた事があるでしょうか?
ちまたに溢れている外国産(中国、北朝鮮、カナダ等)ではないですか?
においが無い等あまり評判の良くない外国産ですがなぜでしょう?
日本の松茸とは種類が違うのではという説があります。
長野で輸入松茸を扱っている方に聞いたことがあるのですが、中国の松茸は山の中では無く、牧草地に生えるそうです。
また、松茸の特徴である香りがしないのは防腐剤等を大量に使用しているからではないかという説。
全くの憶測ですが、常温で保存しても相当な時間傷まないので(国産ですとすぐに黒くなります)本当かもしれません。
先日、中国産しいたけから、残留基準値を超える農薬が発見され、輸入規制だ禁止だと騒いでいたので、松茸もそうなのかと心配になります(個人的には全く困りませんが)。
あ、やはり松茸もそうみたいです。
消費者にとっては、安くて危険なものを選ぶか、高くても新鮮で美味しいものを選ぶか。僕は絶対に後者です。
しかも、国産松茸も手が届かない程高価というわけではありません。とくに最盛期には手に入れやすいです。コロやヒラキ(小さいもの、傘の開いたもの)でしたら、1箱1万円です。かなりの大家族でも1箱で十分だと思います。
高級レストランで食べると1切れか2切れで1万円飛びます。(ボリ過ぎ!)
昨夜、さっそく初物の松茸いただきました。
皆さんにも早くお送りしたいです。

本日の入荷〜初茸4kg、ほうき茸ピンク4kg、あみ茸4kg、畑しめじ6kg、桜しめじ3本、カノシタ、ヌメリイグチ少々でした。








teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ