2010/4/21

行者にんにく(アイヌネギ)のジンギスカン焼  行者にんにく

天然行者にんにく(アイヌネギ)
をジンギスカン(ラム肉)と焼いて食べました!
クリックすると元のサイズで表示します


こちらで「焼肉」と言えば、牛カルビやロースではなく、ラム肉(ジンギスカン)を指します。
子供の頃から慣れているので週一ペースで食べても飽きません(笑)。
春は行者にんにく、秋は本しめじ畑しめじ が入るのが定番です。

ジンギスカンの脂が行者にんにくの旨みを引き出します!

両方とも個性が強い素材ですが、全く邪魔しあいません!

(妻が入院中のため)子供の世話で疲れた体と脳味噌が「元気」になります!

行者にんにくの醤油漬け は辛くて子供は食べませんが、これならガンガン食べます。

作り方は簡単。
生のまま焼くだけ。

シンプルイズベスト。
天然山菜に余計な味付けは不要です。

酒好き(私を含む)は醤油漬けがおススメです。

子供も元気になりすぎて困ってしまいます(笑)。






トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ