2010/4/20

たらの木またも切られてました!  たらの芽

今朝はたらの芽の様子を見に山へ行きました。

例年のことですが、今年もたらの木が切られてました。

クリックすると元のサイズで表示します


たらの芽は特に競争が激しく、しかも先に採られるともう採れません。
(2番芽、3番芽なら出てきますが、それまで採ると木が死んでしまいます)

ですから言うなれば「ズル」して、まだ採るには小さいうちに切って持ち帰る人がいます。
これを家で水に挿しておけば成長するからです。
ただし、水っぽくて全くおいしくありません。

この手法が横行し、冬の間に山じゅうのたらの木を切る輩が一時期増えました。
本物が出回る前に採れるため、昔は市場で高く売れたからです。

最近では美味しくないのがばれたため、あとひと目でそうと分かるため、栽培品が増えたため、たいして売れなくなりました。

それでも毎年相変わらず切られています。
私たちが採るような山奥や藪の中は残ってますが・・・。

問題は、切られると死んでしまう木があるという事です。

さらにひどい業者になると根ごと掘ってしまいます
それこそ絶えてしまいます。

地元の者はそんなひどいことはしません。
自らの首を絞める結果になるからです。
他の町からも時期になると大勢押し寄せます。
八戸や盛岡、秋田のほうには木や根を買う業者があると聞きます。

一番芽を摘むくらいならいいですが、木を切ったり根を掘ったり、2番芽3番芽を採るのはやめて欲しいものです。

貴重で希少な”山の幸”年々激減しています。
天然の行者にんにく のように「幻の山菜」になってしまいますよ。

2010/4/19

『かたくり』そろそろ採取開始  採取・出荷状況

第3子、生まれました〜!

またまた男の子。まーいーでしょう。
赤ちゃんってあんなに小さかったっけ?
ますます頑張るつもりです。

おかげで寝る暇が無く更新できませんでした。
こういう時は保育園があって本当に助かります!
あいつら(上の子2人)がいたのでは仕事になりません(笑)。

話がそれました。

本日様子見に山へ行きました。
かたくり」無事でした。
クリックすると元のサイズで表示します

雨で頭が垂れてますが・・・。

私が知る一番早い山です。
本格的に始まるのは時間の問題かと。

たらの芽、この辺はまだまだですねぇ。
桜もまだまだですので例年より遅れるかもしれません。
当店メンバーは早い場所も知っているのですが・・・、まだ少なくとも数日はかかりそうです。

あざみ」「こごみ」もある山ですが、今日は見えませんでした。
雨だったのでチラッと見ただけですが。
次回に期待。

今年の天気は全く予想ができません。
異常気象です。
寒かったり暑かったり雪が降ったり霜が降ったりで、山菜たちも大変そうです。

行者にんにく」もいつまで採れるかどうか。
今年は昨年より太いものが多いです!
お早めのご予約をお勧めします。



2010/4/14

4月半ばなのに雪が。。。  採取・出荷状況

もう4月も半ばだというのに・・・が降りました。
しかも結構な量です!
クリックすると元のサイズで表示します

ふきのとうは大丈夫としても、行者にんにくかたくりへの影響が心配されます。

先日、里山の様子を見ましたが、行者にんにくが芽吹いたところで約5センチくらい、まだ葉が出ていない状態。
かたくりは葉が出たばかりという状態。

ここに雪です・・・。

暖かければ2〜3日で解けるとは思いますが、雪焼け、もっと悪ければ凍って死んでしまいます。

後者の場合、新しいものが育つまで、しばらくかかります。
お届けが遅れそうです。

たらの芽(タラノメ)」が例年だと20日ころから始まり忙しくなるので、早いうちにお届けしたかったのですが、今年の天気は訳分かりません!

もう昼過ぎですが、まだ降ってます。
ということで、お届け少々遅れそうです。ごめんなさい。
タグ: 山菜  ふきのとう

2010/4/12

たらの芽の天敵『霜』  たらの芽

たらの芽(タラノメ)に深刻なダメージを与える悪いヤツがいます。

今日は「霜」の話。

暖かい地方の方には信じられないかもしれませんが、岩手では5月でも霜が降る日があります。

たらの芽の時期はだいたい桜の季節と重なります。
岩手では4月末頃から。
ようやく芽が出てきたところに霜が降ると、芽が凍り、死んでしまいます。

通常のたらの芽は、天然物でも冷蔵であれば1週間は持ちます。
採った後でも水に入れておけばビックリするくらい成長します。
まだ生きてる証拠です。

しかし、霜にあたったたらの芽はだんだんと黒く変色し、2〜3日で腐ってしまいます。

採る前にすでに死んでいるためです。
このようなたらの芽は異様なにおいがします。
鼻がひん曲がるほど臭いです。

問題は、すぐには分からないという事です。

出荷時点ではまだ黒くなっておらず、お客様や市場に出荷した後に「なんだこりゃあ!」と電話がきます。
たらの芽屋泣かせですね。

特に天然ものは、元々黒っぽかったり、赤っぽかったりするので相当気をつけて見ても、なかなか判断できません。
あとは「におい」で判断します。

木立の下のものであればあまり影響が無いですが、前回紹介したような、ボウズ山、明るい場所は恰好の餌食となります。

たらの芽だけでなく、シーズン前半の山菜に影響を与えます。

こごみ、黒くなります。
行者にんにく、葉が広がってからだと被害あり。

ふきのとう、ヒラキだと被害あり。
ツボミの場合、外側の皮が黒くなりますが、1〜2枚むけばだいたいは大丈夫。
さすが雪の中で一冬越すだけあって寒さには強いです。
ただ、凍ったものはダメです。

昼間20℃近くあるのに霜が降るなんて・・・。
温度差が激しい土地なのでしょう。
しかし、その気候のおかげでコクのある、美味しい山菜が育まれます。

2010/4/11

たらの芽採取時の危険A〜山ウルシの恐怖  たらの芽

前回、たらの芽(タラノメ)採取時の危険について触れましたが、今回も続きです。

たらの芽に似ている植物で「山ウルシ」というのがあります。

似ていると言っても詳しい者なら簡単に区別できますが、素人ですと分からずにカゴいっぱいに採っていたりするので教えてあげます。

プロは誰もあんなものは採らないため、山でも残っているからでしょう。

何が怖いかというと、後から死ぬほど痒くなります。
俗に言う「うるしにかぶれる」というヤツです。

皮膚は赤く腫れ上がります。
痒いので爪で掻くと、さらに痒い範囲が広がります。
最初は手首の辺りだけだったのが、上腕、肩、首のほうまで痒くなってきます。
恐ろしいでしょう?

そのうえ、しばらく治りません。
病院で薬をもらっても1週間や10日はかかります。

文字通り、のたうちまわります。

たらの芽状の、木の上に芽があるタイプの物は分かります。

問題は「つる」状の、「ツタウルシ」です。
山にはあらゆる種類の「つる」状の植物があり、まだ私には判断できません。
勉強しろよ!と突っ込まれそうですが・・・。

まず、たらの芽目指して山の中を闊歩している時、いちいち「ツタウルシ」の心配なんかしていられません。
「ツタウルシ」を探していると、たらの芽が見えなくなります(本当です)。
だから「運」だと考えています(ノー天気なだけかも)。

山に入るときは必ず長袖、長ズボン、手袋、できれば頭と首もタオルで隠して下さい。
話では、弱い人はウルシの木の近くを通っただけでかぶれると言います。

かく言う私も昨年の苦しみを忘れ、軽装で山に入っては毎年のようにやられます。
だって暑いんだもん。
特に顔、首が要注意です。

似たケースで、毛虫がいます。
2〜3年前、 マイマイガが大量発生し、それこそ山じゅうに何億匹(それ以上)いました。

1本の木から何十〜何百匹もぶらさがっている景色は見るだけで薄気味悪いのですが、さらに悪い事には、これに刺されても痒くなります。

「たらの芽」の頃にはまだ小さいので(1〜2mm)それほど気になりません。

後半「みず」「山ぶき」の時期、
小指大、いやもっとデカイ。
みずにもふきにも必ずついてるし、上からも次々降ってきました。
トラウマになりそうでしたが、仕事なので泣く泣く採取しました。

ヤツらが成長した後も凄まじかったです。
「蛾」に村を占拠されたようでした。

夜、街灯に集まる習性があります。
蛾だらけで5m先も見えません(本当です)。
夏の間、村の街灯は消されたまま。
まるでゴーストタウンのようでした。

夜、明かりをつけると窓には隙間もないくらいくっついていました。
道路は車につぶされた蛾が何億匹と・・・。

あれだけ大発生したのに昨年はたいして気になりませんでした。

山菜やきのこにもたいして影響が無かったのが幸いです。






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ