2007/5/27

岳のたらっぽ(タラノメ)とは?  たらの芽

天然たらの芽、だいぶ入荷が減ってきました。

おそらくあと2〜3日で終了のようです。

まだ採れないこともないのですが、標高の高い場所のたらの芽(以下「岳のタラッポ」)は赤いタラッポがほとんどです。

赤いタラッポは棘が多く、何より見た目があまり良くないので市場価値が下がります。

2〜3年芽を採っているとしだいに緑がかってきます。

緑の岳のタラッポは里山のものに比べてもさらに立派です。

文章でなかなか表現しにくいのですが、毎日毎日100kg以上も入荷するタラッポを見てるので目は確かです。

色艶、肌合い、鮮度(厳密に言うと、どちらも採りたてなので鮮度は一緒のはずですが)とにかく外観が素晴らしいです。

より環境の厳しい場所に育つ分、同じ採りたてでも違って見えるのか(推測)、もしかすると一般の方には解からないのかもしれません。

しかし、採取はさらに困難で、何本に1本しか緑のものが無く、そのうえ丁度良い大きさのものはさらにその何分の一・・・。

最後のほう(5月下旬)にお届けしているのがまさに「岳のタラッポ」(緑)になります。

タラッポが終わると寂しくなりますね(やはり「王様」なので)。

お買い逃しの無いようおねがいします。




2007/5/17

天然たらの芽BIGサイズ新発売!  山菜

天然たらの芽L〜LLサイズ、新発売です。

手のひらサイズと思って下さい。

天然物の採取は競争が激しく、小さいうちに採ってしまうのでこれだけ立派なものはなかなかお目にかかれません。

しかも脇芽や2番芽(1番を採った後に出てくる細い芽)ではなく1番芽です。

それこそ誰も知らないような場所(かなり山奥、熊が出そうな場所、藪がひどすぎて入りたくない場所、落ちたら確実に死ぬような崖、etc)でなければありません。

小さいほうが市場価値は高いですが(ほぼ高級飲食店なので一口大の大きさまで)、地方の市場では長いほうが人気です。

個人的には小さいものを上品にちまちま食べるより、大きいものを口いっぱいに頬張って食べたいのでこちらの方が好きですし、その方が美味しいです。

なによりお安く提供できるので、お勧めです。

おそらく今年のたらの芽もあと10日ほどで終わりです(自然保護のため、2番芽は採りません)。

もう一度天ぷらで食べたいのですが、なかなか妻がその気になってくれません(忙しいのでしょうね)。

1箇所まだ見てない場所があるのですが、先日熊が目撃され、怖いので行けません(悔しい)。

天然たらの芽BIGサイズの紹介でした。













2007/5/15

天然こしあぶら緊急値下げいたします!  山菜

天然こしあぶら緊急値下げいたします!

期間限定ですが(5/25迄)、大特価での販売はおそらく今回限りなのでお見逃し無く。

市場価格の低迷が理由です。

おそらく最盛期なので大量に市場に入っているのでしょうね。

それでも何故か小売の段階に来るとかなり高価です。

不思議ですね。

そこで当店は、この際だからお客様にお安くお分けしようと考えました。

余剰在庫とか売れ残り品ではありませんのでご安心下さい。採れたて新鮮な天然のこしあぶらをお届けします。

安すぎて心配?

いえいえ、他ショップが高すぎるだけです。

当店は宣伝広告費が限りなくゼロに近いため(HP、ブログも手作り、大手ショッピングモールも出店してません)お安くできるのです。

ただあまりに安すぎると、採る人達から文句が来ちゃうので、この辺が限界ですが(笑)。

という事で、「天然こしあぶら20%オフ大特価sale」5月25日までです!

よろしくお願いします。
クリックすると元のサイズで表示します

こしあぶらのお浸しです。

香りも味も実に強烈です。これでこそ天然物!

天ぷらにするとマイルドになります。



わらびあいこ〜お届け開始です!




2007/5/12

行者にんにくの油炒め  行者にんにく

クリックすると元のサイズで表示します
行者にんにく(アイヌネギ)を炒めてみました。

隣の肉は残念ながらオーストラリア産です。

既に予約終了してしまいましたが、たまにポツポツと入りますので「どうしても欲しい!」という方はご連絡下さい。

お届けできるかどうかは微妙なのであまり期待はしないで下さい。

油と相性良いですね。

お浸しよりもニンニク臭が強くなり、味も濃くなる気がします。

おそらく今年最後でしょうから味わってゆっくりと食べたいのですが、子供(2歳と1歳)が許してくれません(笑)。


たらの芽〜里山はそろそろ終了のようです。
標高の高い遅い方、これから最盛期に入ります。


     




2007/5/11

天然山うどの酢味噌和え、きんぴら  山うど

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します天然山うどを酢味噌和えでいただきます。

茹でて皮を剥き、皮はきんぴらにしました。

きんぴら〜ごま油で炒め、醤油、砂糖、みりんを適量加え(お好みでタカのツメ)、最後に白胡麻を降りかけます。

酢味噌和え〜茹でた後酢味噌と和えるだけ。

こちらもかなりイケます。

栽培物では体験できない強烈な味が好きな方に是非ともお勧めです。

春の食卓に欠かせない食材ですね。

ウチの嫁が大好物で毎日のように食べています。

山うど、もう始まってますが、皆たらの芽やこしあぶらに忙しく、例年ですとたらの芽が終わってからようやく集まりだすのですが、今年は運よくこの時期に少々入りました。

※まだ毎日入荷するほどは出てないので、たらの芽やこしあぶらと同時注文のお客様は少々お待ちいただくかもしれません(新鮮なものをお届けしたいため)。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ