2010/4/8

ふきのとうの採取場所  ふきのとう

日曜日、ばっけ(ふきのとう)採りに行きました。
今回も子連れです。

ふきのとうの採取はこのような雪が解けたばかりの日当たりの良いところを狙います。
クリックすると元のサイズで表示します

あとは沢筋を登りながら採ります。
子供では滑るし危険なため、今回は比較的ラクな所を選びました。

「つぼみ」はこういう所でないと採れません。
特にこれから暖かくなると、雪の下にあっても地面の熱で「ヒラキ」になります。

雪解け直後で私たちが1番だったからか、極上ツボミがあちこちに!
クリックすると元のサイズで表示します


ここ数年、競争が激しく、今日ちょうど良いと思って次の日行くと、すでに採られた後・・・という事がたびたびあります。
自分の知ってるポイントが、自分だけとは限りません。
なるべく競争の少ない山奥へとプロは入っていきます。
だから今日は運が良い!

4月に入り暖かくなったので今は快適ですが、
3月だと最低気温マイナス10度近い日もザラにあります。
そんな日は、ふきのとう見えていても凍っていて採れません。
昼過ぎてから採り始めるためすぐ日が暮れてしまいます。
無理に凍ったふきのとうを採るとすぐに死んでしまいます(傷むのが早いです)。

この辺はそろそろ終了です。
今後、ふきのとう前線?は寒い方、標高の高い方へと移っていきます。

最終的には標高1000m近辺まで登って採ります。
雪の解け具合にもよりますが、5月上旬までは採れる予定です。

子供には「ヒラキ」を採ってもらいました。
クリックすると元のサイズで表示します

せっかくの日曜なのに遊んであげられず申し訳ないと思うのですが、案外熱中しているようなのでちょっと安心・・・。

6月、山菜がだいたい終わるまで風邪引かないでくれよ・・・。

「次はたらっぽ(たらの芽)採りたい!」と言ってくれました。
たらの芽は子供にはたぶん無理ですが、ありがた〜い一言。
泣きそうになります(年ですね)。

ママの分まで頑張るからね!(そろそろ第3子が生まれます)






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ