2010/4/29

こごみ、あいこ採れるかな?  山行記

今朝、こごみ(クサソテツ)あいこ(ミヤマイラクサ)の状況を見に、山へ行ってきました。

ゴールデンウィークなのにどこにも連れてってあげられないので、息子(5歳)も同行しました。

この山は、ふきのとう、こごみ、あいこ、ぼんなみず山ふき、山わさび、ミツバと何でもある山でシーズンに何度も通います。

クリックすると元のサイズで表示します

↑このような沢沿いの谷筋の斜面には、いろいろな山菜が付きます。

採取しながらどんどん登っていきます。
カゴがいっぱいになったら風呂敷に包み日陰に下ろし、さらに登っていき、いっぱいになったらまた下ろし、を繰り返します。
最後に1個づつ拾い集めながら降ります。

大量に採れた時など1回で運べず、何度も往復する事になります。

また、置いた場所を見つけられなくなる場合もあります。

急斜面をよじ登り、上のほう、日当たりの良いところにこごみ発見!

クリックすると元のサイズで表示します

ちょうど良いものはまだ少なく、ほとんどがもう2〜3日、という具合でした。

それでも太くて伸びたものだけ採取します。

クリックすると元のサイズで表示します

息子も手伝います。
斜面から転がり落ちるなよ!

「こっちにもあるっ!あっこっちもっ!」
「それはまだ小さいからね〜採っちゃだめよ〜」

「ぱぱあっ!これはっ?!」
「それは採っていいよ〜でも周りのヤツだけね。真ん中の短いのは残しとくんだよ。」

だんだん彼も面白くなってきたようです。

そのうち、
「これは小さいからね。残そうね。」
と見分けられるようになってきました。
さすが山菜屋の長男坊!

滑って転びながらも夢中になって探しています。

まだ土や枯葉に潜っているものが大半で、あと2−3日すればこの斜面はこごみだらけになります。
次はあいこを探します。

あいこは沢沿いの斜面の比較的下の方にありますが、まだ1本も見えません。

息子は沢を歩くのが楽しそうです。
長靴の便利さを味わったようです。

「転んでびしょ濡れになったらママに怒られるよ」

葉わさび(山わさび)発見。
クリックすると元のサイズで表示します


根わさびとは異なり、茎と葉を食べます。
当店のレパートリーにはありませんがこちらではポピュラーな山菜。
現在は栽培品が主流になりました。

栽培品みたいに太くありませんが、辛くて香りが良い、この時期にかかせない山菜です。

クリックすると元のサイズで表示します

「葉っぱだけ採らないで・・・」
鼻が垂れてます(笑)。

しばらく登りましたがあいこ発見できず。
まだ早いのでしょう。

かたくりを2本発見。
増えて欲しいので採らずに残しました。

もっと登りたがってましたが、帰って注文のチェック、出荷作業をしなければなりません。
「また日曜日に来よう」と騙して、来た沢を下ります。

クリックすると元のサイズで表示します

後ろ姿がたくましくなってきました。
下りは早い早い。
この急斜面を登れるようになったか。
足腰丈夫になったね。

家に帰ってもママは赤ちゃんの世話でいっぱいいっぱいです。
ここは私が彼らのストレスを晴らしてやらねば。
GWもSWも山ばっかりでごめんね。
夜はこごみを食べよう。
わさびは辛くてまだ無理かな?

明日はたらの芽見に行きます。
タグ: 山菜 こごみ あいこ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ