2010/4/20

たらの木またも切られてました!  たらの芽

今朝はたらの芽の様子を見に山へ行きました。

例年のことですが、今年もたらの木が切られてました。

クリックすると元のサイズで表示します


たらの芽は特に競争が激しく、しかも先に採られるともう採れません。
(2番芽、3番芽なら出てきますが、それまで採ると木が死んでしまいます)

ですから言うなれば「ズル」して、まだ採るには小さいうちに切って持ち帰る人がいます。
これを家で水に挿しておけば成長するからです。
ただし、水っぽくて全くおいしくありません。

この手法が横行し、冬の間に山じゅうのたらの木を切る輩が一時期増えました。
本物が出回る前に採れるため、昔は市場で高く売れたからです。

最近では美味しくないのがばれたため、あとひと目でそうと分かるため、栽培品が増えたため、たいして売れなくなりました。

それでも毎年相変わらず切られています。
私たちが採るような山奥や藪の中は残ってますが・・・。

問題は、切られると死んでしまう木があるという事です。

さらにひどい業者になると根ごと掘ってしまいます
それこそ絶えてしまいます。

地元の者はそんなひどいことはしません。
自らの首を絞める結果になるからです。
他の町からも時期になると大勢押し寄せます。
八戸や盛岡、秋田のほうには木や根を買う業者があると聞きます。

一番芽を摘むくらいならいいですが、木を切ったり根を掘ったり、2番芽3番芽を採るのはやめて欲しいものです。

貴重で希少な”山の幸”年々激減しています。
天然の行者にんにく のように「幻の山菜」になってしまいますよ。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ